更年期障害の最新情報

更年期障害 に関するニュース検索結果   400件

【閲覧注意】AIがすべてを管理!?中国のとある飼育工場で生産されている漢方薬とは…

【閲覧注意】AIがすべてを管理!?中国のとある飼育工場で生産されている漢方薬とは…

様々な分野で活躍が期待されるAI、一部ではAIに人間の仕事が奪われるなんて言われていますが、そんな例が1つ誕生していました。中国の南西部にある西昌市にはなんとAIが管理・運営する工場があるそうなんですが、内容を知ると「AIに仕事.. 続きを読む

おでこのシワを解消!40代の表情ジワを解消する3つのケア

おでこのシワを解消!40代の表情ジワを解消する3つのケア

人の印象は「第一印象で9割が決まる」とは、ビジネスシーンでもよく聞く言葉。日ごろからオフィスで優しい言葉をかけているのに、ふと鏡を見ると「眉間に縦ジワ」が入っている、なんて人いませんか? 表情グセは日ごろからコツコツと直.. 続きを読む

「異常あり」と言われるのが怖い。婦人科にはどうかかれば?【医師に聞く♯6】

「異常あり」と言われるのが怖い。婦人科にはどうかかれば?【医師に聞く♯6】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、これから閉経を迎えるにあたりそれらの病気との付き合いはどうなる.. 続きを読む

M-1
更年期の症状があるときの食事のポイントとは?

更年期の症状があるときの食事のポイントとは?

40代後半から50代の閉経期にかけて起きる更年期障害。さまざまな不定愁訴が起こるといわれていますが、この時期の食事はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。更年期で一つ知っておきたいのが、「セロトニン」のこと。主婦の友社編.. 続きを読む

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

卵巣嚢腫を持っています。40代から閉経後にかけて、どうなりますか?【医師に聞く#5】

厚生労働省によると子宮筋腫・子宮内膜症の疑いや罹患の経験を持つ女性は約4人に1人。とても身近な病気なので、思い当たる人も多いのではないでしょうか? 40代を過ぎ、これから閉経を迎えるにあたりそれらの病気との付き合いはどうなる.. 続きを読む

M-1
女性ホルモンはなぜ乱れる? 気をつけるべきことは?

女性ホルモンはなぜ乱れる? 気をつけるべきことは?

月経周期や妊娠をコントロールする大切な役割を持つ女性ホルモン。以前、「減るとどうなる? 女性ホルモンの働き(https://allabout.co.jp/gm/gc/301642/)」でも詳しくご紹介しましたが、婦人科で「ホルモンバランスが崩れていますね」.. 続きを読む

【保存版】葉酸サプリを正しく選ぶには?2018最新おすすめランキング

【保存版】葉酸サプリを正しく選ぶには?2018最新おすすめランキング

葉酸サプリは効果ある?そもそもどんな栄養なのか。 なんだか漠然(ばくぜん)と「カラダによいもの」というイメージのある「葉酸」。サプリを選ぶ前に、まずはそもそも葉酸とはなんなのかを知っておきましょう。葉酸とは、水溶性ビタミ.. 続きを読む

アラフォー世代に激増!?若年性更年期障害の正体とは?

アラフォー世代に激増!?若年性更年期障害の正体とは?

近年、若年性更年期障害という言葉を耳にすることがありますが、「もしかして自分もそうかも!」と不安になったことはありませんか? これは、30~40代前半の更年期ではない女性が、早くから更年期障害と似たような症状が出ることをいう.. 続きを読む

40代から閉経にそなえる。更年期を怖がらずに“楽しむ”コツ

40代から閉経にそなえる。更年期を怖がらずに“楽しむ”コツ

健やかな身体は、日々の積み重ねで決まる。『オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』、このタイトルにドキッとしたあなた、もしかしたらアラフォーなのでは? かくいう私はアラフィフ。40代以降の女性には、自分の身体なのに自分じ.. 続きを読む

女性ホルモン補充療法とは? かかる費用目安や副作用についてご紹介

女性ホルモン補充療法とは? かかる費用目安や副作用についてご紹介

女性ホルモン補充療法とは?費用目安について女性ホルモン補充療法とは、老化によって自力で作れなくなったエストロゲンを飲み薬や貼り薬などで体内に取り入れる治療方法のこと。かかる費用は病院によって差がありますが、飲み薬の場合月.. 続きを読む

