改造車の最新情報

改造車 に関するニュース検索結果   104件

絶滅危惧車のツインハイブリッド、実は“改造車”扱いの車だった!?

絶滅危惧車のツインハイブリッド、実は“改造車”扱いの車だった!?

▲車両本体価格49万円~という低価格で登場したスズキ ツイン。実はハイブリッドモデルも存在していたのだ! 軽自動車では初めてのハイブリッドモデル1999年、東京モーターショーにて2人乗りのシティコミューター「Pu-3コミュータ」がスズ.. 続きを読む

最高速仕様のRE雨宮シャンテが速すぎてヤバい! その2【OPTION 1982年6月号より】

最高速仕様のRE雨宮シャンテが速すぎてヤバい! その2【OPTION 1982年6月号より】

その1で「ゼロヨン仕様・RE雨宮シャンテRE」1号車をご紹介しました。見た目のインパクトやRE雨宮流の製作アイデアは、もう笑っちゃうくらいのド迫力でしたよね。さすがチューニング史のトップに君臨する名車です。今回の「最高速仕様・雨.. 続きを読む

『メイズ・ランナー』最終章、アクション全開の日本版予告が到着

『メイズ・ランナー』最終章、アクション全開の日本版予告が到着

『メイズ・ランナー』シリーズの完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の日本公開日が6月15日に決定。併せて、ド迫力なアクションシーン満載の日本版オリジナル予告が解禁された。【関連】シリーズ2作目『メイズ・ランナー2:砂漠の迷.. 続きを読む

【魔改造】トヨタのスターレットに「ハヤブサ」のスズキエンジンを積んで爆走するとこうなるっていう動画

【魔改造】トヨタのスターレットに「ハヤブサ」のスズキエンジンを積んで爆走するとこうなるっていう動画

トヨタの名車のひとつに「スターレット」がある。1973年の発表から同社を代表するコンパクトカーとして名を馳せるも、惜しまれながら1999年で販売が終了。現在、モデルによって同車の中古はプレミア価格で取引されるほどの人気を誇る。さ.. 続きを読む

改造車の聖地、横浜・大黒PAの今――実態は紳士が集う改造車の博覧会!?

改造車の聖地、横浜・大黒PAの今――実態は紳士が集う改造車の博覧会!?

スポーツカーの助手席に美女を乗せ、ビルのネオンが輝く首都高を走り抜ける。ベタといえばベタだが、一度でいいから叶えてみたい男の夢である。しかし、スポーツカーを買うお金などないという問題はさておき、筆者には一抹の不安がある。.. 続きを読む

【戦慄】ヤンキーのバイブル「チャンプロード」の元編集者に聞いた『もっともヤバい出来事』がマジでヤバいッ!!

【戦慄】ヤンキーのバイブル「チャンプロード」の元編集者に聞いた『もっともヤバい出来事』がマジでヤバいッ!!

ヤンキーのバイブルといえば、もちろん「チャンプロード」である。1987年創刊の旧車・改造車に関する雑誌で、2016年に雑誌は休刊。現在は、ゲームアプリ「暴走列伝 単車の虎」内で、その内容の一部を継承している。いまや伝説となったそ.. 続きを読む

20年前の記憶を呼び覚まし『アルテッツァ AS200』に乗った。やっぱり、いい車だった

20年前の記憶を呼び覚まし『アルテッツァ AS200』に乗った。やっぱり、いい車だった

▲トヨタ アルテッツァにおよそ20年ぶりに試乗。デビュー当時のいいイメージはどこまで維持されているのだろうか 「ねぇいい車があるよ」とオススメしたのは1G-FE搭載のアルテッツァ AS200編集部の大平君こと“てんちょ~”が車を買いたいら.. 続きを読む

【魔改造バイク】完全冬仕様で雪上を爆走する「スズキ・GSX−R1000」がマジでスゲぇ…

【魔改造バイク】完全冬仕様で雪上を爆走する「スズキ・GSX−R1000」がマジでスゲぇ…

雪による交通機関の混乱が目立った2018年の冬。2月も終盤を迎えてそろそろ春の足音が聞こえる頃だが、雪山周辺での運転には今後もまだまだ注意が必要だ。“雪上” といえば、ゆっくり移動するのが常識。猛スピードで乗り物を運転するなんて.. 続きを読む

【公式魔改造】日産が作った “ 雪山もへっちゃら” な「フェアレディZ」がワイルドすぎる!

【公式魔改造】日産が作った “ 雪山もへっちゃら” な「フェアレディZ」がワイルドすぎる!

