文春の最新情報

文春 に関するニュース検索結果   2398件

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イコール結婚ではない縁の何たるかについて教えてくれたのが、1985.. 続きを読む

西内まりや、事務所「決別」で引退危機…バーニングを敵に回し、芸能界干され状態か

西内まりや、事務所「決別」で引退危機…バーニングを敵に回し、芸能界干され状態か

昨年1月期クールのフジ“月9”『突然ですが、明日結婚します』で主演して以降、目立った活動をみせていなかった歌手で女優の西内まりやが、20日に発売された「女性自身」(光文社)で現在の心境を語った。昨年11月発売の「週刊文春」(文藝.. 続きを読む

好感度女優・菅野美穂が、神田うの“成金ママ友会”のメンバーに!? 「イメージ崩れる」と落胆の声

好感度女優・菅野美穂が、神田うの“成金ママ友会”のメンバーに!? 「イメージ崩れる」と落胆の声

俳優・堺雅人の妻で女優の菅野美穂が参加した“ママ友会”の参加メンバーを見たファンから、「ショック」「友だち選んでほしい」「イメージ崩れる」といった声が相次いでいる。2013年に堺と結婚し、現在2歳半の男児を子育て中の菅野。昨年1.. 続きを読む

ジャニーズJr.大賞1位・ 岩橋「失言で批判続出」、2位・永瀬「女関係のウワサ」の過去

ジャニーズJr.大賞1位・ 岩橋「失言で批判続出」、2位・永瀬「女関係のウワサ」の過去

今春にCDデビューを控えるKing&Princeの岩橋玄樹が、「Myojo」(集英社)2018年4月号の「恋人にしたいJr.」ランキングで5連覇の偉業を達成した。デビュー前ラストの「Jr.大賞」で前人未到の結果を残し、ファンからは祝福の声が相次いで.. 続きを読む

鳥越俊太郎、都知事選出馬はつい、うっかり!?

鳥越俊太郎、都知事選出馬はつい、うっかり!?

2月22日深夜放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)では「地獄を味わった男大暴露SP」を放送。その中でジャーナリストの鳥越俊太郎が、4度のがんとの壮絶な戦いから、2016年の都知事選挙の知られざる裏側.. 続きを読む

谷亮子、国民的スターから「嫌いな女」への転落に見る「女性アスリートとテレビ」の無情な関係

谷亮子、国民的スターから「嫌いな女」への転落に見る「女性アスリートとテレビ」の無情な関係

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の有名人> 「本当にしつこい」安藤美姫 『サンデー・ジャポン』(.. 続きを読む

志村けん、誕生日パーティの裏事情ーー女性タレントが「泣く泣く参加してる」ワケ

志村けん、誕生日パーティの裏事情ーー女性タレントが「泣く泣く参加してる」ワケ

恒例となっている、志村けんの誕生日パーティが、今年も各メディアで取り上げられている。志村がブログにアップした写真には、珍しくすっぴんのマツコ・デラックスが写っており、ネット上で驚きの声が飛び交ったほか、2月22日発売の「週.. 続きを読む

“ハラスメント降板”元NHK登坂淳一に新たに浮上した「大学院進学」

“ハラスメント降板”元NHK登坂淳一に新たに浮上した「大学院進学」

NHK時代は「麿」の愛称で親しまれた登坂淳一アナと言えば、今年4月からスタートするフジテレビの「プライムニュース」のキャスターに内定していたものの、「週刊文春」にハラスメント疑惑を報じられ、同番組への出演を辞退。NHK退社後は.. 続きを読む

松本人志のアマゾンプライム『ドキュメンタル』のセクハラが酷すぎる! 能町みね子も批判

松本人志のアマゾンプライム『ドキュメンタル』のセクハラが酷すぎる! 能町みね子も批判

浜田雅功がエディ・マーフィーのコスプレという設定で顔を黒塗りにしたことが、日本のみならず、イギリスBBCやアメリカのニューヨークタイムズでも報じられるなど、国際的な問題となった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日.. 続きを読む

工藤静香「嫌いな歌手」アンケート1位に 「嫌いな夫婦」に続き2冠

工藤静香「嫌いな歌手」アンケート1位に 「嫌いな夫婦」に続き2冠

2月20日発売の「週刊女性」が「好きな女、嫌いな女」アンケートを特集。「嫌いな歌手、アイドル部門」で、AKBや浜崎あゆみを抑え、工藤静香が1位に選ばれた。「SMAP騒動のときに嫌いになった。夫の仕事に口を出すのがイヤ」との理由が挙.. 続きを読む

坂上忍がフジ上層部の“2つの口癖”に不快感!? 『みなおか』後番組も短命に……

坂上忍がフジ上層部の“2つの口癖”に不快感!? 『みなおか』後番組も短命に……

4月からTBSの日曜午後8時と、フジテレビの木曜午後9時で、それぞれスタートする2本の新番組が加わり、レギュラー番組が計7本になる坂上忍。よわい50にして、今や芸能界で1、2を争う超売れっ子となった。「とりわけフジの新番組は、30年の.. 続きを読む

賛成の人も多いが、未だ本格的な議論はなし…「安楽死」をどう考える?

