沢田研二の最新情報

沢田研二 に関するニュース検索結果   144件

【阿久悠リスペクトコンサート】ボイメン/MAX/石川さゆり/八代亜紀ら全20組のコンサート写真公開

【阿久悠リスペクトコンサート】ボイメン/MAX/石川さゆり/八代亜紀ら全20組のコンサート写真公開

作詞家・阿久悠の魂を歌い継いだ【阿久悠リスペクトコンサート】が、2017年11月17日、18日の2日間にわたって東京国際フォーラム・ホールAで開催されたが、豪華出演アーティスト全20組のオフィシャルコンサート写真が公開された。このコン.. 続きを読む

及川光博「サイコ教師役」と「宝塚と熱唱」の落差が凄すぎ!

及川光博「サイコ教師役」と「宝塚と熱唱」の落差が凄すぎ!

12月5日放送の「明日の約束」(フジテレビ系)第8話で、裏の顔を持つことが確定したクラス担任・霧島を演じている及川光博。「及川が演じるのだから霧島が普通の教師であるわけがない」とスタート時から言われ続けていたが、どうやらその.. 続きを読む

「2017FNS歌謡祭」第2弾出演者発表&見どころまとめ

「2017FNS歌謡祭」第2弾出演者発表&見どころまとめ

【2017FNS歌謡祭/モデルプレス=11月29日】12月6日・13日にフジテレビで放送される「2017FNS歌謡祭」(両日ともに午後7時~午後11時28分)の出演アーティスト第2弾が発表された。今をときめくトップアイドルから実力アーティスト、若手.. 続きを読む

『FNS歌謡祭』第2弾出演アーティスト発表 - Dフジオカ・福山雅治・ひふみんも

『FNS歌謡祭』第2弾出演アーティスト発表 - Dフジオカ・福山雅治・ひふみんも

フジテレビ系音楽特番『2017FNS歌謡祭』(第1夜 12月6日19:00~23:28、第2夜 13日同)の出演アーティスト第2弾が29日、明らかになった。新たに52組が加わり、計101組の出演者が決まった。東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪「飛天」.. 続きを読む

ROOT66 NHK BSプレミア『The Covers』に登場。愛しのカバー曲を披露するスペシャル企画

ROOT66 NHK BSプレミア『The Covers』に登場。愛しのカバー曲を披露するスペシャル企画

12月22日放送予定のNHK BSプレミア『The Covers』にROOT66から総勢16名が出演することが決定した。番組では、"The Covers×ROOTS66 スペシャル"として、番組にも縁が深く、沢山の昭和の名曲を聴いて育った"ベストテン世代"とも言える彼ら.. 続きを読む

NHK
ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー』に忌野清志郎が込めた亡き母への想い

ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー』に忌野清志郎が込めた亡き母への想い

1988年ライブ・イベントに飛び入りでデビューした伝説のバンド『ザ・タイマーズ』。忌野清志郎に似た「ZERRY」が率いる同バンドは、ジェリーこと沢田研二を中心とした『ザ・タイガース』のパロディバンドとして登場した。全員が土木作業.. 続きを読む

デビュー35年の大澤誉志幸、約11年振りのライブ映像作品の発売決定!更に還暦を迎えたメモリアルライブ開催!

デビュー35年の大澤誉志幸、約11年振りのライブ映像作品の発売決定!更に還暦を迎えたメモリアルライブ開催!

デビュー35周年の大澤誉志幸がライブ映像作品の発売決定!大澤誉志幸が今年の2月に発売した、35年間のアーティスト・シンガーとソング・ライターの両面に焦点を当てたデビュー35周年記念2枚組CD「大澤誉志幸Song Book」のリリースを受け.. 続きを読む

            豪華アーティストによる阿久悠トリビュート盤リリース決定

豪華アーティストによる阿久悠トリビュート盤リリース決定

2017年に没後10年、作詞家50年、生誕80年のトリプルメモリアルイヤーを迎えた作詞家・阿久悠。生涯5,000曲以上の作詞を手がけ、シングル総売上枚数6,800万枚、日本レコード大賞を5度受賞という超人的な活躍を遂げた昭和のレジェンドの1人.. 続きを読む

柏木由紀&渡辺麻友/田村芽実(元アンジュルム)ら13組参加『阿久悠リスペクト・アルバム』メイキング映像も

柏木由紀&渡辺麻友/田村芽実(元アンジュルム)ら13組参加『阿久悠リスペクト・アルバム』メイキング映像も

作詞家・阿久悠をリスペクトする豪華アーティストが参加したトリビュートアルバム『地球の男にあきたところよ~阿久悠リスペクト・アルバム』が、2017年11月15日にリリースされる。2017年に没後10年(8月1日)、作詞家50年(11月5日)、.. 続きを読む

阿久悠の名曲たちをカバーする豪華面々を発表

阿久悠の名曲たちをカバーする豪華面々を発表

作詞家・阿久悠のトリビュートアルバム『地球の男にあきたところよ~阿久悠リスペクトアルバム』が11月15日(水)にリリースされることが発表された。阿久悠は、今年2017年に没後10年(8月1日)、作詞家50年(11月5日)、生誕80年(2月7.. 続きを読む

