新日本プロレスの最新情報

新日本プロレス に関するニュース検索結果   424件

ケビン・ナッシュ&スコット・ホール&ショーン・ウォルトマン まぼろしのユニット“ウルフパック”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第84話>

ケビン・ナッシュ&スコット・ホール&ショーン・ウォルトマン まぼろしのユニット“ウルフパック”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第84話>

ケビン・ナッシュとスコット・ホールとショーン・ウォルトマンの3人は、いわゆるタッグチームではなくて、ほんとうの兄弟のように仲がいい親友トリオである。ナッシュとホールのふたりは体が大きくて悪知恵もはたらくイジメッ子タイプで.. 続きを読む

「プロのプロレスファンでいたい」元井美貴さん【園子の部屋#1】

「プロのプロレスファンでいたい」元井美貴さん【園子の部屋#1】

編集者/ライターの池田園子が、そのときどきで気になる人、話を聞きたい人に会いにいく連載企画「園子の部屋」。初回は気象予報士・防災士・プロレスキャスターの元井美貴さんが登場です。元井さんといえば、私が初めてプロレスを観にい.. 続きを読む

ヨコヅナ アメリカ人が考えた“相撲レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第83話>

ヨコヅナ アメリカ人が考えた“相撲レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第83話>

そのものズバリ、ヨコヅナ=横綱をリングネームにしたアメリカ人が考えた“相撲レスラー”。WWE世界ヘビー級王座を2回保持し、ハルク・ホーガンからブレット・ハートへの政権交代の“セットアッパー=中継ぎ”としてひじょうに重要なポジショ.. 続きを読む

オーエン・ハート 悲劇の“天才レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第82話>

オーエン・ハート 悲劇の“天才レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第82話>

オーエン・ハートはハート家の12人兄弟の末っ子として生まれた。父スチューが50歳のときに誕生したいちばん下の男の子で、一家のベイビーとしてカルガリーの丘に立つお屋敷で育った。長男スミスとは15歳もトシが離れていたし、オーエンが.. 続きを読む

アルティメット・ウォリアー “小説より奇なり”だった現代の神話――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第81話>

アルティメット・ウォリアー “小説より奇なり”だった現代の神話――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第81話>

子どもファンからは愛され、マニア層の男性ファンからは敬遠された1990年代を代表するスーパーヒーロー系ベビーフェース。完全なフィクションのキャラクターで、“究極の戦士”アルティメット・ウォリアーに変身したのは元“ミスター・ジョ.. 続きを読む

【買ってやるって!】PS4版ファイプロ最新作「ファイヤープロレスリング・ワールド」の発売日が8月9日に決定だって!!

【買ってやるって!】PS4版ファイプロ最新作「ファイヤープロレスリング・ワールド」の発売日が8月9日に決定だって!!

全国4000万人のファイプロ大好き人間たちよ……待たせたな? ついに……ついにPS4版ファイプロ最新作『ファイヤープロレスリング・ワールド』の発売日が2018年8月9日、つまり8.9(ハチテンキュウ)に決定したゾォォォオオオオオ!これはファ.. 続きを読む

スティーブ・ウイリアムス 不死身のドクター・デス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第79話>

スティーブ・ウイリアムス 不死身のドクター・デス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第79話>

アメリカのレスリング・ポリティックスを毛嫌いし、日本のリングでその才能を開花させたエリート・アスリート。新日本プロレス、全日本プロレスの日本の2大メジャー団体で15年以上にわたりメインイベンターのポジションをキープしつづけ.. 続きを読む

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

顔はあまり似ていないけれど、体つきとレスリング・スタイルはうりふたつの正真正銘の兄弟コンビ。ごついアゴひげをたくわえて髪をクルーカットにしているほうが兄リック(身長180センチ、体重127キロ)で、背がちょっとだけ高くて髪が長.. 続きを読む

いま大人気の新日本プロレス。若き次世代エース・SHO&YOHが登場!

いま大人気の新日本プロレス。若き次世代エース・SHO&YOHが登場!

最近のプロレス人気を圧倒的な力で牽引する、老舗団体「新日本プロレス」。そのなかでも高い注目度を誇る大会が、この時期恒例の『BEST OF THE SUPER Jr. 』。今回で25回目となる歴史あるシリーズで、今年は5月18日から開幕します。この.. 続きを読む

ザ・グレート・ムタ アメリカのMUTAと日本のムタ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第77話>

ザ・グレート・ムタ アメリカのMUTAと日本のムタ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第77話>

ザ・グレート・ムタは武藤敬司の“化身”である。アメリカにはケイジ・ムトウという素顔の日本人レスラーは存在しない。武藤のなかでは“武藤”と“ムタ”はまったく異なるふたつの人格、あるいは武藤自身が好んで使う表現を用いれば、別べつの.. 続きを読む

