桜庭一樹の最新情報

桜庭一樹 に関するニュース検索結果   22件

【テレビの開拓者たち / 坂本浩一】注目のアクション監督は“アクションとドラマの共存”が信条

【テレビの開拓者たち / 坂本浩一】注目のアクション監督は“アクションとドラマの共存”が信条

ジャッキー・チェンに憧れてスタントマンの道へ。その後、映画監督を志してアメリカへ渡り、スーパー戦隊シリーズの米国版ローカライズ作品「パワーレンジャー」シリーズのスタッフとしてキャリアを積み、2009年公開の映画「大怪獣バトル.. 続きを読む

読書の秋におすすめのちょっとふしぎな恋愛小説4選

読書の秋におすすめのちょっとふしぎな恋愛小説4選

このあいだまで半袖で過ごしていたなんて信じられないくらい、すっかり冷え込んで秋らしくなってきました。紅葉も始まり、寒さが増し、布団から出るのが億劫になる時期でもありますよね。食欲の秋・スポーツの秋……いろいろありますが、や.. 続きを読む

観て読んで楽しめる「恋愛映画&小説」3選!

観て読んで楽しめる「恋愛映画&小説」3選!

映画や本の主人公の恋模様にドキドキしたり、共感したり…。小説から映画化された、観ても読んでも堪能できる恋愛作品を、ライターの瀧井朝世さんがセレクトしました。好きな小説が映画化されると聞くと、「え、イメージが壊れるかも」と.. 続きを読む

漫画家の武田日向さんが死去 「GOSICK -ゴシック-」のイラストなどで知られる

漫画家の武田日向さんが死去 「GOSICK -ゴシック-」のイラストなどで知られる

漫画家の武田日向さんが、病気のため2017年1月に死去していたことがわかった。9日発売の「ドラゴンエイジ」6月号と、武田さんがイラストを手掛けた「GOSICK -ゴシック-」の著者・桜庭一樹氏が公表した。桜庭氏は「GOSICK」のオフィシャル.. 続きを読む

朝井リョウはあそこのスパゲティー 作家の“最後の晩餐”まとめたコミックエッセイ

朝井リョウはあそこのスパゲティー 作家の“最後の晩餐”まとめたコミックエッセイ

死ぬ前に食べるものを選ぶとしたら、何にしますか? そんな質問を人気作家15人に投げかけてみたコミックエッセイ『おあとがよろしいようで』が人気だ。■ 最後の晩餐のメニューは何にする? 作家たちに訊いたコミックエッセイ。「最初に.. 続きを読む

手塚治虫文化賞、最終候補8作品が決定

手塚治虫文化賞、最終候補8作品が決定

日本が世界に誇る漫画家、手塚治虫。 そんな手塚治虫氏の業績を記念し、氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、1997年に創設されたのが「手塚治虫文化賞」だ。第21回となる同賞のマンガ大賞には、8作品が最終候補.. 続きを読む

「コンビニ人間」村田沙耶香は人肉食べたい?

「コンビニ人間」村田沙耶香は人肉食べたい?

食べることや飲むことが大好きな漫画家のオカヤイヅミが、想像力豊かな15人の作家に「最後の晩餐」について食事をしながらインタビューするコミックエッセイ「おあとがよろしいようで」(1,050円)が、2月27日に発売される。ほのぼのした.. 続きを読む

dTV宣伝担当に聞いた、ひとりでコッソリ観たいエッチな作品♡5選

dTV宣伝担当に聞いた、ひとりでコッソリ観たいエッチな作品♡5選

年末年始は、観たかった映画やドラマを一気見する絶好のチャンス。「どこにいても好きな時間に観られる」と、最近では“映像配信サービス”を活用している人も増えているようです。そこで今回、作品数・会員数NO.1(※1)の映像配信サービス「.. 続きを読む

名作「女殺油地獄」主人公の生きづらさを考える

名作「女殺油地獄」主人公の生きづらさを考える

池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》(河出書房新社)第22回(第2期第10回)配本、第10巻>『能・狂言 説経節 曾根崎心中 女殺油地獄 菅原伝授手習鑑 義経千本桜 仮名手本忠臣蔵』(タイトル長い!)。劇文学と「語り物」。今回はパ.. 続きを読む

文学を知らなければ、どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)アニメです!「チア男子!!」4話

文学を知らなければ、どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)アニメです!「チア男子!!」4話

