戸田恵子の最新情報

戸田恵子 に関するニュース検索結果   176件

優香が初舞台を踏んだ三谷幸喜の作・演出作品『酒と涙とジキルとハイド』再演に意気込み

優香が初舞台を踏んだ三谷幸喜の作・演出作品『酒と涙とジキルとハイド』再演に意気込み

2014年に初演された三谷幸喜によるコメディ『酒と涙とジキルとハイド』。片岡愛之助、優香、藤井隆、迫田孝也という初演メンバーが再集結して、4年ぶりに再演することになった。初演時、意外にも初舞台だった優香に、作品の魅力や思いを.. 続きを読む

アニメ化50周年「ゲゲゲの鬼太郎」超絶美少女ねこ娘、スマホに夢中になる野沢雅子の目玉おやじ愛らしい

アニメ化50周年「ゲゲゲの鬼太郎」超絶美少女ねこ娘、スマホに夢中になる野沢雅子の目玉おやじ愛らしい

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第6期がスタートした(毎週日曜9時フジテレビほか)。アニメ化は2007年スタートの第5期から数えると約10年ぶり。モノクロだった第1期は1968年スタートだから、今年はアニメ化50周年ということになる。ちなみに筆.. 続きを読む

絵本から人形アニメ、CG、実物まで!?進化し続ける「トーマス」の意外な歴史

絵本から人形アニメ、CG、実物まで!?進化し続ける「トーマス」の意外な歴史

TVアニメだけでなく、春のファミリームービーとしても定着し、最新作『映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険』が本日から公開されているトーマス。架空の島ソドー島を舞台に機関車をモチーフとした個性豊かなキャラクター達の.. 続きを読む

第43回菊田一夫演劇賞大賞は『ビリー・エリオット』上演関係者に!演劇賞は城田優、神田沙也加ら

第43回菊田一夫演劇賞大賞は『ビリー・エリオット』上演関係者に!演劇賞は城田優、神田沙也加ら

第43回聞菊田一夫演劇賞が、2018年4月4日(水)に発表された。菊田一夫演劇賞とは、大衆演劇の舞台ですぐれた業績を示した芸術家(作家、演出家、俳優、舞台美術家、照明、効果、音楽、振付、その他のスタッフ)に贈られる賞。今回は、大.. 続きを読む

『ビリー・エリオット』、第43回菊田一夫演劇大賞に! 高い舞台効果

『ビリー・エリオット』、第43回菊田一夫演劇大賞に! 高い舞台効果

第43回菊田一夫演劇賞が4日発表となり、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同が菊田一夫演劇大賞に輝いた。同賞は、演劇界の巨星・菊田一夫氏の名を冠し、大衆演劇の舞台ですぐれた業績を示した芸術家(.. 続きを読む

第43回菊田一夫演劇賞「大賞」に『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同、「演劇賞」に城田優さん・戸田恵子さん・神田沙也加さん・原田諒さん、「特別賞」に甲斐正人さん

第43回菊田一夫演劇賞「大賞」に『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同、「演劇賞」に城田優さん・戸田恵子さん・神田沙也加さん・原田諒さん、「特別賞」に甲斐正人さん

第43回菊田一夫演劇賞が発表された。「菊田一夫大賞」には『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同が選ばれた。受賞理由はミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の高い舞台成果に対して。 『ビリー.. 続きを読む

声優・三森すずこ インタビュー『遠回りをしたとしても、いつか目標に辿り着ける』

声優・三森すずこ インタビュー『遠回りをしたとしても、いつか目標に辿り着ける』

数々の人気アニメ、ゲームのキャラクターボイスを担当し、アーティスト、ミュージカル俳優と幅広く活躍している三森すずこさん。今回、タウンワークの新CMのAIキャラクターの声を担当いただくことになりました。CMのアフレコを終えての感.. 続きを読む

ドラゴンズのホーム開幕戦で戸田恵子が国歌独唱! 始球式はミス日本グランプリ・市橋

ドラゴンズのホーム開幕戦で戸田恵子が国歌独唱! 始球式はミス日本グランプリ・市橋

中日ドラゴンズはナゴヤドームでの開幕戦となる4月3日(火)における、始球式・国歌独唱の出演者を発表した。対戦相手は読売ジャイアンツ。始球式を行うのは、第50回ミス日本コンテストにて2018ミス日本グランプリに輝いた市橋礼衣(いち.. 続きを読む

バラエティ関係者が告白! 松岡茉優、広瀬アリス、新川優愛ら“トーク”がイケる女優たち

バラエティ関係者が告白! 松岡茉優、広瀬アリス、新川優愛ら“トーク”がイケる女優たち

俳優が避けて通れない仕事に「番宣」がある。ドラマや映画の宣伝でバラエティ番組に出演することがそれだ。「出演番組を選ぶのは俳優本人より、映画の配給会社や事務所の意向が大きい。ゴールデンの番組から優先的に出演が決まっていく中.. 続きを読む

 昼ドラ好き大絶賛!『やんごとなき一族』に嫁いだ庶民妻のドロドロ日記

昼ドラ好き大絶賛!『やんごとなき一族』に嫁いだ庶民妻のドロドロ日記

『やんごとなき一族(1)』(著:こやま ゆかり)昼ドラがこんなに似合いそうな作品もなかなかないわ。等身大の女性がドロドロの人間関係に巻き込まれていく様に目が離せなくなる描写といえば、こやまゆかり先生。『ホリデイラブ』の原.. 続きを読む

鬼太郎が放つ原作にはないシュールな台詞は必見!