秋津壽男“どっち?”の健康学「他人からも指摘されづらい口臭の危険とは。口内の問題だけではなく内臓疾患の可能性も」

秋津壽男“どっち?”の健康学「他人からも指摘されづらい口臭の危険とは。口内の問題だけではなく内臓疾患の可能性も」

口臭マナーとして、ニンニク料理を避ける人は少なくないでしょう。特に営業職や接客業の場合、ランチで餃子などを躊躇した経験は誰しもあるでしょう。食べ物が原因の口臭は一時的なものですが、ここで質問です。日常的に口臭がする場合、.. 続きを読む

40代からこんなに変わる、自分のカラダと上手に付き合うコツ

40代からこんなに変わる、自分のカラダと上手に付き合うコツ

スキンケアやメイク、ファッションで見た目年齢はある程度キープできても、どうしても抗えないのが体の内側の変化。女性は年を重ねるにつれて更年期や閉経という新しいモードに入っていきます。その変化とともに、どうにもコントロールで.. 続きを読む

生理周期が長くのぼせ等の症状も…早発閉経かも?

生理周期が長くのぼせ等の症状も…早発閉経かも?

生理周期には個人差がありますが、極端に短かったり長い場合は不安になってしまうものです。最近生理周期が40日程となり、のぼせやイライラ等の症状もあるが、更年期障害の可能性について心配する相談者の方に対し、医師や看護師さん達は.. 続きを読む

エストロゲンサプリ、本当にいいのはこれ!市販から通販まで徹底調査

エストロゲンサプリ、本当にいいのはこれ!市販から通販まで徹底調査

エストロゲンって何?サプリメントで摂るといいの?「エストロゲン」とは女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンのことです。8歳ごろより卵巣から分泌され、乳腺の発達や肌・髪・骨の成長、自律神経や脳にも働く女性を美しくするのに欠か.. 続きを読む

あらゆる不調は「女性ホルモン」のせい!? その働きを年代別に知っておこう!

あらゆる不調は「女性ホルモン」のせい!? その働きを年代別に知っておこう!

「女性ホルモン」は実は心身の不調や老いにも深く関わる女性に欠かせない存在。なのにその分泌量は一生でティースプーン1杯分といわれるほど微量って、知っていましたか? 知っているようで実はあまり知らない「女性ホルモン」について.. 続きを読む

「更年期休暇」は必要か!?更年期における社内制度の現状とは

「更年期休暇」は必要か!?更年期における社内制度の現状とは

更年期に、肩こりや頭痛、疲れやすいなどの症状があると、仕事に支障をきたすこともありますよね。生理休暇などはよく聞きますが、更年期症状に対する会社の制度などは、一般的にどうなっているのでしょうか。日本ヘルスケアアドバイザー.. 続きを読む

西川史子の激痩せに心配の声が殺到、更年期障害での食欲不振も

西川史子の激痩せに心配の声が殺到、更年期障害での食欲不振も

3月11日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した、女医でタレントの西川史子(46)の“激痩せぶり”が大きな話題となっている。筆者もこの日、同番組を見るともなく見ていたのだが……西川氏のアップで目が画面に釘付けになった。痩.. 続きを読む

年1回受けたい「婦人科検診」とは?

年1回受けたい「婦人科検診」とは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。前回はこれって生理が終わりに近づいているってこと?をお届けしました。今回は「年1回受けたい「婦人科検診」について.. 続きを読む

更年期はつらいよ…ミドル女性の心の変化のチェックポイントと解決策

更年期はつらいよ…ミドル女性の心の変化のチェックポイントと解決策

更年期に起こりやすい心の変化とストレス加齢に伴う女性ホルモンの減少により、疲れやすさ、のぼせ、ほてり、発汗、不眠、頭痛、めまいなどのさまざまな体調不良が引き起こされる40代後半から50代前半にかけての「更年期」。更年期には、.. 続きを読む

豆乳ダイエットで痩せる理由と続けるコツ

豆乳ダイエットで痩せる理由と続けるコツ

「畑の肉」とよばれる大豆は、ローカロリーでありながら栄養をバランスよく含んでいる健康食品。なかでも「豆乳」は液体なので、固形の豆腐に比べても成分の吸収率が優れているのが魅力です!ここでは、栄養豊富な「豆乳」のダイエット&.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。