林遣都
1990年12月6日生まれ、滋賀県出身。スターダストプロモーションに所属している。2007年に中学生時代に野球選手だった経験により、映画『バッテリー』の主役として俳優デビュー。この作品で第31回『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞している。その他にも『第81回キネマ旬報ベスト』で新人俳優賞を、『第17回日本映画批評賞大賞』にて新人賞、『第22回高崎映画祭』では最優秀賞新人男優賞を授与されている。運動神経の良さを活かして、その後も映画『ダイブ!!』、『風が強く吹いている』、『ラブファイト』等のスポーツを題材にした作品に出演している。又吉春樹原作の映画『火花』では主演を演じた、テレビドラマでは『おっさんずラブ』の牧凌太役を好演して話題となった。それ以外にもテレビドラマ『荒川アンダーザブリッジ』、『小公女セイラ』、朝の連続ドラマ小説『べっぴんさん』、『スカーレット』に出演して演技力の高さで話題となっている。2020年の活動は、新春に放送されたテレビドラマ『教場』で平田和道役として登場した。さらに4月から舞台『坂本裕二朗劇場2020 東京公演』にも出演する予定である。

「林遣都」に関するニュース検索結果(869件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