賛成の人も多いが、未だ本格的な議論はなし…「安楽死」をどう考える?

先月、評論家の西部邁さんが自ら命を断った。西部さんの生前の言動から、"自殺"ではなく"自裁死"という表現で一報を伝えたメディアもあった。「終活」や「エンディングノート」といった言葉が登場するなど、人々の間で自らの死への関心が.. 続きを読む

眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」

眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(1)「母親だけの問題じゃない」

よくできたおとぎ話のように、「ロイヤル・プリンセス」をみごとに射止めた「海の王子」。だが、突如として浮上した借金トラブル醜聞が引き起こしたのは、ふたりのウエディングの延期だけにとどまらなかった。その水面下では、皇室と政界.. 続きを読む

工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?

工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?

歌手の工藤静香が、「嫌いな夫婦」ランキングに続き「嫌いな歌手・アイドル」ランキングでも首位となってしまった。工藤は、昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「嫌いな夫婦」ランキングで、夫・木村拓哉と共にダントツ1位に.. 続きを読む

西内まりや、“ビンタ事件”から引退説否定も「誰だっけ」「もう需要ない」と冷ややかな声

西内まりや、“ビンタ事件”から引退説否定も「誰だっけ」「もう需要ない」と冷ややかな声

歌手・女優の西内まりやが、11月23日発売号の「週刊文春」(文藝春秋)より報じられた“事務所トラブル”。以降、まことしやかに囁かれる引退説を「考えていない」と自ら否定した。ファンからは喜びの声が上がっているが、ネット上では「も.. 続きを読む

次長課長・河本、生放送で妻に「愛の告白」が一転、まさかの不倫告白!?

次長課長・河本、生放送で妻に「愛の告白」が一転、まさかの不倫告白!?

2月18日にAbemaTVで放送された「ダチゲー」に、ネット上で不倫が囁かれる次長課長・河本準一が出演。ダチゲーとは、旧知のゲストが「友達感覚でゆるーくゲームを楽しむ」をコンセプトにし、ゲームの敗者はその場で決められた罰ゲームを受.. 続きを読む

堀尾正明もランク外!好きなMCゼロの「ビビット」の寂しい人気度

堀尾正明もランク外!好きなMCゼロの「ビビット」の寂しい人気度

2月15日発売の「週刊文春」が「好きな・嫌いなキャスター&コメンテーター」の2018年のランキングを発表。明暗を明けたのは、朝の情報番組だ。「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)のMCを担当するフリーアナウンサーの羽鳥慎.. 続きを読む

「竹林不貞」フジ秋元優里に待ち受ける“女子アナ職はく奪”の厳寒運命!

「竹林不貞」フジ秋元優里に待ち受ける“女子アナ職はく奪”の厳寒運命!

1月発売の「週刊文春」に番組プロデューサーとの不貞疑惑を報じられたフジテレビの秋元優里アナ。彼女に対するフジ上層部の怒りは、平昌に吹き荒れる暴風さながらに、冷たく、すさまじいという。「秋元アナはもともと、『ニュースJAPAN』.. 続きを読む

石原さとみが山下智久を「大事なあの日」に自宅へ呼び出したワケ

石原さとみが山下智久を「大事なあの日」に自宅へ呼び出したワケ

2月15日発売の「週刊文春」が、テレビドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の撮影現場での石原さとみの様子を伝えた。記事によると、石原は同ドラマの撮影期間中に山下智久と破局したという。「文春の取材によると、山下は石原を親に紹介し.. 続きを読む

夫は年収2000万でも、妻は時給125円で家事「高収入男ってケチ…」

夫は年収2000万でも、妻は時給125円で家事「高収入男ってケチ…」

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。「年収2000万円の男性と結婚したい」――そんな女性も少なからずいるものです。ところが、高収入の男はケチな場合が多いものです。奥さんに収入全部を任せて好きに使わせるという高収入の男性.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。