おそ松さん 第2期 第4話「げんし松さん2」 「松造と松代」【感想コラム】

おそ松さん 第2期 第4話「げんし松さん2」 「松造と松代」【感想コラム】

登場人物は明らかにクズなのにちょっといいお話風な話を混ぜてくるなんて……これだから「 おそ松さん 」は侮れないんだ……!!ところで「げんし松さん」のあらすじはどうしたらいいんですか。これは各サイトで感想を担当しているライターへ.. 続きを読む

BOYS AND MEN 新ALでピンク・レディー「UFO」カバー! その他収録曲も発表

BOYS AND MEN 新ALでピンク・レディー「UFO」カバー! その他収録曲も発表

BOYS AND MEN が、2017年12月20日にリリースするニューアルバム『友ありて・・』にて、ピンク・レディーの国民的名曲「UFO」をカバーすることを発表した。2016年年末には第58回日本レコード大賞 新人賞を受賞。2017年、初の武道館公演と.. 続きを読む

BOYS AND MEN ピンク・レディーの国民的名曲『UFO』カバー

BOYS AND MEN ピンク・レディーの国民的名曲『UFO』カバー

今最も注目を集めているエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」が、12月20日にニューアルバム『友ありて・・』をリリースするBOYS AND MENが、ピンク・レディーの国民的名曲『UFO』をカバーすることを発表した。『UFO』は1977年12月リリ.. 続きを読む

山下達郎「ライブ中の客の合唱は迷惑」発言の波紋

山下達郎「ライブ中の客の合唱は迷惑」発言の波紋

(C)Shutterstock先ごろ、山下達郎が「ライブ中の客の合唱は迷惑」という発言をし、物議を醸した。9月放送のラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TOKYO FM)で、山下は男性リスナーからの質問を取り上げた。その内容は、山.. 続きを読む

オールナイトニッポン50年の全秘史(3)谷山浩子「冷静に『ナマモノが揺れて』と実況しました」

オールナイトニッポン50年の全秘史(3)谷山浩子「冷静に『ナマモノが揺れて』と実況しました」

童話的な世界観で聴く者を幻想空間へと誘うシンガーソングライター・谷山浩子(61)。デビュー以降45年間の歌手生活の中で、異彩を放つ4年間があった。82年4月8日から86年4月3日まで担当した木曜2部は、それまでのキャラクターを覆すある.. 続きを読む

三浦大知らボーカリストが集結!70年代の名曲を歌い上げる

三浦大知らボーカリストが集結!70年代の名曲を歌い上げる

10月21日(土)夜7時から「ヒストリーオブポップス~歌とドラマでよみがえる70年代日本歌謡史」(BS-TBS)が放送されることが明らかとなった。ことし8月22日~23日にかけて東京・中野サンプラザホールで開催された「History Of Pops 70'.. 続きを読む

沢田研二のラジオ番組にリスナーから「マニアックすぎる」と称賛の声!

沢田研二のラジオ番組にリスナーから「マニアックすぎる」と称賛の声!

沢田研二のラジオ番組にリスナーから称賛の声!沢田研二のラジオ番組にリスナーから「マニアックすぎる」と称賛の声!ラジオが斜陽メディアと呼ばれて久しい昨今、一人のアーティストだけを徹底的に掘り下げていく挑戦的な番組がにわかに.. 続きを読む

中森明菜『少女A』、大ヒット曲誕生の秘密

中森明菜『少女A』、大ヒット曲誕生の秘密

音楽のジャンルとして「昭和歌謡」という言葉が定着したのは、いつ頃だろうか。1970年頃にはピンクレディーを代表とするようなインパクトのある作品が支持されていたが、80年に中森明菜やチェッカーズが出現すると、歌謡曲は大きく変わっ.. 続きを読む

BOYS AND MEN  2017.10.10  新曲『友ありて・・』配信スタート!  iTunes総合アルバムチャート1位獲得!

BOYS AND MEN 2017.10.10 新曲『友ありて・・』配信スタート! iTunes総合アルバムチャート1位獲得!

BOYS AND MEN「友ありて・・」の歌詞を歌わせてください!とラヴコール10月10日、BOYS AND MENの新曲「友ありて・・」が配信リリースされた。「友ありて・・」の作詞は、作詞家50年・没後10年というメモリアルイヤーを迎える阿久悠氏。阿.. 続きを読む

傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(2)「西武警察」石原裕次郎と渡哲也の名演技

傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(2)「西武警察」石原裕次郎と渡哲也の名演技

かつてブラウン管の中には、男たちが共感し、背中を追うべき「本物の漢たち」がいた。死ぬこともまた“激烈な生”であることを俺たちは教わった。〈大さん、疲れたろ? だから眠っているんだろ、お前。‥‥頼む、一言でいい。何とか言ってく.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。