すっぽん抱えてドタバタの「崖っぷちホテル!」は吉本新喜劇だった。視聴率も大逆転なるのか4話

すっぽん抱えてドタバタの「崖っぷちホテル!」は吉本新喜劇だった。視聴率も大逆転なるのか4話

岩田剛典の初主演ドラマ『崖っぷちホテル!』。借金とダメ社員だらけの名門ホテルが“崖っぷち”からの大逆転を目指して奮闘する姿を描くコメディーだ。先週放送された第4回の視聴率は7.0%。第2回でガクンと落ちたが、その後はじわじわと.. 続きを読む

“ヒットマン”ブレット・ハート 心のシャープシューター――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第74話>

“ヒットマン”ブレット・ハート 心のシャープシューター――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第74話>

1990年代を代表するスーパースターで、ビンス・マクマホンをぶん殴ってWWEをやめたただひとりのスーパースターだった。1984年から1997まで14年間、WWEに在籍し、リングの上の主人公であったと同時にドレッシングルームのリーダーとしてレ.. 続きを読む

松井珠理奈、新日本プロレス“オカダ・カズチカ VS 棚橋弘至”にワクワク

松井珠理奈、新日本プロレス“オカダ・カズチカ VS 棚橋弘至”にワクワク

SKE48の松井珠理奈が、5月2日に発売されたばかりのプロレス専門雑誌『週刊プロレス』を手する姿をSNSに公開した。“オカダ VS 棚橋のどんたく決戦直前特集”のページを見ながらうっとりするような彼女の表情に「珠理奈ちゃん可愛い 好きな.. 続きを読む

バンバン・ビガロ 頭にタトゥーを彫った職人レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第72話>

バンバン・ビガロ 頭にタトゥーを彫った職人レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第72話>

頭のてっぺんに炎のタトゥーを彫ったモンスター。身長6フィート3インチ(約190センチ)、体重325ポンド(約148キロ)の超巨漢タイプだったが、ひじょうに身が軽く運動神経のいいレスラーだった。だるまさんが転がるようなカート・ホイー.. 続きを読む

ベイダー ニッポンの“最強ガイジン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第71話>

ベイダー ニッポンの“最強ガイジン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第71話>

スタン・ハンセンと並ぶ日本のプロレス現代史における“ナンバーワン・ガイジン”である。ビートたけしのTPG(たけしプロレス軍団)の刺客として新日本プロレスのリングに登場し、デビュー戦でいきなりアントニオ猪木から完全フォール勝ち.. 続きを読む

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

“ミスター・パーフェクト”は単なるニックネームでもリング上のキャラクターでもなく、カート・ヘニングそのものだった。完ぺきなプロレスラー。完ぺきな夫。完ぺきな父親。完ぺきな息子。完ぺきな友だち。ヘニングは、パーフェクトとはい.. 続きを読む

史上初のV12なるか!? 5月4日はオカダvs棚橋のIWGPヘビー級選手権!

史上初のV12なるか!? 5月4日はオカダvs棚橋のIWGPヘビー級選手権!

新日本プロレスは5月3日、4日に行われる『濵かつ Presents レスリングどんたく 2018』の全カードを発表した。注目は何と言っても4日のメインイベントに置かれた「IWGPヘビー級選手権試合」。4月1日の両国大会でザック・セイバーJr.を下し.. 続きを読む

テッド・デビアス “億万長者”から神の救いへ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第67話>

テッド・デビアス “億万長者”から神の救いへ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第67話>

アメリカではテッド・デビアスよりも“ミリオンダラー・マン”というキャラクター・ネームのほうがはるかに知名度が高い。1980年代から1990年代にかけてのWWEの長編ドラマのもっとも重要な登場人物のひとりで、ハルク・ハーガン、ランディ.. 続きを読む

“カウボーイ”ボブ・オートン レスラー仲間からリスペクトされたバンプ=受け身――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第65話>

“カウボーイ”ボブ・オートン レスラー仲間からリスペクトされたバンプ=受け身――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第65話>

ロディ・パイパー、ポール・オーンドーフとともに1980年代前半のWWEの大悪役トリオとして活躍した。パイパーがおしゃべりの達者なグループのリーダー格、オーンドーフが元プロ・フットボール選手の筋金入りのアスリートといった役どころ.. 続きを読む

ポール・オーンドーフ “レッスルマニア世代”の大物ヒール――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第64話>

ポール・オーンドーフ “レッスルマニア世代”の大物ヒール――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第64話>

ポール・オーンドーフは、ビンス・マクマホンの“1984体制”の全米マーケット進出プロジェクトの準備段階で“南部NWA”からリクルートされた第1グループのひとりだったWWE世界ヘビー級王者になったばかりのハルク・ホーガンの全米ツアーでの.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。