恩田陸の最新情報

恩田陸 に関するニュース検索結果   64件

水戸芸術館が今秋、“おらが町の元気鉄道”ひたちなか海浜鉄道と町の人びとを描いた『海辺の鉄道の話』を制作で記者発表

水戸芸術館が今秋、“おらが町の元気鉄道”ひたちなか海浜鉄道と町の人びとを描いた『海辺の鉄道の話』を制作で記者発表

茨城県の県庁所在地・水戸市にある水戸芸術館が、ACM劇場プロデュース公演/未来サポートプロジェクトとして今年9月に『海辺の鉄道の話』を自主制作する。恩田陸の小説を原作にした音楽劇『夜のピクニック』(2016年/演出:深作健太、脚.. 続きを読む

全国の書店員が今いちばん売りたい本!2018年本屋大賞は辻村深月氏の『かがみの孤城』に決定

全国の書店員が今いちばん売りたい本!2018年本屋大賞は辻村深月氏の『かがみの孤城』に決定

(C)ORICON NewS inc. 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2018年本屋大賞』(本屋大賞実行委員会主催)発表会が10日、都内で行われ、辻村深月氏の『かがみの孤城』(ポプラ社)が大賞に選ばれた。辻村氏は、1980年2月29日.. 続きを読む

中川晃教・三浦大知ら出演 恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」コンサートシリーズ 『ひかりを聴け』オーケストラコンサート~コトダマの音楽会partⅡ~の開催決定

中川晃教・三浦大知ら出演 恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」コンサートシリーズ 『ひかりを聴け』オーケストラコンサート~コトダマの音楽会partⅡ~の開催決定

直木賞・本屋大賞を受賞した、恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」コンサートシリーズ 『ひかりを聴け』オーケストラコンサート~コトダマの音楽会partⅡ~が、2018年5月17日・18日にBunkamuraオーチャードホールにて開催される。本コンサートは、原.. 続きを読む

三浦大知、中川晃教と千住 明がタッグ、恩田陸『蜜蜂と遠雷』コンサートシリーズ第2弾が決定

三浦大知、中川晃教と千住 明がタッグ、恩田陸『蜜蜂と遠雷』コンサートシリーズ第2弾が決定

直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸原作『蜜蜂と遠雷』のコンサートシリーズ 【「ひかりを聴け」オーケストラコンサート~コトダマの音楽会part II~】の開催が決定した。本コンサートは、5月17日・18日、東京・Bunkamuraオーチャードホー.. 続きを読む

松本まりか“あざとかわいくて怖い”でブレイク、『ホリデイラブ』視聴者を釘付けにした芸歴18年の力量

松本まりか“あざとかわいくて怖い”でブレイク、『ホリデイラブ』視聴者を釘付けにした芸歴18年の力量

金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系、金曜23時15分)が、3月16日ついに最終回を迎える。このドラマで一躍脚光を浴びたのは間違いなく、「不倫人妻」を演じた女優・松本まりか(33)だろう。『ホリデイラブ』で松本まりかが.. 続きを読む

最古のクラシック・レーベル“ドイツ・グラモフォン”創立120周年を祝し、恩田陸、坂本龍一、棋士 佐藤天彦からコメント到着

最古のクラシック・レーベル“ドイツ・グラモフォン”創立120周年を祝し、恩田陸、坂本龍一、棋士 佐藤天彦からコメント到着

クラシック界を代表する巨匠から新たな才能まで、常に時代を代表するトップ・アーティストたちが所属し、最近ではポスト・クラシカルなど最新の音楽にも注力し、総売り上げ枚数が10億枚を超える、最古のレーベル“ドイツ・グラモフォン”の.. 続きを読む

日本音コンを制した2000年生まれのピアニスト吉見友貴にインタビュー

日本音コンを制した2000年生まれのピアニスト吉見友貴にインタビュー

2017年、音楽コンクールを題材とした小説『蜜蜂と遠雷』(恩田陸 著)が、直木賞と本屋大賞をW受賞して大きな話題となった。クラシック音楽の演奏家にとって大きなコンクールで優勝を獲れるかどうかというのは、その後の人生を大きく左右.. 続きを読む

NHK
山崎育三郎らイケメン俳優の朗読番組『おやすみ王子』完全版が放送!

山崎育三郎らイケメン俳優の朗読番組『おやすみ王子』完全版が放送!

