松田龍平
1983年5月9日生まれ、東京都出身。オフィス作所属。父は俳優・松田優作、母は女優・松田美由紀、弟は俳優・松田翔太、妹はアーティスト・松田ゆう姫、義妹はモデル・秋元梢。2009年に女優・太田莉菜と結婚、長女が誕生したが、2017年に離婚。1999年、映画『御法度』で俳優デビューし、数々の新人賞を受賞。2002年、映画『青い春』で主演を務めた。2004年、『夜叉ヶ池』で舞台初主演。2007年、NHKテレビドラマ『ハゲタカ』で連続ドラマに初出演し、2008年のテレビドラマ『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』で民放ドラマ初出演。2009年、大河ドラマ『天地人』に出演。2011年、映画『まほろ駅前多田便利軒』で主演・行天春彦役として出演し、その後2013年のテレビドラマ『まほろ駅前番外地』、2014年の映画『まほろ駅前狂騒曲』に出演。2013年の主演映画『舟を編む』で数々の主演男優賞を受賞。同年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』にヒロインのマネージャー役で出演。2020年公開された主演映画『影裏』で、第2回海南島国際映画祭の最優秀俳優賞を受賞。

「松田龍平」に関するニュース検索結果(514件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