流行語大賞の最新情報

流行語大賞 に関するニュース検索結果   955件

ティーンの常識!人気の次世代YouTuberは専門性と情報量がカギ?スマホネイティブに広がる動画文化

ティーンの常識!人気の次世代YouTuberは専門性と情報量がカギ?スマホネイティブに広がる動画文化

あなたは10代の気持ちをわかっているだろうか。想像もつかないスピードでめまぐるしく変わっていく10代のトレンド。現役の女子高生達は今、何にハマっているのか。渋谷に遊びに来ていた女子高生100人にハマっているものの聞き込み調査を.. 続きを読む

「彼女感」でキュン!男性が女性として意識してしまう表情テク

「彼女感」でキュン!男性が女性として意識してしまう表情テク

意中の男性と近づきたいけど、どうやって近づけばいいかわからないと、お悩みではありませんか? そのお悩みは、「彼女感」を演出するテクニックを身につけることで解決することができます。彼との関係に合わせ、シーン別の表情テクや仕.. 続きを読む

ついつい「自分磨き」に奔ってしまう婚活の迷い子へ

ついつい「自分磨き」に奔ってしまう婚活の迷い子へ

「自分磨きの婚活スクール」がブームとか。本来、婚活とは、結婚活動を指しますが、なぜ結婚活動から自分磨き活動へ進んでいったかを考えてみました。■出会いより「自分磨き」に進んでしまう婚活方法の変遷いまや就活のあとの「婚活」は.. 続きを読む

ココリコ“田中”直樹が“田中”圭一に!?ベストセラーコミック「うつヌケ」の連続ドラマ化が決定!

ココリコ“田中”直樹が“田中”圭一に!?ベストセラーコミック「うつヌケ」の連続ドラマ化が決定!

自身の実体験をベースに、うつ病からの脱出に成功した人々を描いた田中圭一のベストセラーコミック「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」が、連続ドラマ「うつヌケ」として実写映像化され、今秋より配信されることとなった。日本人の1.. 続きを読む

ダウンタウンが2位!「今ネタが見たい芸人」第1位は?

ダウンタウンが2位!「今ネタが見たい芸人」第1位は?

お笑い芸人の世界では、さまざまなコンテストが開催され、毎年のように新たなスターが誕生している。そこで今回は、「今最も“ネタが見たい”お笑い芸人」を、10代から50代までの男女100人に聞いてみた。まず、第3位(5%)にランクインし.. 続きを読む

BLACKPINK アリーナツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」チケット争奪戦で一般発売前に追加公演を発表!

BLACKPINK アリーナツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」チケット争奪戦で一般発売前に追加公演を発表!

BLACKPIN 3箇所7公演の大規模ツアー開催BIGBANG・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENT所属し、アジアに舞い降りた”次世代ガールクラッシュ”グループ「BLACKPINK (読み : ブラッ.. 続きを読む

養老孟司「世間の常識と、俺の考えていることが違う」ズレたまま生きる人間力

養老孟司「世間の常識と、俺の考えていることが違う」ズレたまま生きる人間力

今年でもう81歳になりますが、この歳になると気がつくんですよ。自分の一生を左右していたのが、若い時代の経験だってことに。若い頃はなかなか気がつかないです。僕にとってのそれは、学生紛争やオウム真理教の事件だとか色々とありまし.. 続きを読む

「出身地はアース」「プロフェッショナルとはケイスケ・ホンダ」 本田圭佑出演のNHK番組が名言だらけで話題に

「出身地はアース」「プロフェッショナルとはケイスケ・ホンダ」 本田圭佑出演のNHK番組が名言だらけで話題に

サッカーのW杯ロシア大会の開幕までちょうど1か月となった5月14日、NHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』に、サッカー日本代表の本田圭佑選手が登場。本田選手が語った名言(迷言?)にネット民が大注目している.. 続きを読む

あなたも当てはまるかも? タイプ別「干物女」の特徴

あなたも当てはまるかも? タイプ別「干物女」の特徴

さまざまなことに対していい加減だったり面倒くさがったりする「干物女」。この言葉が2007年「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補語になってから10年以上が経過し、もはや定番の言葉になったのではないでしょうか。今回は、女性アンケー.. 続きを読む

「半分、青い。」37話。鈴愛は傍若無人だが、サブタイトルであらかじめ謝っている

「半分、青い。」37話。鈴愛は傍若無人だが、サブタイトルであらかじめ謝っている

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第7週「謝りたい!」第37回5月14日(月)放送より。 脚本:北川悦吏子 演出:土井祥平37話はこんな話カリスマ漫画家・秋風羽織(豊.. 続きを読む

