新潮社の最新情報

新潮社 に関するニュース検索結果   1535件

「女子的生活」2話「なんだと、この化け物!」女性らしさを蔑視するミソジニストの心理、自己肯定と羨望と

「女子的生活」2話「なんだと、この化け物!」女性らしさを蔑視するミソジニストの心理、自己肯定と羨望と

「下、切ったの?」「っていうかお前、外出するときトイレとかどうしてんの」「はっ! ヘンタイだな」「この、化け物!」1月12日放送のドラマ『女子的生活』NHK)第2話。トランスジェンダーで、身体は男性でありながら女性の格好をしてい.. 続きを読む

新潮社 アマゾンにドラマ配信中止申し入れ、発行書籍と酷似

新潮社 アマゾンにドラマ配信中止申し入れ、発行書籍と酷似

新潮社は18日、アマゾン・ジャパンなどが昨年12月22日から配信するインターネットドラマ「チェイス」に対し、17日付の書面で即時中止を申し入れたと発表した。 新潮社発行のノンフィクション「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続.. 続きを読む

ペジー社補助金問題で山口敬之の関与を特捜部関係者が証言! 経産省に「官邸が了承しているから急げ」

ペジー社補助金問題で山口敬之の関与を特捜部関係者が証言! 経産省に「官邸が了承しているから急げ」

昨日17日、安倍首相が外遊から帰国した。訪問先では相も変わらず北朝鮮の脅威を煽ってまわったが、そうした北朝鮮問題を隠れ蓑にして数々の疑惑追求から逃げてきたのは周知の通り。だが、22日に召集される通常国会では、モリカケにつづく.. 続きを読む

TBS
警官「しまった、店に帽子を忘れた!」 帽子の行方を記す、妙な伝言とは?

警官「しまった、店に帽子を忘れた!」 帽子の行方を記す、妙な伝言とは?

(C)清水しの/新潮社漫画家の清水しのさんが描く、グルメコメディ漫画『メシノトモ』。少しずつ洋食文化が流行し始めていた、大正時代の東京が舞台です。第1話オムライスの食べかたが分からない警官 するとコックが「腹減ってる時は」.. 続きを読む

King&Prince、「マスコミ想定外」デビューの裏側――ジャニー氏が「ジュリーの反対を押し切った」?

King&Prince、「マスコミ想定外」デビューの裏側――ジャニー氏が「ジュリーの反対を押し切った」?

1月17日、ジャニーズ事務所のKing&Princeが今春CDデビューすると発表され、「ファンだけでなく、音楽業界やマスコミ間でも衝撃が走っている」(音楽誌関係者)という。平野紫耀、永瀬廉、高橋海人で構成されたMr.KINGと、岸優太、神宮.. 続きを読む

柳喬之、ものまね熱演も共演者から「誰?」連発 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント4

柳喬之、ものまね熱演も共演者から「誰?」連発 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント4

俳優の須賀健太さんが1月10日、東京都内で行われた映画「ちょっとまて野球部!」(宝来忠昭監督、27日公開)の完成披露試写会に共演の小関裕太さんや山本涼介さんらとともに登場した。映画は、マンガ誌「ゴーゴーバンチ」(新潮社)で連.. 続きを読む

須賀健太、台本7ページのセリフ「5分で覚えた」 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント3

須賀健太、台本7ページのセリフ「5分で覚えた」 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント3

俳優の須賀健太さんが1月10日、東京都内で行われた映画「ちょっとまて野球部!」(宝来忠昭監督、27日公開)の完成披露試写会に共演の小関裕太さんや山本涼介さんらとともに登場した。映画は、マンガ誌「ゴーゴーバンチ」(新潮社)で連.. 続きを読む

山本涼介、須賀健太&小関裕太との「3バカ」に喜び 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント2

山本涼介、須賀健太&小関裕太との「3バカ」に喜び 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント2

俳優の須賀健太さんが1月10日、東京都内で行われた映画「ちょっとまて野球部!」(宝来忠昭監督、27日公開)の完成披露試写会に登場した。映画は、マンガ誌「ゴーゴーバンチ」(新潮社)で連載中のゆくえ高那さんのマンガ「ちょっとまて.. 続きを読む

須賀健太、自身の看板が少ない?小関裕太、山本涼介らキャスト集結に大歓声 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント1

須賀健太、自身の看板が少ない?小関裕太、山本涼介らキャスト集結に大歓声 映画「ちょっとまて野球部!」完成披露イベント1

俳優の須賀健太さんが1月10日、東京都内で行われた映画「ちょっとまて野球部!」(宝来忠昭監督、2018年1月27日公開)の完成披露試写会に登場した。この日は、キャストが客席を通って登壇。ほぼ女性ばかりの観客約700人に「キャー!」と.. 続きを読む

「きもちわりぃ」好きなものをバカにされて育った青年 アルバイト先で

「きもちわりぃ」好きなものをバカにされて育った青年 アルバイト先で

(C)椙下聖海/新潮社漫画家の椙下聖海(すぎした・きよみ)さんが描く、深海生物紹介漫画『マグメル深海水族館』。東京湾の水深200mにある水族館『マグメル』を舞台に、従業員たちの心温まる人間ドラマが展開されていきます。本作のプ.. 続きを読む

世界初の『深海水族館』!? 壮大な光景に、心の熱い人々が集まる!

