有価証券報告書の最新情報

有価証券報告書 に関するニュース検索結果   125件

監査で東芝の不正は摘発できない…公認会計士が暴露、知られざる監査の実態

監査で東芝の不正は摘発できない…公認会計士が暴露、知られざる監査の実態

金融庁は昨年9月8日、監査基準の改定や監査法人のローテーション制度を今年度の議題とする方針を明らかにした。東芝のような事態を今後起こさない。それが、この方針の背景にはある。東芝は8月10日、監査法人から「限定付き適正」の意見.. 続きを読む

「超アナログ人間」が経理代行会社の社長になった背景とは?

「超アナログ人間」が経理代行会社の社長になった背景とは?

12期連続黒字、14期連続増収ーー。言葉にすると簡単だが、実際にそれを達成するには経営者、そして社員全員の並々ならぬ努力が必要となる。今回は、ウェブコンサルティング会社ペンシルの成長を支えながらも、普段あまり語られることのな.. 続きを読む

水道橋博士も指摘! 『ニュース女子』問題は『そこまで言って委員会』もつくる制作会社「ボーイズ」が黒幕だ 

水道橋博士も指摘! 『ニュース女子』問題は『そこまで言って委員会』もつくる制作会社「ボーイズ」が黒幕だ 

沖縄基地反対運動を攻撃する報道で、〈重大な放送倫理違反があった〉という放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会による結論が公表された『ニュース女子』(TOKYO MX)問題。同委員会が決定に際して「重大」という表現を用.. 続きを読む

ライフハッカー読者が最も購入した書籍ランキング:2017年11月

ライフハッカー読者が最も購入した書籍ランキング:2017年11月

ライフハッカー[日本版]の読者が、2017年11月に最も購入した書籍を10冊ご紹介します。11月は、『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』や『英語力はメンタルで決まる』などがランクイン。そのほかにも『有価証券報告書.. 続きを読む

佐川急便、今月に上場で億万長者社員が続出か

佐川急便、今月に上場で億万長者社員が続出か

宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)は、12月13日に東京証券取引所第一部へ新規上場する。上場時の株式売り出し価格の幅を示す仮条件は、1株当たり1540~1620円に決まった。12月4日に、正式に売り出し価格を決定す.. 続きを読む

【本日のセール情報】Amazon「Kindle 月替わりセール」からビジネス書5本をピックアップ:2017年11月

【本日のセール情報】Amazon「Kindle 月替わりセール」からビジネス書5本をピックアップ:2017年11月

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。Amazon(アマゾン)のKindleストアが毎月更新で行なっている「Kindle 月替わりセール」。幅広いジャンルの書籍がセール対象になっている中、ビジネス書5本をピックアップしまし.. 続きを読む

三菱東京UFJ銀行の内紛…「三菱銀行」への改名説くすぶる

三菱東京UFJ銀行の内紛…「三菱銀行」への改名説くすぶる

東京証券取引所は、上場企業の相談役・顧問の状況に関する開示制度を来年度から実施する。上場企業は、来年1月以降に東証へ提出するコーポレート・ガバナンス報告書に、社長や最高経営責任者(CEO)経験者で相談役・顧問に就いている人物.. 続きを読む

国策クールジャパンの暴走、経済産業省主導で行う官民ファンド産業革新機構を使った法令無視の公金横流しスキームの実態(ヒロ・マスダのブログ)

国策クールジャパンの暴走、経済産業省主導で行う官民ファンド産業革新機構を使った法令無視の公金横流しスキームの実態(ヒロ・マスダのブログ)

今回はヒロ・マスダさんのブログ『ヒロ・マスダのブログ』からご寄稿いただきました。国策クールジャパンの暴走、経済産業省主導で行う官民ファンド産業革新機構を使った法令無視の公金横流しスキームの実態(ヒロ・マスダのブログ)2017.. 続きを読む

監査から逃げ始めた監査法人…東芝の不正見逃した新日本、契約打ち切りラッシュ

監査から逃げ始めた監査法人…東芝の不正見逃した新日本、契約打ち切りラッシュ

監査法人トーマツは、東京証券取引所2部に上場している半導体装置メーカー、アピックヤマダの監査契約を打ち切った。アピックヤマダは9月1日、第64期定時株主総会の継続会を開催した。6月27日の株主総会で、2017年3月期の売り上げに関す.. 続きを読む

イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ

イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ

2016年度と17年度は、好決算の企業が相次ぎました。その一方で、凋落の感じられる会社もあります。そんな会社のひとつが、今回紹介するイオンです。まずは、イオンの過去5年間の業績の推移をみてみましょう。イオンは5年前と比較して、営.. 続きを読む

