性犯罪被害の最新情報

性犯罪被害 に関するニュース検索結果   32件

性犯罪被害に遭っても証拠が残りにくい? 卑劣な「デートレイプドラッグ」の実態

性犯罪被害に遭っても証拠が残りにくい? 卑劣な「デートレイプドラッグ」の実態

昨年、ジャーナリストの女性が過去に元TBSワシントン支局長の男性からデートレイプドラッグの被害を受けたと告発する本が出版されて、大きな話題になった。日本では、まだあまり一般に知られていない「デートレイプドラッグ」。しかし、.. 続きを読む

TBS
強姦・詐欺仲間にマスゴミ… 「友達」の意味が怖すぎる『アンナチュラル』

強姦・詐欺仲間にマスゴミ… 「友達」の意味が怖すぎる『アンナチュラル』

『アンナチュラル』1話完結のストーリーの中に、現代社会の様々な問題が盛り込まれていることでも注目を集める、TBS系ドラマ『アンナチュラル』。16日放送の第6話では、主人公の法医学解剖医・ミコト(石原さとみ)の同僚で、臨床検査技.. 続きを読む

処女膜が2ミリ裂ける……中国で警備員が7歳の「留守児童」双子女児を強姦!

処女膜が2ミリ裂ける……中国で警備員が7歳の「留守児童」双子女児を強姦!

性犯罪被害者の低年齢化が進む中国で、7歳の双子が学校で性暴行を受けるという衝撃的な事件が起きた。「未来網」(1月19日付)などによると、事件の舞台になったのは広東省陽江市の陽西県儒洞鎮駒龍小学校。凶行に及んだのは50歳の警備員.. 続きを読む

山口敬之準強姦事件を海外メディアが大々的に報道! NYTの直撃には山口がまたぞろ卑劣コメント

山口敬之準強姦事件を海外メディアが大々的に報道! NYTの直撃には山口がまたぞろ卑劣コメント

「#MeToo」運動が世界的な盛り上がりを見せているが、その流れのなかで、この年末から年明けにかけ、海外メディアが日本で起きた性暴行事件を大きく報道し始めた。その性暴行事件とは、ほかでもない"官邸御用ジャーナリスト"・山口敬之氏.. 続きを読む

「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた

「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた

「セックス依存症」。2009年に不倫スキャンダルで世界を驚かせたタイガー・ウッズが、後にこの病気だったと発覚し、日本でもその病名は一般的に知られるようになった。最近でも、複数の女優からセクハラ行為で告発(Twitterに「#Me Too.. 続きを読む

詩織さんからはあちゅうまで、セクハラ被害者、働く母親へのバッシングが頻発した"男尊女卑"の1年を総まくり

詩織さんからはあちゅうまで、セクハラ被害者、働く母親へのバッシングが頻発した"男尊女卑"の1年を総まくり

2017年は世界的に女性の人権、性暴力被害が大きな問題としてクローズアップされた年だった。きっかけはハリウッド大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインの長年のセクハラが告発されたことだったが、以降、「#MeToo(私も.. 続きを読む

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

「女性週刊誌ぶった斬り!」を連載中の、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク・神林広恵が、今年世間を騒がせた女たちを斬る!2017年、思えば女性の話題は多かった。江角マキコの不倫引退、豊田真由子の“ハゲー”パワハラ暴行、.. 続きを読む

若槻千夏が痴漢を追いかけ逮捕、広末涼子、ベッキーも…性犯罪被害を「武勇伝」にしてしまう女性タレントたち

若槻千夏が痴漢を追いかけ逮捕、広末涼子、ベッキーも…性犯罪被害を「武勇伝」にしてしまう女性タレントたち

12月3日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した若槻千夏(33)が、かつて痴漢を取り押さえたことがあると話した。番組で、容疑者4名が逮捕されたJR埼京線での集団痴漢事件を取り扱うと、若槻が「私、痴漢に会ったことがあるん.. 続きを読む

山口敬之事件だけじゃない、裁判所ではレイプを"被害者の落ち度"とする判決が横行! 背景にある司法界の女性蔑視

山口敬之事件だけじゃない、裁判所ではレイプを"被害者の落ち度"とする判決が横行! 背景にある司法界の女性蔑視

本サイトでも伝えてきたように、元TBS記者の山口敬之氏が「復帰」した。山口氏は10月末発売の「月刊Hanada」(飛鳥新社)と「WiLL」(ワック)に寄稿し、つづけて花田紀凱編集長のネット番組『ちょっと右よりですが...』とネトウヨ向けネ.. 続きを読む

TBS
山口敬之氏がネトウヨ番組でも詩織さんを攻撃!「知らない方は、検索しないで」とネタにして爆笑をとる場面も

山口敬之氏がネトウヨ番組でも詩織さんを攻撃!「知らない方は、検索しないで」とネタにして爆笑をとる場面も

フリージャーナリストの伊藤詩織さんからレイプ被害をめぐる民事訴訟を起こされている"安倍官邸御用ジャーナリスト"・山口敬之氏。今年5月の「週刊新潮」(新潮社)の記事以降、雲隠れを続けていた山口氏は、今月26日発売の月刊誌「Hanad.. 続きを読む