世界初の『深海水族館』!? 壮大な光景に、心の熱い人々が集まる!

(C)椙下聖海/新潮社漫画家の椙下聖海(すぎした・きよみ)さんが描く、深海生物紹介漫画『マグメル深海水族館』。東京湾の水深200mにある水族館『マグメル』を舞台に、従業員たちの心温まる人間ドラマが展開されていきます。本作の第1.. 続きを読む

衝撃!70歳妻の妊娠が発覚 その時、夫は?

衝撃!70歳妻の妊娠が発覚 その時、夫は?

(C)タイム涼介/新潮社定年退職を迎えた65歳の夫と、70歳で初めて妊娠した妻の妊娠・出産を描いた漫画『セブンティウイザン』。今回は、本作の第1話をご紹介します!第1話 告知妻の妊娠を告げられ、夫がとった行動とは…。産む決心の固.. 続きを読む

桂文枝、「人間国宝」は絶望……相次ぐ不倫暴露で信用失墜!『新婚さん』も打ち切りへ

桂文枝、「人間国宝」は絶望……相次ぐ不倫暴露で信用失墜!『新婚さん』も打ち切りへ

年末に「週刊新潮」(新潮社)にて、50代の一般女性から“8年不倫”を暴露された上方落語界の大御所・桂文枝。本人は事実ではないとし否定しているが、愛人側からの告白により“赤裸々な肉体関係”をさらされたのは、今回で2度目となり、お笑.. 続きを読む

 それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

「しめきり」。皆さんがこの言葉を最後に意識したのはいつですか? 「仕事の納期が迫っていて......」という人も中にはいるでしょうが、おそらく「〆切り」という単語を鬼気迫る存在として、これ以上ないほどひしひしと感じているのは作.. 続きを読む

桂文枝の“不倫釈明”がツッコミどころ満載! 局部自撮り写真に「送ったかも」

桂文枝の“不倫釈明”がツッコミどころ満載! 局部自撮り写真に「送ったかも」

落語家でタレントの桂文枝(74)が、自身との愛人関係を告発した日舞講師のA子(56)さんについて「彼女は愛人のカテゴリーには入ってない」と言い放った。前号の「週刊新潮」(新潮社)に登場したA子さんは、文枝と2009年から8年にわた.. 続きを読む

本田翼が主演ドラマ「盗作騒動」の余波で日テレに出られなくなる!?

本田翼が主演ドラマ「盗作騒動」の余波で日テレに出られなくなる!?

本田翼と大谷亮平がW主演を務めるAmazonプライムビデオのオリジナルドラマ「チェイス 第1章」にトラブルが発生している。「連続幼女誘拐殺人事件」をテーマに12月22日から配信されている同ドラマだが、配信から間もなく、ジャーナリスト.. 続きを読む

【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2017年秋アニメ総括レビュー!「少女終末旅行」「シルバニアファミリーミニストーリー」など、5作品を紹介!!

【アニメコラム】アニメライターが選ぶ、2017年秋アニメ総括レビュー!「少女終末旅行」「シルバニアファミリーミニストーリー」など、5作品を紹介!!

2017年秋アニメを総括レビュー!終末ファンタジーコミック原作の「少女終末旅行」、映画館の幕間アニメから始まったオリジナルアニメ「アニメガタリズ」、社交ダンスがテーマの「ボールルームへようこそ」、comico連載の人気コミックが原.. 続きを読む

西原理恵子が高須院長と「朝鮮人絶滅」を叫ぶ犯罪的ヘイトデモを応援...パートナーに引きずられたではすまない責任

西原理恵子が高須院長と「朝鮮人絶滅」を叫ぶ犯罪的ヘイトデモを応援...パートナーに引きずられたではすまない責任

昨年末から、漫画家の西原理恵子が「ヘイトデモに声援を送っていた!」などとして、ネットが騒然となっている。言わずもがな西原といえば、私生活をさらけ出しながらさまざまな物事に噛み付くエッセイマンガ等で知られるベストセラー作家.. 続きを読む

ドラマ『相棒』に"官邸のアイヒマン"北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

ドラマ『相棒』に"官邸のアイヒマン"北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

元旦早々、なんとも興味深いドラマが放送された。『相棒16 元日スペシャル』(テレビ朝日)だ。実は、そのストーリーに、安倍政権中枢に実在するある人物を彷彿とさせる"黒幕"が登場するなど、いま日本が直面する現実を批評的に描いた作.. 続きを読む

V6森田剛&岡田准一、スキャンダル連発! 「V6も終わったな」とファンから呆れ声

V6森田剛&岡田准一、スキャンダル連発! 「V6も終わったな」とファンから呆れ声

1月5日発売の週刊誌「女性自身」1月16日・23日合併号(光文社)に、V6森田剛と女優・宮沢りえの“キス写真”が掲載され、ファンがショックを受けている。2016年10月27日発売の「週刊新潮」(新潮社)が森田と宮沢の交際を報じ、2人の関係が.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。