セクハラは無くせる?紗倉まな「何を言っても許されると思っている人も」

セクハラは無くせる?紗倉まな「何を言っても許されると思っている人も」

世間を賑わせ続けるセクハラ問題。財務次官によるセクハラ報道やMeToo運動など、日本だけでなく世界中で大きな動きを見せているが、決して他人事ではなく私たちの身近に潜む社会問題だ。そもそも日本で「セクハラ」という言葉が一般的に.. 続きを読む

「壁ドン」ブームを巻き起こした『L・DK』の第2弾実写映画化が決定! ドキドキシーンや三角関係を新キャストで

「壁ドン」ブームを巻き起こした『L・DK』の第2弾実写映画化が決定! ドキドキシーンや三角関係を新キャストで

東映は2019年公開の新作映画『L・DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の製作を決定した。(※L・DKの「・」は正式にはハートマークとなる)『L・DK』は、漫画家の渡辺あゆにより2009年から8年以上にわたって「別冊フレンド」(講談社).. 続きを読む

山崎賢人の“壁ドン”生んだ『L・DK』、キャスト一新で第2弾映画化

山崎賢人の“壁ドン”生んだ『L・DK』、キャスト一新で第2弾映画化

剛力彩芽と山崎賢人の共演で2014年に実写映画化された、漫画家・渡辺あゆ原作の『L・DK』が、新たなキャスト陣で再び映画化されることが決定した。【写真】2014年の映画『L・DK』場面写真ギャラリー『L・DK』は、2009年から8年以上にわた.. 続きを読む

「オフィス北野」の方がよっぽどマシ!? ひょっこりはん大ブレイクも“CMギャラ5万円”ヨシモトの非情

「オフィス北野」の方がよっぽどマシ!? ひょっこりはん大ブレイクも“CMギャラ5万円”ヨシモトの非情

元旦恒例の日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP』への出演がきっかけで、現在、ブレイク中のお笑い芸人・ひょっこりはん。「彼のネタは、さまざまなシチュエーションから、とぼけた顔を“ひょ.. 続きを読む

若者がLINEで使う言葉に「は?」 大人の提案が秀逸!

若者がLINEで使う言葉に「は?」 大人の提案が秀逸!

若者たちの間で流行する言葉は、耳にするたびに私たち大人は「え?」と首を傾げてしまいます。2016年の『ギャル流行語大賞』にも選ばれた「やばたにえん」もその1つ。『ヤバい』と『永谷園』を組み合わせたものという説がありますが、「.. 続きを読む

恋愛で人は変わる「価値観が一緒な人がいい」はウソな理由

恋愛で人は変わる「価値観が一緒な人がいい」はウソな理由

こんにちは、沙木貴咲です。どんな人が好き? と聞いた時に「価値観が同じ人」と答える人は多いでしょう。たぶん「やさしい人」に続いて多いんじゃないでしょうか?けれど、自分と同じ価値観を持つ人を恋人にすると、あとで不思議な感覚.. 続きを読む

役所はあえて教えない!? 働くママが申請すればもらえるお金って?

役所はあえて教えない!? 働くママが申請すればもらえるお金って?

■人生で必要なお金、それって仕方ないこと?「イクメン」が新語・流行語大賞のトップテンに入ったのも今は昔。とはいえ出産・育児はいまだに女性が主体になって行われているのが現実です。 出産や育児に従事している期間中、女性は自由に.. 続きを読む

ひょっこりはん「ブレイク前の消滅」が懸念される事態に

ひょっこりはん「ブレイク前の消滅」が懸念される事態に

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)4月30日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に『乃木坂46』の白石麻衣や秋元真夏らがゲストで出演した。その際に白石とお笑い芸人のひょっこりはんとのコラボレーションが話題となった。ひょっこりはんはそ.. 続きを読む

『シグナル』、佐久間由衣の“アムラー姿”が大好評!「デートしたい」

『シグナル』、佐久間由衣の“アムラー姿”が大好評!「デートしたい」

※画像はフジテレビ系ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』公式ツイッター『@signal_ktv』より4月24日、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)の第3話が放送された。作中で、“アムラーファッション”に身を包む.. 続きを読む

木下優樹菜 “今どきJK”の実態にショック「チョリーッスって知らない」

木下優樹菜 “今どきJK”の実態にショック「チョリーッスって知らない」

木下優樹菜が4月25日放送のバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)にゲスト出演した。若者文化評論家・原田曜平氏と現役女子高生タレントたちがひな壇に並び「今どきJK」文化についてトークするなか、つい最近流行ったばか.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。