浜ちゃんがの最新情報

浜ちゃんが に関するニュース検索結果   139件

とろサーモン・久保田、"世にも恐ろしい行動"に震える

とろサーモン・久保田、"世にも恐ろしい行動"に震える

お笑い芸人・とろサーモンの久保田かずのぶさんが21日に自身のInstagramを更新し、芸能人として「世にも恐ろしい行動」をしている写真を公開。大きな反響を呼んでいます。 あらためて見たら恐ろしい事してる。 是非。 #メバキ 深0.. 続きを読む

藤井サチ、ルイヴィトン元社長の娘だった!超お嬢様エピソード告白

藤井サチ、ルイヴィトン元社長の娘だった!超お嬢様エピソード告白

モデルの藤井サチが、2月21日放送の『浜ちゃんが!』(読売テレビ/日本テレビ系、毎週水曜26:09~)にゲスト出演。超お嬢様エピソードを明かす。ゲストが買い物する姿を通し、意外な素顔に迫る「“買う”編」を送る今回。しかし番組冒頭、.. 続きを読む

紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

1月21日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にタレントの紅蘭が出演。その際、紅蘭に縁のあるゲストとして、子どもの頃から同じ学校だったという渡辺徹の長男・渡辺裕太と野村将希の次男・野村祐希が登場した。渡辺は少女時代の紅蘭に.. 続きを読む

Dream Ami「こんな日がくるなんて」と大感激 浜田雅功と地元で2ショット

Dream Ami「こんな日がくるなんて」と大感激 浜田雅功と地元で2ショット

歌手のDream Amiが自身のInstagramで浜田雅功(ダウンタウン)とのツーショットを公開した。彼女の出身地・大阪府箕面市を巡る番組のロケでのオフショットである。親子ほど年が違う2人だが共に大阪生まれで、なんと誕生日(5月11日)が一.. 続きを読む

YOSHIKI&GACKT&浜ちゃんのモノマネ芸人が集結 “そっくり格付け”が話題に「パッと見本物」

YOSHIKI&GACKT&浜ちゃんのモノマネ芸人が集結 “そっくり格付け”が話題に「パッと見本物」

木村拓哉のものまねで知られるタレント・元木敦士が5日、自身のInstagramを更新。今回はなんと、X JAPAN・YOSHIKIのモノマネで、歌手のGACKTや、ダウンタウンの“浜ちゃん”こと浜田雅功のモノマネ芸人らとの3ショットを公開し注目を集めて.. 続きを読む

浜田雅功、『ジャンクSPORTS』での出会いは「自分にとって財産」

浜田雅功、『ジャンクSPORTS』での出会いは「自分にとって財産」

●他の番組見て「もうちょっとツッコんだれよ!」「ウソをつくな!」「全然やる気ないやん!」――アスリートたちの前に、あの心地よいツッコミが帰ってきた。8年ぶりにレギュラー復活した、フジテレビ系スポーツバラエティ番組『ジャンクSPORT.. 続きを読む

浜田雅功、SB内川の年俸交渉術に興味津々「みんな使ったほうがええ」

浜田雅功、SB内川の年俸交渉術に興味津々「みんな使ったほうがええ」

1月28日放送の『ジャンクSPORTS 復活3時間SP』(フジテレビ系)に、福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手(35)が出演。球団との年俸交渉術を披露して、MCを務めるダウンタウンの浜田雅功(54)をうならせる場面が見られた。今回の放.. 続きを読む

第33回 2017-2018バラエティおさらいと展望

第33回 2017-2018バラエティおさらいと展望

ちょっと遅くなったけど、今年最初の『TVコンシェルジュ』はバラエティを語ろうと思う。――とはいえ、一口にバラエティと言っても、現在、ゴールデンタイムで放送される番組の実に8割近くがバラエティ。当然、全部を網羅できるわけはなく.. 続きを読む

majiko、ミニアルバム収録曲がTV番組『浜ちゃんが!』のEDテーマに決定

majiko、ミニアルバム収録曲がTV番組『浜ちゃんが!』のEDテーマに決定

majikoの楽曲「UNDERCOVER」が、読売テレビ・日本テレビ系全国28局ネットで放送のテレビ番組『浜ちゃんが!』の2月・3月のエンディングテーマに決定! 同曲は、3月7日にリリースするミニアルバム『AUBE』に収録されており、作詞作曲はヒ.. 続きを読む

浜田のツッコミは「痛くない」、視聴者も納得?

浜田のツッコミは「痛くない」、視聴者も納得?

