柄本佑の最新情報

柄本佑 に関するニュース検索結果   250件

安藤サクラが『素敵なダイナマイトスキャンダル』を鑑賞 その間、主演の夫は娘のお世話

安藤サクラが『素敵なダイナマイトスキャンダル』を鑑賞 その間、主演の夫は娘のお世話

先月17日に公開された映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』を女優・安藤サクラが鑑賞したことをInstagramで報告している。主演を務めたのは夫の柄本佑だが、当の柄本はその間、昨年生まれた愛娘の世話を買って出たという。「小学校1年.. 続きを読む

ダイナマイトで亡くなった母とダイナマイトのような日々『素敵なダイナマイトスキャンダル』で観る爆発的人生

ダイナマイトで亡くなった母とダイナマイトのような日々『素敵なダイナマイトスキャンダル』で観る爆発的人生

今週もおつかれさまです、うすいです。葉桜を眺めると「桜の季節が過ぎたら、遠くの町に行きますか?」なんて聞きたくなる今日この頃。春の陽気に浮かれてお酒を飲んだり、期末でせわしなく仕事したり。期初になっても状況は特に変わって.. 続きを読む

柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

母親が不倫相手とダイナマイト心中したという、壮絶な過去を持つ雑誌編集者・末井昭氏の人生を映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が現在公開中です。この末井さんの人生、心中事件のみならず、工場勤務からピンサロの看板作り.. 続きを読む

母親がダイナマイトで心中! とある男性編集者の強烈な人生を映画化

母親がダイナマイトで心中! とある男性編集者の強烈な人生を映画化

母親が隣家の若い男とダイナマイトで心中!というフィクションのような実話を綴った、雑誌編集者・末井昭の同名エッセイを映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が公開中。バスも通らない岡山の田舎町に生まれ育った末井少年。彼.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(4)長編映画を作る時俺も使ってほしい

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(4)長編映画を作る時俺も使ってほしい

テリー お休みの日は、何をしているんですか。柄本 だいたい映画館に行っていますね。テリー あれれ、お父さんと同じじゃない。柄本 アハハハハ、自然にそんなことになっちゃいました(笑)。去年6月に子供が生まれてから、なかなか.. 続きを読む

共演者の名前うろ覚え、原作者に失礼、ギャラ暴露……破天荒過ぎるド天然芸能人

共演者の名前うろ覚え、原作者に失礼、ギャラ暴露……破天荒過ぎるド天然芸能人

芸能界には、衝撃すぎる天然エピソードを持つ芸能人が多い。その中でも、特にヤバいタレントを紹介していこう。まずは元AKB48の前田敦子。前田は今月17日、自身が出演した新作映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の舞台あいさつにて.. 続きを読む

『素敵なダイナマイトスキャンダル』で映画初出演! 菊地成孔インタビュー「尾野真千子さんが歌う主題歌が演技をする条件だった」

『素敵なダイナマイトスキャンダル』で映画初出演! 菊地成孔インタビュー「尾野真千子さんが歌う主題歌が演技をする条件だった」

母親が不倫相手とダイナマイト心中したという、壮絶な過去を持つ雑誌編集者・末井昭氏の人生を映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が3月17日より公開中。この末井さんの人生、心中事件のみならず、工場勤務からピンサロの看板.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(3)末井さんは何度も現場に来てくれて

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(3)末井さんは何度も現場に来てくれて

テリー 最新主演作「素敵なダイナマイトスキャンダル」って、末井昭さんの自伝の映画化ですよね。すごいなァ。柄本 テリーさん、末井さんをご存じなんですか?テリー もちろん。荒木経惟さんが活躍していた雑誌「写真時代」なんかを作.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(2)ピアス&茶髪姿の入学は親の指示!?

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(2)ピアス&茶髪姿の入学は親の指示!?

テリー 俳優デビュー作は2003年公開ですよね。ということは16歳の時?柄本 実は、撮影は公開の2年前だったので、実質的には14歳の時です。テリー やっぱりそういう家庭に育ったから、早くから役者になろうと決めてたの?柄本 きっか.. 続きを読む

NHK
天才テリー伊藤対談「柄本佑」(1)「ママ」と呼ぶと怒られていました

天才テリー伊藤対談「柄本佑」(1)「ママ」と呼ぶと怒られていました

●ゲスト:柄本 佑(えもと・たすく) 1986年、東京都生まれ。2001年、映画「美しい夏キリシマ」(03年)のオーディションに合格し、主演デビュー。その後、「WATER BOYS 2005夏」(05年、フジ)、「ゲゲゲの女房」(10年、NHK)、「天皇.. 続きを読む

