板尾創路の最新情報

板尾創路 に関するニュース検索結果   338件

菅田将暉、キネ旬ベスト・テンで主演男優賞 映画4作品の“激務”も「元気なんで」

菅田将暉、キネ旬ベスト・テンで主演男優賞 映画4作品の“激務”も「元気なんで」

俳優の菅田将暉さんが2月12日、東京都内で開かれた「第91回キネマ旬報ベスト・テン」(キネマ旬報社主催)の表彰式に出席。「あゝ、荒野」(岸善幸監督)と「火花」(板尾創路監督)、「帝一の國」(永井聡監督)、「キセキ-あの日のソ.. 続きを読む

袴田吉彦の不倫相手がまた暴露! 塩谷瞬の三股疑惑を指摘「あの2人と被ってます」

袴田吉彦の不倫相手がまた暴露! 塩谷瞬の三股疑惑を指摘「あの2人と被ってます」

1月17日に『良かれと思って! 女性芸能人50人が芸能界の(秘)ウラ事情を暴露SP』(フジテレビ系)が放送された。袴田吉彦(44)と“アパ不倫”をして話題になったグラビアアイドルの真麻(32)が語ったエピソードがネット上で話題になって.. 続きを読む

板尾「エビフライ定食のエビ食べなかった」伝説語る

板尾「エビフライ定食のエビ食べなかった」伝説語る

お笑いタレントの板尾創路(54歳)が、1月17日に放送されたバラエティ番組「本能Z」(CBC)に出演。一部で知られる「エビフライ定食のエビを食べなかった伝説」について言及する一幕があった。番組ではこの日、板尾の“超天然伝説”を検証.. 続きを読む

輝く!「有名人スキャンダル大賞」2017年下半期(2)山尾志桜里は渡辺淳一好き

輝く!「有名人スキャンダル大賞」2017年下半期(2)山尾志桜里は渡辺淳一好き

吉 ショーを前提にすればいいんですかね?水 今の本場所数でガチンコは絶対無理だしさ。吉 完全にガチ化したらどうなると思います?水 年に2場所ぐらいならできるんじゃないの?宇 別リーグ作るしかない。本当にやるならさ、分裂し.. 続きを読む

2018年は不倫報道が少なくなる?

2018年は不倫報道が少なくなる?

(C)Shutterstock2017年も芸能界では多くの不倫が報じられた。まず1月に袴田吉彦とグラビアアイドル。3月には渡辺謙と元ホステス。8月は斉藤由貴と50代男性医師、『雨上がり決死隊』の宮迫博之はモデルと美容系ライターのふたりと関係が.. 続きを読む

ムロツヨシ、紅白&ガキ使にW出演 『全力鬼ごっこ』に高評価!

ムロツヨシ、紅白&ガキ使にW出演 『全力鬼ごっこ』に高評価!

ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc. 俳優のムロツヨシが、31日放送の日本テレビ系の人気バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大みそか年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない』の鬼ごっこパートに出演。その.. 続きを読む

斉藤由貴、今井絵理子…芸能人の不倫はなぜ流出する? 吉田豪×姫乃たまが2017年の芸能界不倫事情を振り返る

斉藤由貴、今井絵理子…芸能人の不倫はなぜ流出する? 吉田豪×姫乃たまが2017年の芸能界不倫事情を振り返る

’17年も多くの有名人の不倫が明らかになり、世間を騒がせた。他人の色恋沙汰をことさらに責め立てるのも無粋なこととはわかりつつ、下世話な興味が尽きないのもまた事実。そんなわけで、今年話題になった数々の不倫騒動を、芸能事情に詳.. 続きを読む

2017年 不倫の謝罪会見が印象的だったランキング 渡辺謙が2位、1位は…

2017年 不倫の謝罪会見が印象的だったランキング 渡辺謙が2位、1位は…

’17年も多くの有名人の不倫が明らかになり、世間を騒がせた。他人の色恋沙汰をことさらに責め立てるのも無粋なこととはわかりつつ、下世話な興味が尽きないのもまた事実。そんなわけで、今年話題になった数々の不倫騒動をランキング形式.. 続きを読む

有名男女、ドロドロ不貞騒動の「言い訳」で振り返る2017年

有名男女、ドロドロ不貞騒動の「言い訳」で振り返る2017年

2017年は、毎月のように芸能人の「不貞報道」が追加されるという、さながら「ブーム全盛期」と振り返りたくなるような1年だった。その最後を締めくくったと言えそうなのは、2年連続(2016年2月の演歌歌手・紫艶とは別人)での発覚となっ.. 続きを読む

2017年に評判を下げた有名人ランキング!不倫勢に炎上常連…

2017年に評判を下げた有名人ランキング!不倫勢に炎上常連…

今年も、もうすぐ終わってしまいますね。2017年を振り返ってみると、例年以上にさまざまな騒動や事件が巻き起こっていました。芸能界的にも騒がしい一年だったのではないでしょうか。この一年ですっかり評判がガタ落ちになった芸能人もち.. 続きを読む

「あれは脚本が良すぎる!」人気ドラマ『陸王』名シーンの裏側を木村祐一が語る

「あれは脚本が良すぎる!」人気ドラマ『陸王』名シーンの裏側を木村祐一が語る

人気ドラマ「陸王」の名シーンについて木村祐一が語る12月20日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』。ゲストに品川ヒロシさんと木村祐一さんが出演しました。先日、TVドラマ『陸王』でタチバナラッセルの社長を演じた木村さん。「.. 続きを読む

【SPインタビュー】「笑ってはいけない」シリーズの魅力をココリコが自己分析!