直木賞作家、朝井リョウ原作のアニメ化作品『チア男子!!』。直木賞作家の作品のアニメ化というのは意外と多く、野坂昭如『火垂るの墓』を筆頭に、宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』、森絵都『カラフル』、桜庭一樹『GOSICK』、京極夏彦.. 続きを読む

小保方晴子の“白いワンピース”に感じた才能――「第二の瀬戸内寂聴になれる」発言の行方

小保方晴子の“白いワンピース”に感じた才能――「第二の瀬戸内寂聴になれる」発言の行方

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の芸能人>「『第二の瀬戸内寂聴になれる』というお手紙もございま.. 続きを読む

“すごくダークネス”なAV女優・紗倉まなに聞いてみた「この小説、ホントに自分で書いたんですか?」

“すごくダークネス”なAV女優・紗倉まなに聞いてみた「この小説、ホントに自分で書いたんですか?」

かわいくて、エロくて、おっぱいも柔らかそうで、天真爛漫で、要するにみんな大好きなAV女優・紗倉まなが小説を書いた。昨年1月に刊行されたエッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)や数々の連載コラムで.. 続きを読む

amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

amazarashi、文藝誌『別冊文藝春秋』にオリジナル詩を寄稿

amazarashiの秋田ひろむが、1946年創刊の文藝誌『別冊文藝春秋』に書き下ろしの詩を寄稿した。2月19日(金)に主要電子書店にて発売される2016年3月号(322号)の巻頭ページに「青森唱歌」「死の克服」「インダビルディング」「セットリ.. 続きを読む

紗倉まなインタビュー後編「AVの仕事って“最低”!? 本音と理想」

紗倉まなインタビュー後編「AVの仕事って“最低”!? 本音と理想」

セクシー女優としてトップの人気を誇り、コラムニストとしても活躍する紗倉まなが、処女小説「最低。」を書き上げた。2月12日に発売されるこの作品は、AV業界に関わる四人の人物を中心とした4章立ての作品。前回の「創作秘話」に続き、タ.. 続きを読む

紗倉まなインタビュー前編「AV女優の処女作誕生!?」

紗倉まなインタビュー前編「AV女優の処女作誕生!?」

セクシー女優としてトップの人気を誇り、コラムニストとしても活躍する紗倉まなが、処女小説「最低。」を書き上げた。2月12日に発売されるこの作品は、AV業界に関わる四人の人物を中心とした4章立ての作品。スカウトマンと男女の関係を持.. 続きを読む

<大人気ミステリ新章・第3弾>桜庭一樹著『GOSICK PINK』発売!悠木碧&江口拓也の豪華声優コンビによるスペシャルラジオドラマも公開中!

<大人気ミステリ新章・第3弾>桜庭一樹著『GOSICK PINK』発売!悠木碧&江口拓也の豪華声優コンビによるスペシャルラジオドラマも公開中!

株式会社KADOKAWAより、累計280万部突破の大人気ミステリシリーズ最新作『GOSICK PINK』がいよいよ本日発売となる。特設サイトでは、アニメ「GOSICK」主演声優陣による豪華ラジオドラマや、作中に登場する地図など、『GOSICK PINK』の世.. 続きを読む

タブーを突破する男たちの覚悟──映画『木屋町DARUMA』

タブーを突破する男たちの覚悟──映画『木屋町DARUMA』

裏社会でもがく男たちの生き様を、熱く深く描き出した問題作『木屋町DARUMA』。原作は四肢を失いながらも借金の取り立て稼業で生計を立てる男を描いた丸野裕行の同名小説(Kindle版電子書籍にて購読可)。メガホンをとったのは、映画監督.. 続きを読む

直木賞作家・東山彰良さん、『NARUTO』に深い関わり ノベライズやアニメ脚本をやっていた!

直木賞作家・東山彰良さん、『NARUTO』に深い関わり ノベライズやアニメ脚本をやっていた!

第153回直木賞を受賞した東山彰良さんはマンガのノベライズやアニメの脚本も手がけています。直木賞受賞作『流』とノベライズ作品の文体からわかるサブカルと文学の関係とは。ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉.. 続きを読む

本屋大賞『鹿の王』が、285円の投げ売りに! 作家への謝罪騒動に発展した角川の大失態

本屋大賞『鹿の王』が、285円の投げ売りに! 作家への謝罪騒動に発展した角川の大失態

2015年の本屋大賞を受賞した上橋菜穂子の『鹿の王』(角川書店)。他民族への侵略が繰り返され、謎のウイルスが発生した世界を舞台にした、医療サスペンスにして冒険譚という壮大なストーリーだ。本屋大賞受賞で勢いにさらに火がつき、累.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。