【芸能コラム】女優に合わせて色を変える変幻自在な俳優・柄本佑 『素敵なダイナマイトスキャンダル』

【芸能コラム】女優に合わせて色を変える変幻自在な俳優・柄本佑 『素敵なダイナマイトスキャンダル』

母親のダイナマイト心中という壮絶な少年時代を経てエロ雑誌の編集者となり、1980年代に一時代を築いた末井昭の自伝的エッセイを映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が全国公開中だ。故郷・岡山の田舎を飛び出し、紆余(うよ).. 続きを読む

前田敦子の仰天発言に柄本佑がツッコミ「知らなかったの!?」『素敵なダイナマイトスキャンダル』舞台挨拶

前田敦子の仰天発言に柄本佑がツッコミ「知らなかったの!?」『素敵なダイナマイトスキャンダル』舞台挨拶

柄本佑主演映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の初日舞台挨拶が、3月17日にテアトル新宿で開催。柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔、原作の末井昭、冨永昌敬監督が登壇した。前田は、原作者である末井の.. 続きを読む

1970~80年代のエロスを支えた「名物編集長」の半生が映画化

1970~80年代のエロスを支えた「名物編集長」の半生が映画化

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『素敵なダイナマイトスキャンダル』配給/東京テアトル テアトル新宿ほかにて3月17日から公開中監督/冨永昌敬出演/柄本佑、前田敦子、三浦透子、松重豊、尾野真千子ほか1970~1980年代、昭和後期のサ.. 続きを読む

【インタビュー】『素敵なダイナマイトスキャンダル』柄本佑「原作者の末井さんは『“起承転転転…”みたいな映画』と言っていました」尾野真千子「しゃべらない佑が面白い」

【インタビュー】『素敵なダイナマイトスキャンダル』柄本佑「原作者の末井さんは『“起承転転転…”みたいな映画』と言っていました」尾野真千子「しゃべらない佑が面白い」

雑誌編集者・末井昭の自伝的エッセイを映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』が3月17日から全国公開される。母親が隣家の若い男とダイナマイト心中するという衝撃的な少年時代を経て、エロ雑誌の編集者となった末井が、一世を風.. 続きを読む

エロ雑誌が青春を謳歌した時代の寓話。カリスマ編集長の自伝『素敵なダイナマイトスキャンダル』

エロ雑誌が青春を謳歌した時代の寓話。カリスマ編集長の自伝『素敵なダイナマイトスキャンダル』

池袋のピンサロの看板を描いているうちにエロ本出版社に出入りするようになり、やがて「NEW SELF」「ウイークエンド・スーパー」「写真時代」といった伝説のエロ雑誌を創刊することになる編集者・末井昭氏。彼がまだ幼い頃に体験した母親.. 続きを読む

おばさんチュニックに聖子ちゃん風カット!前田敦子が“昭和”ファッションを披露

おばさんチュニックに聖子ちゃん風カット!前田敦子が“昭和”ファッションを披露

2017年は3本の映画に出演し、続く2018年もすでに3本の映画出演が控えている女優の前田敦子。そんな前田の2018年の出演作1本目となる映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』が3月17日(土)に公開される。本作で前田は70~80年代の昭和ファ.. 続きを読む

冨永昌敬“決めない人生”のススメ

冨永昌敬“決めない人生”のススメ

■『南瓜とマヨネーズ』冨永監督の最新作は…オダギリジョー×香椎由宇を主演に迎えた長編デビュー作『パビリオン山椒魚』に、染谷将太×窪塚洋介×仲里依紗×川上未映子で太宰治の原作を映画化した『パンドラの匣』、最近では魚喃キリコの漫画.. 続きを読む

尾野真千子が切なく歌う映画主題歌MV&メイキング映像解禁

尾野真千子が切なく歌う映画主題歌MV&メイキング映像解禁

尾野真千子と原作の末井昭氏が歌う、映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」主題歌のレコーディング収録時のメイキング動画と主題歌MVが解禁となった。「写真時代」、「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出し.. 続きを読む

伝説の編集者・末井昭が母親とエロを語る! 自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が実写映画化

伝説の編集者・末井昭が母親とエロを語る! 自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が実写映画化

柄本佑の主演映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」(2018年3月17日公開)は、母親がダイナマイト心中を図った壮絶な過去をもつ雑誌編集者・末井昭氏の自伝的エッセイを実写化した作品。原作者で映画の主人公のモデルでもある末井昭氏.. 続きを読む

発禁処分で消えた伝説の雑誌編集長・末井昭が語る「上野でストリーキングをした真相」

発禁処分で消えた伝説の雑誌編集長・末井昭が語る「上野でストリーキングをした真相」

’80年代の、発行部数30万部を誇っていた絶頂期に発禁処分を受け、この世から跡形もなく消えた伝説のエロ雑誌『写真時代』。そのド真ん中で荒木経惟らそうそうたるクリエーターたちの“情念”を受け止め、カタチにしていたのが、稀代の名物.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。