富士フイルム、不正会計認識しつつ社債発行で多額資金調達の疑い…市場を欺く倫理逸脱行為か

富士フイルム、不正会計認識しつつ社債発行で多額資金調達の疑い…市場を欺く倫理逸脱行為か

子会社の富士ゼロックスで不祥事が発覚した富士フイルムホールディングス(HD)は6月29日、株主総会を開いた。富士ゼロックスで起きたスキャンダルは、ニュージーランド(NZ)とオーストラリアの販売子会社で売り上げを水増ししていたと.. 続きを読む

ソフトバンク、元副社長に報酬348億…日産・ゴーン氏は3社から報酬で計20億目前

ソフトバンク、元副社長に報酬348億…日産・ゴーン氏は3社から報酬で計20億目前

東京商工リサーチがまとめた「2017年3月期決算 上場企業『役員報酬1億円以上開示企業』調査」によると、2017年3月期決算で役員報酬1億円以上を開示した上場企業は221社、人数は457人だった。社数は前年同期の211社を10社上回り、15年3月.. 続きを読む

フジテレビ親会社、日枝前会長の年間報酬は1億超…松本人志の役員就任動議が提案

フジテレビ親会社、日枝前会長の年間報酬は1億超…松本人志の役員就任動議が提案

6月に開催された株主総会のなかでもっとも注目されたのは、武田薬品工業だった。株主15人から、相談役や顧問などの廃止を求める株主提案が出されていたからだ。14年間にわたって社長や会長を務めた長谷川閑史氏が、6月28日に開催される株.. 続きを読む

東芝、巨額税金投入で国有化か…消滅の可能性も 経営陣、まともではない行動連発

東芝、巨額税金投入で国有化か…消滅の可能性も 経営陣、まともではない行動連発

東芝の迷走が止まらない。いや、出口の見えないトンネルに入ってしまったといえるかもしれない。金融商品取引法で定められ、上場企業の義務といえる2017年3月期決算の有価証券報告書の提出が、法定期限内の6月末までにできないことが確実.. 続きを読む

上場企業の時給ランキング2017発表! トップ10は全て5000円オーバーとか羨ましィィイイイ!!

上場企業の時給ランキング2017発表! トップ10は全て5000円オーバーとか羨ましィィイイイ!!

よーく考えよう~♪ お金は大事だよ~♪ ……なんて言われるまでもなくお金は大切である。世の中お金が全てではないものの、あっても困らないもの、それがお金だ。逆に無いとメチャメチャ困ることもあるから、人生においてお金はやはり重要.. 続きを読む

長銀破綻とバブル崩壊、今明かされる真相…「失われた10年」を呼んだ一人のリゾート王

長銀破綻とバブル崩壊、今明かされる真相…「失われた10年」を呼んだ一人のリゾート王

【訃報】旧・日本長期信用銀行(現・新生銀行)頭取を務めた大野木克信(おおのぎ・かつのぶ)氏が5月10日、死去した。80歳だった。大野木氏は東京大学農学部を出た異色の経歴だ。1959年に日本長期信用銀行に入り、国際部門や企画部門を.. 続きを読む

東芝、銀行が融資停止を示唆…6月に監査法人交代で決算提出「強行」の可能性

東芝、銀行が融資停止を示唆…6月に監査法人交代で決算提出「強行」の可能性

東芝が上場廃止に向かって、坂道を転がり落ちている――。東芝が15日に発表した「2016年度通期業績見通し」は、純損益が9500億円の赤字となった。17年3月末の債務超過額は株主資本ベースで5400億円、純資産ベースで2600億円となった。東芝.. 続きを読む

東芝の決算を「承認できない」PwCあらたの「過去の汚点」…前身法人は一大粉飾事件で解体

東芝の決算を「承認できない」PwCあらたの「過去の汚点」…前身法人は一大粉飾事件で解体

会計士と企業のなれあいが、粉飾の温床となる――。粉飾決算では、この問題が常に指摘される。4大監査法人のひとつで、約40年の歴史を持つ名門、みすず(旧・中央青山)監査法人が2007年7月31日に解散した。ヤオハン、山一證券、足利銀行、.. 続きを読む

一風堂創業者、上場で4億円利益…懲役判決から這い上がり年商2百億企業へ

一風堂創業者、上場で4億円利益…懲役判決から這い上がり年商2百億企業へ

博多ラーメン「一風堂」を運営する力の源(ちからのもと)ホールディングス(HD)の株価が乱高下している。3月21日、東証マザーズ市場に上場したが、買い気配のまま値がつかなかった。翌22日にやっと2230円の初値をつけた。これは、公開.. 続きを読む

「ほぼ日」上場、糸井重里保有の株式時価総額は38億円…「ほぼ日手帳」依存経営の危うさ

「ほぼ日」上場、糸井重里保有の株式時価総額は38億円…「ほぼ日手帳」依存経営の危うさ

コピーライターの糸井重里氏が社長を務める「ほぼ日」は3月17日、上場2日目で公開価格2350円の2.28倍の5360円で初値を付けた。高値は5480円、安値は4780円。終値は5020円だった。終値で算出した時価総額は112億円となった。750社あるジャ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。