2018年に入ってから、雪に関するニュースが続いている日本列島。こうまで雪が降ると、飛行機や列車など、様々な交通機関の運行に影響が出るから大変だ。特に車はモロに影響を受けるが、何やら海外には雪山もへっちゃらな改造車があるらし.. 続きを読む

東京オートサロン2018で気になったクルマたちまとめ

東京オートサロン2018で気になったクルマたちまとめ

Photo: 野間恒毅 今年も熱気ムンムンですよ。2018年1月12日~14日、カスタムカーの祭典・東京オートサロンが幕張メッセで開催され今年はなんと3日間で31万9030名を集客! この規模はF1観客動員数14.. 続きを読む

“美女と車”に30万人が熱狂!「TOKYO AUTO SALON 2018」開催される

“美女と車”に30万人が熱狂!「TOKYO AUTO SALON 2018」開催される

1/12・13・14、千葉・幕張メッセで「TOKYO AUTO SALON 2018」が開催された。同イベントは、有名自動車メーカーや各種ドレスアップパーツの企業が出展する世界最大級のカスタムカーイベント。1983年に「東京エキサイティングカーショー」.. 続きを読む

平成のスタートとともにチューニングパワー炸裂! 昔の東京オートサロンを見てみよう!その3【Play Back the OPTION Spin off】

平成のスタートとともにチューニングパワー炸裂! 昔の東京オートサロンを見てみよう!その3【Play Back the OPTION Spin off】

さて、その3で東京エキサイティングカーショー~東京オートサロンを見てみよう…は締めといきましょう。平成です。世の中はもちろん、チューニングの世界も新たな時代のスタートです。この時代はそう、チューニング業界を一変させたといっ.. 続きを読む

「東京オートサロン」に名称変更されたのは「あぶない刑事」と同じ1987年から。昔の東京オートサロンを見てみよう!その2【Play Back the OPTION Spin off】

「東京オートサロン」に名称変更されたのは「あぶない刑事」と同じ1987年から。昔の東京オートサロンを見てみよう!その2【Play Back the OPTION Spin off】

前回、「東京エキサイティングカーショー」の時代、1983年から1986年の4回分をチェックしました。今回は「東京オートサロン」と名称変更された1987年からのショーマシンを見ていきましょう。切った貼った!?の武骨でカッコ良い改造車から.. 続きを読む

「改造車の祭典」はオイルと排ガスの香りが漂っていた!? 昔の東京オートサロンを見てみよう! その1【Play Back the OPTION Spin off】

「改造車の祭典」はオイルと排ガスの香りが漂っていた!? 昔の東京オートサロンを見てみよう! その1【Play Back the OPTION Spin off】

いよいよ2018年東京オートサロンが1月12~14日、千葉県・幕張メッセにて行われます。clicccarでも事前情報が多く掲載されていますので、今からワクワクしていらっしゃる方も多いでしょう!東京オートサロンの前身は1983年から始まった「.. 続きを読む

大阪府Kに聞きました! 80年代・大阪環状24時間ドキュメント【OPTION1982年10月号】

大阪府Kに聞きました! 80年代・大阪環状24時間ドキュメント【OPTION1982年10月号】

前回の東名全開族に続き、今回は大阪環状族です。大阪環状は一種独自な走りのステージ!?で、関東でいうトコロの首都高に相当しますね。ループ状のこの走りのステージは、夜な夜なチューンドマシンたちによる熱きバトルが繰り広げられてい.. 続きを読む

Amazon制作「トップ・ギア」後継番組が大好評

Amazon制作「トップ・ギア」後継番組が大好評

(C)Shutterstockインターネット動画配信サービス『Amazonプライムビデオ』で人気の自動車バラエティー番組『グランド・ツアー』のシーズン2が、約1年の期間を経て12月8日から公開され、車好きを歓喜させている。『グランド・ツアー』は.. 続きを読む

【魔改造】最高時速100キロのシニアカーが二度見せずにはいられない爆速仕様

【魔改造】最高時速100キロのシニアカーが二度見せずにはいられない爆速仕様

飽くなき人間の探究心は、今も昔も変わらない。何事もやってみなければ分からず、正否はチャレンジ精神から生まれていると言ってもいいだろう。現に発明王のエジソンは、幼い頃から「なぜ? どうして?」と質問ばかりしていたことで知ら.. 続きを読む

実録! 80年代初頭に世間をお騒がせした東名全開族とは?【OPTION1983年8月号】

実録! 80年代初頭に世間をお騒がせした東名全開族とは?【OPTION1983年8月号】

「東名全開族25時の狂走曲 サタディ・ナイト・ラプソディ」…なんとまぁOPTIONらしい過激なタイトルです。この記事は当時、問題視されていた「東名全開族」とはどんなものなのか?の覗き見実録レポートです。東名全開族とは、OPTや他クル.. 続きを読む

チューニングメーカー「HKS」初代社長・長谷川浩之の熱き魂に迫った!【OPTION 1983年7月号より】

チューニングメーカー「HKS」初代社長・長谷川浩之の熱き魂に迫った!【OPTION 1983年7月号より】

前々回に紹介しました、セリカXX「M300」にて国産車初の300km/hオーバー、301.25km/hを記録した大チューニングメーカー・HKSの初代社長・長谷川浩之さんと、OPTION誌零代編集長・Dai稲田の「フルブースト放談」とタイトルされたのが、今.. 続きを読む

ここはエンドアか?! DIYした『スター・ウォーズ』のスピーダーバイクが街を駆け抜ける

ここはエンドアか?! DIYした『スター・ウォーズ』のスピーダーバイクが街を駆け抜ける

Image: Jesse/YouTube そりゃ驚きます。『スター・ウォーズ』シリーズでもっとも人気の高い乗り物といえば、ミレニアム・ファルコン。でも「自分が実際に乗ってみたい乗り物のは?」と聞かれたら『.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。