本郷奏多
1990年11月15日生まれ、仙台市出身、スターダストプロモーション所属。幼稚園の頃から仙台でキッズモデルとして活動する。2002年の映画『リアーナ』で俳優デビュー。2005年の映画『HINOKIO』で初主演を務め、2006年の実写映画『テニスの王子様』でも主人公を演じる。代表作に2006年の映画『NANA2』、2011年の映画『GANTZ』、2015年の映画『進撃の巨人』、2017年の映画『氷菓』、同年の映画『鋼の錬金術師』、2014年のドラマ『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』、主演を務めたドラマ『アカギ』などがある。2019年に出演した映画『キングダム 』では、王の弟役・成蟜を熱演して話題に。2020年『麒麟がくる』で大河ドラマに初出演を果たし、若き関白の近衛前久役を務める。同年のNHKドラマ『大江戸もののけ物語』では天の邪鬼役として出演。映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」というジャンルのゲーム『DEATH COME TRUE デス カム トゥルー』では主人公を演じた。

「本郷奏多」に関するニュース検索結果(278件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