性転換の最新情報

性転換 に関するニュース検索結果   191件

世界で初めて、トランスジェンダー女性が「母乳育児」を成功させた。

世界で初めて、トランスジェンダー女性が「母乳育児」を成功させた。

2008年、男性が世界で初めて妊娠・出産したとニュースになりました。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれているということに気づき、性転換手術をしたThomas Beatieさん。法的にも男性と認められ.. 続きを読む

性転換の僧侶・母子の不仲・Pの死…『ザ・ノンフィクション』で再び異色作

性転換の僧侶・母子の不仲・Pの死…『ザ・ノンフィクション』で再び異色作

●憎しみの消えない母を介護話題の作品が続くフジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、また異色の密着取材が行われていた。4日に放送される『わかりあえない食卓』の主人公は、高野山.. 続きを読む

GENKINGが女性に 性転換手術を受け戸籍上性別と名前を変更したことを発表

GENKINGが女性に 性転換手術を受け戸籍上性別と名前を変更したことを発表

【GENKING/モデルプレス=1月29日】昨年1月に“性同一性障害”の診断を受けていたタレントのGENKINGが、昨年5月28日にタイで性別適合手術を受け、同年7月に戸籍上の性別を女性に変更していたことを29日、明らかにした。また、翌8月には本.. 続きを読む

「女子的生活」志尊淳の美しすぎる女装とトランスジェンダーの本音【金10】

「女子的生活」志尊淳の美しすぎる女装とトランスジェンダーの本音【金10】

OTONA SALONEの読者のみなさま、ライターのスナイパー小林と申します。好きが高じてドラマ評を各所で書かせてもらっている私から、気になったドラマを紹介するコラム『ライター・スナイパー小林の”日々連れズレ”』。読んだら次の放送が楽.. 続きを読む

巨大魚バラマンディを育むオーストラリアは、希少生物のパラダイス

巨大魚バラマンディを育むオーストラリアは、希少生物のパラダイス

バラマンディは、東南アジアやオーストラリア北部、中国南部、ペルシャ湾などに広く生息するスズキ目の魚。大きくなると全長2m、体重は60kgにもなる巨大な肉食魚だ。主に世界の熱帯域の海原を泳ぐ海水魚でありながら、川や湖も往来できる.. 続きを読む

【そういえばこないだ夫…】Twitterで話題の画像まとめ(1/11 朝版)

【そういえばこないだ夫…】Twitterで話題の画像まとめ(1/11 朝版)

そういえばこないだ夫が「文学少女が大人しいという認識は間違っている。ほぼ体力がないから矛先が文学に行っているだけの気性の荒い人種だ」って言ってました。 — バタフライ・ストレージ(1)(2)発売中 (@icori_a) January 10, 2018   .. 続きを読む

「レディ・ガイ」腕利きの殺し屋が性転換手術で女に…ミシェル・ロドリゲスが心配になる

「レディ・ガイ」腕利きの殺し屋が性転換手術で女に…ミシェル・ロドリゲスが心配になる

殺し屋がハメられ、性転換手術で女に! 監督がウォルター・ヒルで、主演がミシェル・ロドリゲス! タイトルが『レディ・ガイ』(原題は違いますが)! そう言われちゃあ見ないわけにはいかないでしょ……。腕利きの殺し屋、いきなり女に.. 続きを読む

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/5号:『レディ・ガイ』、未体験ゾーン2018『68キル』『ゼット・インク』ほか

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/5号:『レディ・ガイ』、未体験ゾーン2018『68キル』『ゼット・インク』ほか

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。今週から忙しくなりますよ! なぜなら日本未公開のニッチでソリッドな映画の数々を上映しまくる特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』がスタートするから……。しかぁし!! 今週.. 続きを読む

LGBTQって何?いまさら聞けないセクシュアリティ用語とオススメ映画3選

LGBTQって何?いまさら聞けないセクシュアリティ用語とオススメ映画3選

「セクシュアリティ」という言葉を聞いたことはありますか? 恋愛や性的な興味の対象を意味する「性的指向」や、自分自身がどのような性別だと思うのかを意味する「性自認」などを表す言葉で、現代社会において欠かせないキーワードの一.. 続きを読む

人気女優ミシェル・ロドリゲスが性転換手術をした!? 2018年きっての珍作No.1に決定『レディ・ガイ』

人気女優ミシェル・ロドリゲスが性転換手術をした!? 2018年きっての珍作No.1に決定『レディ・ガイ』

ミシェル・ロドリゲスといえば、『ワイルド・スピード』(01)や『バイオハザード』(02)などの大ヒットシリーズでおなじみの人気アクション女優。アイパッチ姿で機関銃をぶっ放す『マチェーテ』(10)なんかサイコーだった。そんなミシ.. 続きを読む

“アニキ”と呼ばれる男気とタフネス!ミシェル・ロドリゲスが新たな伝説を生む!?

“アニキ”と呼ばれる男気とタフネス!ミシェル・ロドリゲスが新たな伝説を生む!?