2017年12月に放送して好評だった『おやすみ王子』の完全版が、2月12日23時からEテレで放送される。同番組は、眠る前、誰かに「おやすみ」とささやいてほしい、そんな日本の女性たちを安らかな眠りへといざなう大人のための朗読番組。眠れ.. 続きを読む

現役京大院生の書店スタッフが選ぶ『人生を狂わす名著50』選書全リストが公開に

現役京大院生の書店スタッフが選ぶ『人生を狂わす名著50』選書全リストが公開に

全国の書店で、京大院生の書店スタッフによるブックガイド『人生を狂わす名著50』三宅香帆(ライツ社・刊)が話題を呼び、重版3刷を突破している。この本は、2016年「はてなブックマーク数年間第2位」となり大きな話題を呼んだ記事を元に.. 続きを読む

ビッケブランカ 『蜜蜂と遠雷』東京公演を終えキャストと乾杯「らぶだわ…」

ビッケブランカ 『蜜蜂と遠雷』東京公演を終えキャストと乾杯「らぶだわ…」

Bunkamuraオーチャードホールで1月5日・6日と行われた『「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~』東京公演を終えて、キャストたちがグラスを交わした。その1人、ビッケブランカがSNSで「みなさん……らぶ.. 続きを読む

ビッケブランカのLINEラジオ 1月1日(月)元日より本格スタート!

ビッケブランカのLINEラジオ 1月1日(月)元日より本格スタート!

ビッケブランカが自身のレギュラートーク番組「ビッケブランカのLINEラジオ」軽快なピアノサウンドに乗せ、自在に響かせるファルセットボイスの新世代ソロシンガーソングライター、ビッケブランカ。7月5日(水)にリリースしたメジャーファ.. 続きを読む

「ビッケブランカのLINEラジオ」が本格スタート

「ビッケブランカのLINEラジオ」が本格スタート

軽快なピアノサウンドに乗せ、自在に響かせるファルセットボイスの新世代ソロシンガーソングライター、ビッケブランカ。2017年7月5日(水)にリリースしたメジャーファーストフルアルバム『FEARLESS』は、2017年度7月度タワレコメンに選出.. 続きを読む

2017年「年間書籍ベストセラー」にまさかの結果

2017年「年間書籍ベストセラー」にまさかの結果

Artush / PIXTA(ピクスタ)出版業界の不況が続くなか、2017年の年間ベストセラーにおいて極めて珍しい傾向が出て話題となっている。2017年の1位に輝いたのは佐藤愛子著の『九十歳。何がめでたい』だった。購読者に挙げられるのは、同年代.. 続きを読む

【コラム】物語の中のアートたち/恩田陸『図書館の海』の中のアンドリュー・ワイエス《農道》

【コラム】物語の中のアートたち/恩田陸『図書館の海』の中のアンドリュー・ワイエス《農道》

実在するアート作品が登場する物語を読むと、実際にその作品を目にした時、物語に出てきた場面や会話が甦り、よりいきいきと鑑賞することができる。また、文による緻密な描写は、深く充実した理解を促すだろう。ここでは絵画を効果的に使.. 続きを読む

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオら、直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』朗読劇に初挑戦!

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオら、直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』朗読劇に初挑戦!

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオらと共に初の朗読劇に挑戦!A.B.C-Zの橋本良亮、家入レオらが15日、都内で行われた「『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」の制作発表に出席。ソプラニスタの木村優一、.. 続きを読む

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオらが恩田陸作品の朗読劇に挑戦

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオらが恩田陸作品の朗読劇に挑戦

橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオらが15日、都内で行われた「『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」の制作発表に出席。ソプラニスタの木村優一、音楽監督を務める千住明、指揮者の澤村杏太朗、ピアニ.. 続きを読む

A.B.C-Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び

A.B.C-Z橋本良亮「今年の漢字は5周年の『五』」 共演の家入レオと偶然の漢字一致に大喜び

「直木賞・本屋大賞受賞 恩田陸『蜜蜂と遠雷』より 『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会~」の制作記者発表が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本良亮(A.B.C-Z)、家入レオほかが登場した。本.. 続きを読む

2017年に売れた電子書籍は? 「進撃の巨人」の人気続く

2017年に売れた電子書籍は? 「進撃の巨人」の人気続く

年々、利用する人が増える電子書籍。今年は何が売れたかというと・・・。ブックリスタ(東京)が電子書籍ストアの販売実績から集計した「ブックリスタ年間ランキング2017」によると、2017年の年間ランキング総合1位は「進撃の巨人」22巻.. 続きを読む

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」がA.B.C-Z橋本良亮、家入レオらでリーディング・オーケストラコンサートに

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」がA.B.C-Z橋本良亮、家入レオらでリーディング・オーケストラコンサートに

直木賞・本屋大賞をW受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」が、2018年1月にリーディング・オーケストラコンサートとして上演される。このコンサートは、若き表現者たちが歌と演奏と言葉を、まるで旋律のように組み合わせる新しい形の音楽会。出.. 続きを読む

吉岡里帆“六本木をジャージ姿で歩いた”思い出 『Women of the year』に輝く女優の意外な素顔

吉岡里帆“六本木をジャージ姿で歩いた”思い出 『Women of the year』に輝く女優の意外な素顔

各分野で活躍して影響力のあった女性に贈られる『VOGUE JAPAN Women of the year 2017』の授賞式が11月24日に行われ恩田陸(作家)、ブルゾンちえみ(お笑いタレント)、木村多江(女優)、吉岡里帆(女優)、MIKIKO(演出振付家)、KOM_.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。