安倍首相を案内、『5時に夢中!』……元SMAPの活動で際立つIマネジャーの“敏腕ぶり”

安倍首相を案内、『5時に夢中!』……元SMAPの活動で際立つIマネジャーの“敏腕ぶり”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!“安倍トモ”ジャーナリスト・山口敬之氏からのレイプを実名告発した伊藤詩織さんが、著.. 続きを読む

山口敬之氏が詩織さんへあまりにも卑劣な反論! 核心からは逃げ、印象操作と陰謀論で詩織さんを攻撃

山口敬之氏が詩織さんへあまりにも卑劣な反論! 核心からは逃げ、印象操作と陰謀論で詩織さんを攻撃

元TBS記者・山口敬之氏からのレイプ被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織さんが、今月24日、外国特派員協会で記者会見を行った。会見で詩織さんは、日本の司法や社会システムが性犯罪被害者のために機能していないことを指摘しながら.. 続きを読む

「あれは売春組織」「命じられれば誰とでも寝た」プッシーキャット・ドールズ元メンバーの暴露に騒然

「あれは売春組織」「命じられれば誰とでも寝た」プッシーキャット・ドールズ元メンバーの暴露に騒然

プッシーキャット・ドールズの元メンバーが「あれはガールズ・グループなんかじゃなくて売春組織」「命じられれば、相手が誰であろうがセックスしなければならなかった」と暴露した。それに対してメンバーたちが猛反論し、世間を騒然とさ.. 続きを読む

性犯罪被害にあった女性へ、連帯を呼びかけるハッシュタグ。

性犯罪被害にあった女性へ、連帯を呼びかけるハッシュタグ。

インドでは、女性に対する性犯罪が後を絶たず、大きな社会問題となっています。ある女性が夜中に男性から追いかけられた事件に対して、インド人民党の地域副大統領Ramveer Bhatti氏は、このようなコメントを残しました。「女性が夜中に外.. 続きを読む

交通違反取り締まりと称して女性の胸や尻を…エロ警察官に怒りの声

交通違反取り締まりと称して女性の胸や尻を…エロ警察官に怒りの声

(joel-t/iStock/Thinkstock)運転免許を持っている人なら、一度は経験するであろう交通違反の取り締まり。違反すると当然ながら免許証の提示を求められ、取り調べを受けることになる。そんな交通違反取り締まりの際、警察官が立場を利.. 続きを読む

レイプ被害に遭ったら必要なのに、「緊急避妊薬」の市販化が見送られた理由

レイプ被害に遭ったら必要なのに、「緊急避妊薬」の市販化が見送られた理由

7月26日、厚生労働省のある会議で、ドラッグストアでカウンター越しに売られる薬(スイッチOTC薬)の候補に挙がっていた、ある薬の市販化が「時期尚早」として見送られ、ネットでは産婦人科医を中心に話題となった。それは、緊急避妊薬レ.. 続きを読む

元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った"性"の正体を知るためAVに」

元人気AV女優の大塚咲が15 歳で受けたレイプ被害を告白!「私の人格を奪った"性"の正体を知るためAVに」

先日、性犯罪を厳罰化する刑法改正案が施行された。これにより、強姦罪という名称は「強制性交等罪」に改められ、法定刑の下限が懲役3年から懲役5年に引き上げられた。また、強姦罪や強制わいせつ罪などに問うために必要だった被害者の告.. 続きを読む

性犯罪の被害者を救う『#8103』 警視庁が取り組みを開始

性犯罪の被害者を救う『#8103』 警視庁が取り組みを開始

「周りに知られたくない」「早く忘れてしまいたい」そんな思いから、泣き寝入りしてしまう人が多いといわれている性犯罪の被害者。法務省の発表によると、2015年度の強姦の認知件数は1167件。しかし、実際の被害者数はもっと多いと予想さ.. 続きを読む

性犯罪被害は「#8103」で警察に電話相談 全国共通ダイヤル「ハートさん」

性犯罪被害は「#8103」で警察に電話相談 全国共通ダイヤル「ハートさん」

(liza5450/iStock/Thinkstock)これまで、各都道府県警で別々の番号が設けられていた「性犯罪被害の相談窓口」だが、警視庁は被害者がより相談しやすい環境を整えるため、3日より全国共通の短縮ダイヤルの運用を開始した。■性犯罪被害.. 続きを読む

日本にも根付く『レイプ神話』 「性犯罪は被害者も悪い」は本当?

日本にも根付く『レイプ神話』 「性犯罪は被害者も悪い」は本当?

「そんな場所を歩いていたお前が悪い」「肌を見せる服装だなんて、誘っていたんじゃないか」「本気で抵抗すれば、この事態は避けられたはずだ」性犯罪の被害者に対し、「あなたにも非がある」と心ない言葉を投げかける人たちは、残念なこ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。