ハリウッドで活躍する女優の中でも、ミシェル・ロドリゲスほど個性的な人はいない。『ワイルド・スピード』シリーズで、そこらの俳優がかなわないほど過激なアクションに挑んでいるのはご存知のとおり。女性ボクサーに扮した初主演作『ガ.. 続きを読む

性転換された殺し屋のトンデモ復讐劇『レディ・ガイ』ウォルター・ヒル監督インタビュー 「映画は自分のために作るもの」

性転換された殺し屋のトンデモ復讐劇『レディ・ガイ』ウォルター・ヒル監督インタビュー 「映画は自分のために作るもの」

女に改造されても“弾丸(タマ)”はある――漢(おとこ)の世界で生きてきた殺し屋が、復讐によって性転換させられ、目が覚めたら女になっていた! そんな衝撃的な役柄を、オトコっぽさと女性らしさを兼ね備えたミシェル・ロドリゲスが演じ.. 続きを読む

ミシェル・ロドリゲスインタビュー “強い女性”を演じ続けるのは「ある意味悲しいこと」「兄貴」と呼ばれた女優のこれまでとこれから

ミシェル・ロドリゲスインタビュー “強い女性”を演じ続けるのは「ある意味悲しいこと」「兄貴」と呼ばれた女優のこれまでとこれから

「女に改造されても、弾丸(タマ)はある」2018年1月6日から公開される映画『レディ・ガイ』は、そのキャッチコピーどおり、凄腕の殺し屋フランク・キッチンがある日突然強制的に女性に性転換され、復讐に立ち上がる異色のクライム・アク.. 続きを読む

目覚めると“女”になっていた凄腕の殺し屋が、ドクターへの復讐を決行!

目覚めると“女”になっていた凄腕の殺し屋が、ドクターへの復讐を決行!

『ストリート・オブ・ファイヤー』や『48時間』で知られるウォルター・ヒル監督の映画『レディ・ガイ』が公開。裏社会で生きる殺し屋の男・フランクは、ある日、激しい銃撃戦ののちに意識を失ってしまう。見知らぬ安ホテルのベッドで目覚.. 続きを読む

『名探偵モンク』『FBI 失踪者を追え!』のスターも出演!キャスト全員主役級の映画『レディ・ガイ』

『名探偵モンク』『FBI 失踪者を追え!』のスターも出演!キャスト全員主役級の映画『レディ・ガイ』

2018年1月6日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなる、『ストリート・オブ・ファイヤー』『48時間』のウォルター・ヒル監督作『レディ・ガイ』。『ワイルド・スピード』『LOST』などで知られるミシェル・ロドリゲスと.. 続きを読む

父・母・娘・息子の全員が男女入れ替わったトランスジェンダー・ファミリー(米)

父・母・娘・息子の全員が男女入れ替わったトランスジェンダー・ファミリー(米)

外見とは異なる性が体内に宿っていることを感じ取り、苦しみながら成長するトランスジェンダーの人々。そのことをカミングアウトするのはいつが良いのだろうか、皆に受け入れてもらえるのだろうかと不安は尽きないはずだ。ところが最近は.. 続きを読む

オトコの乳首はなぜあるのか? 存在する理由を真面目に調べてみた

オトコの乳首はなぜあるのか? 存在する理由を真面目に調べてみた

母親が赤ん坊に授乳するために必要な器官「乳首」。しかしなぜ、授乳する可能性のない男性にも存在しているのだろうか? 誰しもが一度は抱いたことのあるこの疑問をさまざまな角度から徹底検証してみた!◆生物学的に男性にも必要のない.. 続きを読む

「ゲイの歴史はせいぜい60年。なのに彼らはAIDS感染や自殺なんて…」豪議員が問題発言

「ゲイの歴史はせいぜい60年。なのに彼らはAIDS感染や自殺なんて…」豪議員が問題発言

オーストラリア政府は8日、同性婚を「合法」と定めた。これにより全豪各地では今、同性愛者のシンボルとしてより多くのレインボー・フラッグが風にたなびいている。国民投票ではその法案に6割超が賛成を示し、議会でも賛成が圧倒的多数を.. 続きを読む

ミシェル・ロドリゲス×シガニー・ウィーバーの女対決! 映画『レディ・ガイ』試写会に10組様ご招待

ミシェル・ロドリゲス×シガニー・ウィーバーの女対決! 映画『レディ・ガイ』試写会に10組様ご招待

『ストリート・オブ・ファイヤー』(84)、『48時間』(82)などを手掛けたウォルター・ヒル監督の最新作、映画『レディ・ガイ』の特別試写会が12月25日に決定し、Billboard JAPANの読者10組20名様をご招待する。本作は、性転換手術で男か.. 続きを読む

「保毛尾田保毛男」騒動の余波続く……テレビ局の忖度で“オネエタレント”に消滅危機!

「保毛尾田保毛男」騒動の余波続く……テレビ局の忖度で“オネエタレント”に消滅危機!

年々厳しくなる放送コードに、テレビ関係者が悲鳴を上げている。この問題は、ついにオネエタレントにも波及し、影響も出始めているという。事の発端となったのは、9月に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。