鬼太郎が放つ原作にはないシュールな台詞は必見!

BINGO5と、ゲゲゲの鬼太郎がコラボしたTVCM「ビンゴ5『鬼太郎と目玉おやじ篇』と『鬼太郎と砂かけばばあ篇』、さらにはWEB動画「潜入!『ゲゲゲの鬼太郎』篇TVCM制作現場」が1月20日より公開となった。TVCMは、全2パターンが放送され、19.. 続きを読む

三谷幸喜が「楽しんでもらえる」と豪語する舞台『ショーガール』が本日開幕

三谷幸喜が「楽しんでもらえる」と豪語する舞台『ショーガール』が本日開幕

脚本・作詞・構成・演出を三谷幸喜が務める『ショーガール』が1月8日(月)EXシアター六本木にて開幕した。開幕前日の7日にはゲネプロが行われ、三谷幸喜、川平慈英、シルビア・グラブの3名から意気込みコメントが寄せられた。1974年から.. 続きを読む

大人の恋バナを歌と踊りで描く『ショーガール』開幕!三谷幸喜、川平慈英、シルビア・グラブからコメントも

大人の恋バナを歌と踊りで描く『ショーガール』開幕!三谷幸喜、川平慈英、シルビア・グラブからコメントも

2018年1月8日(月・祝)から、東京・EXシアター六本木にて『ショーガール Vol.2~告白しちゃいなよ、you~』が開幕する。本作は、三谷幸喜が書き下ろした新作を、川平慈英とシルビア・グラブが歌って踊って演じる大人のステージ。初日前.. 続きを読む

Koki MITANI's 『ショーガール』Vol.2稽古場訪問、川平慈英&シルビア・グラブにインタビュー

Koki MITANI's 『ショーガール』Vol.2稽古場訪問、川平慈英&シルビア・グラブにインタビュー

1974年から1988年までシリーズ上演された伝説のショー『ショーガール』(福田陽一郎脚本・構成・演出)の世界を、再びパルコ劇場へ――。そんなコンセプトで企画された三谷幸喜版『ショーガール』は、川平慈英とシルビア・グラブのコンビで.. 続きを読む

アンパンマンファミリー全員で鶴さん偲ぶ会

アンパンマンファミリー全員で鶴さん偲ぶ会

声優の平野綾(30歳)が12月30日、自身のInstagramで、11月16日に大動脈解離のため亡くなった、声優の鶴ひろみさん(享年57/ドキンちゃん役)を偲ぶ会が開かれたことを報告。アンパンマンファミリーの集合写真を公開している。平野はこ.. 続きを読む

「妖怪ウォッチ」もリスペクト!妖怪界の大先輩「ゲゲゲの鬼太郎」のスゴさとは?

「妖怪ウォッチ」もリスペクト!妖怪界の大先輩「ゲゲゲの鬼太郎」のスゴさとは?

現在公開中の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は、劇場版アニメ第4弾にして登場人物を一新。ケータの娘ナツメを主人公にした30年後の物語だ。さらに妖怪アニメの大先輩「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボが実現し、劇中では主.. 続きを読む

戸田恵子、鶴ひろみさん不在のアンパンマン収録へ 「何度横を見てもいない」と涙

戸田恵子、鶴ひろみさん不在のアンパンマン収録へ 「何度横を見てもいない」と涙

(©ニュースサイトしらべぇ)しらべぇでも既報のとおり、『それいけ! アンパンマン』のドキンちゃんなどで知られる、声優の鶴ひろみさんの突然の訃報が伝えられ、悲しみの声が広がっている。そんな中、同作において30年間共演していた女.. 続きを読む

「アンパンマン」収録で鶴ひろみさんを追悼 いつもの席に戸田恵子が花束

「アンパンマン」収録で鶴ひろみさんを追悼 いつもの席に戸田恵子が花束

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役や「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役で知られる声優・鶴ひろみさんが16日、大動脈剥離のため亡くなった。19日には「それいけ!アンパンマン」の収録が行われ、アフレコに参加したキャスト.. 続きを読む

ドキンちゃん・鶴ひろみさんのいない収録 共演者が用意したものが涙を誘う

ドキンちゃん・鶴ひろみさんのいない収録 共演者が用意したものが涙を誘う

※写真はイメージ2017年11月16日、大動脈解離のため亡くなった声優の鶴ひろみさん。ドラゴンボールのブルマ役や、アンパンマンのドキンちゃん役で知られる鶴さんの人気は高く、国内のファンだけでなく海外でも悲しみの声が広がっています.. 続きを読む

『斜交~昭和40年のクロスロード』主演・近藤芳正、脚本・古川健が語る

『斜交~昭和40年のクロスロード』主演・近藤芳正、脚本・古川健が語る

茨城県に所縁のある人物や題材を取り上げ、創作を行って来た水戸芸術館ACM劇場。その新作は土浦市出身の刑事・平塚八兵衛をモデルに描かれた『斜交~昭和40年のクロスロード』だ。戦後復興の象徴となる東京オリンピックの狂騒の中、昭和3.. 続きを読む

TBS
前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。