1月25日の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの浜田雅功(54)のインタビューを放送。インタビュアーを務めた三宅正治アナウンサー(55)が、浜田のツッコミの秘密を暴露し、ネットで反響を集めたようだ。この.. 続きを読む

『ガキの使い』から新星誕生! 誰も傷つけない「想像の悪口」宮武ぜんた

『ガキの使い』から新星誕生! 誰も傷つけない「想像の悪口」宮武ぜんた

毎年、お笑いバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の新年会を兼ねて行われる新人お笑い発掘企画『山-1グランプリ』。第12回は2018年1月28日に放送され、7組のメンバーがダウンタウンや、月亭方正.. 続きを読む

フジ、『ジャンクSPORTS』復活で初回10.6%も「新企画ないわけ?」「浜田の汚点」と不安視

フジ、『ジャンクSPORTS』復活で初回10.6%も「新企画ないわけ?」「浜田の汚点」と不安視

約8年ぶりにレギュラー番組として復活した、フジテレビのスポーツバラエティ番組『ジャンクSPORTS』。1月28日に放送された初回は平均視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を獲得し、好調な滑り出しとなった。MCは前身.. 続きを読む

工藤静香のパック写真に「怖い」/丸岡いずみ代理母出産までの苦悩<今週の見逃しニュース>

工藤静香のパック写真に「怖い」/丸岡いずみ代理母出産までの苦悩<今週の見逃しニュース>

過去最強クラスの寒波の影響で、25日朝には東京都心でも48年ぶりにマイナス4℃を記録しました。48年ぶりなんて聞くと異常気象かと思ってしまいますが、地球46億年の歴史からすればちょくちょくあることなのかもしれませんね。では今週も振.. 続きを読む

男性に聞いた「100年の恋も冷める瞬間」とは?

男性に聞いた「100年の恋も冷める瞬間」とは?

男性は一人の女性が気になりだすと、その子に空想を抱いてしまうらしいのです。例えば女性はトイレに行かない、女性は鼻をほじらないなど、二次元のような女性像です。女性だって一人の人間! だけれど一つの行動が命取りになることも…….. 続きを読む

【暴挙】ダウンタウン松本さん、浜田さんを愛ゆえに刺す

【暴挙】ダウンタウン松本さん、浜田さんを愛ゆえに刺す

お笑い界のトップに君臨する三大スター、お笑いビッグ3──。その3人とは「ビートたけし」「明石家さんま」「タモリ」のことを指す。もちろん3人ともレジェンドには違いないが、特に30代~40代の方は「ダウンタウンこそがお笑い界のトップ.. 続きを読む

元生徒「林先生は視聴者が思っている100倍!」 予備校時代の顔とは?

元生徒「林先生は視聴者が思っている100倍!」 予備校時代の顔とは?

「いまでしょ!」の東進ハイスクールのCMで一躍有名になった、林修先生。5本のレギュラー番組を持つ(2018年1月26日時点)大人気タレントでありながら、東進ハイスクール・東進衛星予備校の現代文講師でもあります。TVでの活躍ばかりが目.. 続きを読む

ノッチ「ノーメイクかどうか確認された」パックン「アメリカでは黒人差別が日常茶飯事」 ガキ使の"黒塗り"問題、対立の背景にあるものとは?

ノッチ「ノーメイクかどうか確認された」パックン「アメリカでは黒人差別が日常茶飯事」 ガキ使の"黒塗り"問題、対立の背景にあるものとは?

年末恒例の人気番組『笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系列)での"黒塗り"をめぐる問題。放送から1か月が経とうとしているたが、騒動はいまだ収束の気配を見せていない。24日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、様々な立場の人の意.. 続きを読む

小室哲哉のどこが“天才”だったのか?

小室哲哉のどこが“天才”だったのか?

1月19日の会見で突然発表された小室哲哉(59)の引退。週刊文春が報じた不倫騒動から急転直下、予想外の結末を迎えました。くも膜下出血で倒れた妻KEIKO(45)の介護に加え、自身も肝炎や突発性難聴を患うなどしていたようで、「ちょっと疲れ.. 続きを読む

【悲報】ダウンタウン松本さん、浜田さんへの愛が強すぎて小学生みたいなことをしてしまう

【悲報】ダウンタウン松本さん、浜田さんへの愛が強すぎて小学生みたいなことをしてしまう

お笑いコンビってのは不思議な関係だと思う。もちろん自分は芸人じゃないのでよく分からないが、何年も何十年もずーっと同じ相方とコンビを組み続けるというのは、一体どういう気分なのだろう。別に愛し合って結婚した夫婦でもない、言っ.. 続きを読む

『ワイドナショー』、浜田雅功の黒塗りメイクを議論 もふくちゃんの意見に批判の声も

『ワイドナショー』、浜田雅功の黒塗りメイクを議論 もふくちゃんの意見に批判の声も

(©ニュースサイトしらべぇ)14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が昨年大晦日に放送され、一部から批判を受けている『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)の黒塗りメイクについてコメ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。