新車の最新情報

新車 に関するニュース検索結果   1928件

元カリスマホスト城咲仁、“どん底時代”に坂上忍に怒られ号泣

元カリスマホスト城咲仁、“どん底時代”に坂上忍に怒られ号泣

元ホストでタレントの城咲仁が、27日に配信されるインターネットテレビ局・AbemaTV『エゴサーチTV』(毎週金曜22:00~23:00)にゲスト出演する。西野亮廣と城咲仁歌舞伎町の有名ホストクラブ「クラブ愛」で5年間連続No.1の座に君臨し続け、.. 続きを読む

神対応とはこのこと!? ユーザーから称賛された企業の粋な計らい

神対応とはこのこと!? ユーザーから称賛された企業の粋な計らい

今年の成人式当日、着物レンタル店と突然連絡が取れなくなり新成人が大パニックになる騒動がありました。このような不届き者な企業もあれば、不安に暮れる新成人を助けるため急遽着物のレンタルや着付けを手伝う企業も現れました。中には.. 続きを読む

【新車】プジョー・2008にSUVスタイルを強調した特別仕様車「GT Line Black & White Edition」が設定

【新車】プジョー・2008にSUVスタイルを強調した特別仕様車「GT Line Black & White Edition」が設定

ライバルのルノー・キャプチャーがマイナーチェンジを受けたばかりのプジョー・2008に、特別仕様車「PEUGEOT 2008 GT Line Black & White Edition」が設定されました。2016年9月にフェイスリフトを受けたプジョー・2008は、コンパクトな.. 続きを読む

この車の魅力に気づいている人はごく少数!? 乗ればわかる魅力的な1台がホンダ ジェイドだ!

この車の魅力に気づいている人はごく少数!? 乗ればわかる魅力的な1台がホンダ ジェイドだ!

▲月販販売台数がわずか200台というホンダ ジェイド。あらためてこの車の魅力に迫る いい車が売れるとは限らない不思議な現象がジェイドにも「松本さん、少し前にホンダのジェイド、好きって言っていましたよね? あれ、自分もいい車だと.. 続きを読む

毎月定額で新車に乗れる「マイカー賃貸」?カーリースやカーシェアとの違いがわからなかったので担当者に聞いてみた

毎月定額で新車に乗れる「マイカー賃貸」?カーリースやカーシェアとの違いがわからなかったので担当者に聞いてみた

LIGでメディアディレクターをしているガクです。車社会の新潟から引っ越し、東京都民になりました。東京はどこへ行くにも電車や地下鉄など公共交通機関が発達しているので、思い切って乗っていた車を手放したんですが……。いざ家族サービ.. 続きを読む

【新車】三菱・デリカD:5に、歴史ある特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」が設定

【新車】三菱・デリカD:5に、歴史ある特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」が設定

今年で誕生50周年を迎える三菱自動車のデリカ。5代目となる現行デリカD:5には、アウトランダーなどにも設定されている特別仕様車の「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」があり、昨年のデリカD:5のうち約2割を占めている人気モデルになって.. 続きを読む

【新車】50周年を迎えた三菱・デリカD:5が一部改良。デリカ誕生50周年キャンペーンもスタート

【新車】50周年を迎えた三菱・デリカD:5が一部改良。デリカ誕生50周年キャンペーンもスタート

三菱自動車の登録車を代表するモデルであるデリカが今年で50周年を迎えます。デリカの車名は「デリバリ・カー」から由来する造語で、50周年なのに現行型を含めて5代しか経ておらず、日本車の中でも長寿モデルといえます。2018年4月25日、.. 続きを読む

自動車史に残る名車たちが胸を熱くさせる

自動車史に残る名車たちが胸を熱くさせる

世界の名車車好きであれば、車名を聞いただけで心が踊る自分だけの名車が1台はあるのではないだろうか。そんな世界の名車の数々を見ていくことにしよう。ジャガーまずはジャガーの数ある名車のなかから『XJ』と『Eタイプ』を紹介しよう。.. 続きを読む

チビな私の持論:身長155cm以下の女子は、デカい四駆で「乗ってやっている感」を醸し出すべし!

チビな私の持論:身長155cm以下の女子は、デカい四駆で「乗ってやっている感」を醸し出すべし!