【SPインタビュー】「笑ってはいけない」シリーズの魅力をココリコが自己分析!

ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人が、絶対に笑ってはいけないという過酷な状況下でさまざまな試練に臨む「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の大晦日年越し特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。「ガー.. 続きを読む

「フリンジマン」最終話、板尾創路「愛人作りに愛は必要ない」の真意。実は「愛人作り」を推奨してなかった

「フリンジマン」最終話、板尾創路「愛人作りに愛は必要ない」の真意。実は「愛人作り」を推奨してなかった

10月7日からスタートした『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)。今作のホームページには、以下のような意思表明が記されている。「昨今の不倫報道にも、そろそろ飽きてきているだろうこの世の中に、起爆剤を投げ込.. 続きを読む

2017年不倫騒動「開き直りぶりがすごいと思った有名人」ランキング――斉藤由貴が2位、ダントツの1位は…

2017年不倫騒動「開き直りぶりがすごいと思った有名人」ランキング――斉藤由貴が2位、ダントツの1位は…

’17年も多くの有名人の不倫が明らかになり、世間を騒がせた。他人の色恋沙汰をことさらに責め立てるのも無粋なこととはわかりつつ、下世話な興味が尽きないのもまた事実。そんなわけで、今年話題になった数々の不倫騒動をランキング形式.. 続きを読む

『フリンジマン』最終回 「愛人作り」をめぐる男の争いがついに決着

『フリンジマン』最終回 「愛人作り」をめぐる男の争いがついに決着

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)テレビ東京系で毎週土曜日深夜24時20分から放送中のドラマ『フリンジマン~愛人の作り方、教えます~』。(時間は関東地方)テレ東でなければ確実に映像化できなかったであろう、色々スレ.. 続きを読む

「不倫スキャンダルが怖い」東京の夜から既婚芸人が消えた? “浮気の現場”は地方へと……

「不倫スキャンダルが怖い」東京の夜から既婚芸人が消えた? “浮気の現場”は地方へと……

有名人の不倫報道が続いた2017年。中でも、特に多かったのがお笑い芸人だ。雨上がり決死隊の宮迫博之、130Rの板尾創路、千鳥の大悟、東京03の豊本明長などが、不倫や浮気を報じられた。「ひと昔前なら、芸人が女遊びをするのは当たり前で.. 続きを読む

「フリンジマン」11話。目覚めたら真横に裸の板野友美!村上淳、東幹久の愛人を根こそぎメロメロに

「フリンジマン」11話。目覚めたら真横に裸の板野友美!村上淳、東幹久の愛人を根こそぎメロメロに

これまでの『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)といえば、“愛人を作りたい”男と“愛人の原石”とされる女の対峙を軸にストーリーは進んでいったはず。しかし、第10話から突入した“最終章”は、ちょっと趣きが異なる。.. 続きを読む

3位斉藤由貴夫婦を超えたのは…?来年離婚しそうだと感じる夫婦ランキング

3位斉藤由貴夫婦を超えたのは…?来年離婚しそうだと感じる夫婦ランキング

2017年もあっという間に押し迫り、もういくつ数えたら除夜の鐘。今年も数多くの夫婦に危機が訪れ、世間を騒がせてきました。思い返せば、色々と衝撃的だった2016年のベッキーと川谷絵音の“ゲス不倫”騒動から約2年、不倫報道はますます加.. 続きを読む

“はんなりGカップ”岸明日香、大胆サンタコスプレ姿披露でファン歓喜

“はんなりGカップ”岸明日香、大胆サンタコスプレ姿披露でファン歓喜

10月期に放送の「土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』」(テレビ東京系ほか)にキャバクラで働く女性・カオリ役でゲスト出演し、セクシーな演技が話題となった人気グラビアアイドル・岸明日香が、12月17日に公式Insragra.. 続きを読む

松本人志が板尾創路の不適切事件で放った強烈な一言とは?

松本人志が板尾創路の不適切事件で放った強烈な一言とは?

関西を代表する人気毒舌タレント・上沼恵美子が12月3日、「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)の中で、お笑い芸人・板尾創路の不貞騒動について言及。「まだ27歳で幼いから、本気になっちゃったのよ、きっと」「ボディーはスゴイけ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。