▲私と同様に小柄な女性へ伝えたい! 乗ってやっている感という概念 身長155cm以下の女子ならではの悩み編集部の井上です。どうでもいい情報なのですが、私の身長は153cmです。「ミニモニ。」に入れるほどではありませんが、チビと称して.. 続きを読む

4月に乗る車で課税額が異なる? 意外と知らない自動車税の仕組み

4月に乗る車で課税額が異なる? 意外と知らない自動車税の仕組み

自動車を所有していると課税される「自動車税」。三輪以上の小型自動車や特殊自動車を除く普通自動車を持つ場合に納税が義務付けられているが、その仕組みについてきちんと把握できている人は意外と少ないかもしれない。車種や排気量によ.. 続きを読む

米・GMが新型PHV/EV「ヴェリテ6」を公開へ【北京モーターショー2018】

米・GMが新型PHV/EV「ヴェリテ6」を公開へ【北京モーターショー2018】

米GMが北京モーターショー2018のプレビューイベントで、新型5ドアハッチバックモデル・ビュイック「VELITE(ヴェリテ) 6」を発表しました。「ビュイック」は1998年以来、中国で900万台以上の新車を販売。今回発表された「VELITE 6」は、.. 続きを読む

新車展示やデモカー試乗も!「モーターファンフェスタ 2018」は大盛り上がり

新車展示やデモカー試乗も!「モーターファンフェスタ 2018」は大盛り上がり

4月22日(日)、富士スピードウェイにて「モーターファンフェスタ 2018」が開催された。朝早くから大いに賑わったイベントの様子をレポートする。モーターファンフェスタは、珍しいスポーツカーのデモ走行のほか、メーカーの枠を超えた新車.. 続きを読む

【新車】ホンダ・モンキーが125ccになって復活。原付2種でも「タンデム不可」で、価格は39万9600円~

【新車】ホンダ・モンキーが125ccになって復活。原付2種でも「タンデム不可」で、価格は39万9600円~

半世紀を超えるロングセラーながら、2017年に惜しまれつつ生産中止となった原付(50cc)のホンダ・モンキーが、原付二種(125cc)になって帰ってきました。名前の通り、エンジン排気量を上げることで現代的な環境性能をクリアした新時代.. 続きを読む

ランボルギーニのアヴェンタドールが生まれた背景はこんなに深かったーランボルギーニの全貌

ランボルギーニのアヴェンタドールが生まれた背景はこんなに深かったーランボルギーニの全貌

ランボルギーニのモデル別車種紹介世界最高峰のスーパーカーブランド「ランボルギーニ」。1963年にイタリアにて創業してから「ミウラ」「カウンタック」をはじめとした数多くの名車を世に送り出し、輝かしい歴史をきざみ続けている。世界.. 続きを読む

【新車】トヨタの燃料電池バス「SORA」は災害時の発電機としても機能する!

【新車】トヨタの燃料電池バス「SORA」は災害時の発電機としても機能する!

東京オリンピック・パラリンピックまでに100台以上の普及を目指す、トヨタの燃料電池バス「SORA」。トヨタグループによる燃料電池バスは、かつて愛・地球博で運用したこともあり10年以上の歴史を持ちますが、国内で初めて型式認証を取得.. 続きを読む

【新車】三菱自動車の電気自動車・i-MiEVが軽自動車から登録車へ進化した理由とは?

【新車】三菱自動車の電気自動車・i-MiEVが軽自動車から登録車へ進化した理由とは?

2009年に販売を開始した世界初の量産電気自動車といえる三菱自動車のi-MiEV(アイミーブ)が、全長を延長するという進化を遂げました。フロントバンパーの変更により全長は3480mmとなっています。この変更によりアイミーブは軽自動車から.. 続きを読む

中国市場が貢献。VW・BMW・ダイムラーの世界販売台数が過去最高を記録

中国市場が貢献。VW・BMW・ダイムラーの世界販売台数が過去最高を記録

欧州大手自動車3社(VW、BMW、ダイムラー)の世界販売(本年1~3月)が過去最高となっています。日経新聞によると、3社共に高級車市場が拡大する中国市場を中心に販売が伸びているそうで、VWが267万台(前年同期比+7%増)、メルセデス・.. 続きを読む

【新車】お値段なんと「1億円」? トヨタの燃料電池バス・SORAに体験試乗。驚きのスムースネスと静かさ

【新車】お値段なんと「1億円」? トヨタの燃料電池バス・SORAに体験試乗。驚きのスムースネスと静かさ

これまでも燃料電池を動力源としたバスはありましたが、燃料電池バスとして国内で初めて型式認証を取得し、東京オリンピック・パラリンピックの開催される2020年までに東京を中心に100台以上の普及を見込んでいる「SORA」に乗ることがで.. 続きを読む

積載性に高い関心が向けられる今、「荷室要領」の優れた車がトレンドに

積載性に高い関心が向けられる今、「荷室要領」の優れた車がトレンドに

▲自動車・カーライフに関する調査研究機関「リクルート自動車総研」の膨大な統計データを基に、ユーザーの購買行動や世の傾向を勝手に予想したり解説したりするコラム。今回は、車の積載性について徒然と…… 単なる広い空間ではなく使いこ.. 続きを読む

【新車】日産のEVバン「e-NV200」はバッテリーを大きくして航続距離300kmを実現

【新車】日産のEVバン「e-NV200」はバッテリーを大きくして航続距離300kmを実現

商用車も用意する日産の電気自動車「e-NV200」がバッテリー電力量を増やすなど進化しました。ポイントは、40kWhの大容量バッテリー採用とバッテリー保証を8年16万kmへ延長したことです。バッテリーの総電力量を増やしたことにより航続可.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。