徳島県警の最新情報

徳島県警 に関するニュース検索結果   9件

彼女のスマホに無断でアプリを入れた男性が逮捕される!その容疑は…

彼女のスマホに無断でアプリを入れた男性が逮捕される!その容疑は…

交際している女性のスマホに「無断でアプリをインストールした」として、県立徳島科学技術高の男性教諭(48)が逮捕されました。え?アプリを入れただけで?とちょっと驚くかもしれませんが、男性がインストールしたのは「外部から位置情.. 続きを読む

【必読】行方不明の松岡伸矢くんの父親からネットの人たちに報告 / 17年間軟禁事件の和田竜人さん騒動を受けて

【必読】行方不明の松岡伸矢くんの父親からネットの人たちに報告 / 17年間軟禁事件の和田竜人さん騒動を受けて

【続報】衝撃 / 17年間軟禁事件の和田竜人さんの正体判明か / 今まで謎だった出来事を公開「記憶喪失は2回目」2018年1月31日、見知らぬおじさんに17年間も軟禁されていた和田竜人さん(仮名 / 自称25歳)が、1989年3月7日に徳島県貞光町の.. 続きを読む

【緊急事態】警察が17年間軟禁事件の和田竜人さんは「行方不明の松岡伸矢くんではない」と判断 / 新たに別人の名前が浮上

【緊急事態】警察が17年間軟禁事件の和田竜人さんは「行方不明の松岡伸矢くんではない」と判断 / 新たに別人の名前が浮上

【続報】17年間軟禁事件の和田竜人の正体が判明か / 元コンビニ店員でAKBマニアのキタザワヒサシ記憶をなくした自称25歳の男性、和田竜人さん。彼は2014年7月29日にショッピングセンターのトイレで意識をなくした状態で発見され、その後.. 続きを読む

【激怒】17年間軟禁事件の和田竜人さんのDNA検査中止に怒りの声 / 行方不明の松岡伸矢くんと照合せず「なんかの圧力?」

【激怒】17年間軟禁事件の和田竜人さんのDNA検査中止に怒りの声 / 行方不明の松岡伸矢くんと照合せず「なんかの圧力?」

2014年、見ず知らずのおじさんに17年間も軟禁されていた和田竜人さん(自称25歳)がおじさんのスキをみて家から脱出し、ショッピングセンターのトイレで意識を失い保護。その後、記憶喪失となっていたが、2018年1月31日放送のテレビ番組に.. 続きを読む

関ジャニ∞のチケット転売詐欺で「誤認逮捕」! 被害者は真犯人に数十万円請求できる

関ジャニ∞のチケット転売詐欺で「誤認逮捕」! 被害者は真犯人に数十万円請求できる

「ドラマのこのシーンってありえるの?」「バラエティーのあのやり方ってコンプライアンス的にどうなの?」……テレビを見ていて感じた疑問を弁護士に聞いてみる、テレビ好きのための法律相談所。<今回の番組> 各局ニュース番組等<今回.. 続きを読む

徳島県警の「ずさん捜査」発覚、女性を誤認逮捕&19日間勾留…補償は最大でも23万円

徳島県警の「ずさん捜査」発覚、女性を誤認逮捕&19日間勾留…補償は最大でも23万円

徳島県警三好署は、21歳の女性を詐欺の容疑で逮捕し、19日間にわたって勾留していたが、誤認逮捕だったことが判明し、大きな話題を呼んでいる。徳島県警によると、女性は昨年8月、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「ツイッタ.. 続きを読む

高額チケット詐欺で20代学生が「誤認逮捕」 19日間勾留に「酷すぎる」

高額チケット詐欺で20代学生が「誤認逮捕」 19日間勾留に「酷すぎる」

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)ニンテンドーSwitchや、人気アーティストのコンサートチケットなど、なかなか手に入らない人気商品がネット上で高額転売されたり、はたまたそれを利用した詐欺事件が相次いで報じられている。そんな中.. 続きを読む

「被害者の写真の瞳に映る容疑者を特定する」というまるでSFみたいなホントの話

「被害者の写真の瞳に映る容疑者を特定する」というまるでSFみたいなホントの話

おお、これは「笑い男事件」の逆…。いくらテクノロジーが進化しようとも、それを利用するのは人間。捜査員の執念が事件を解決します。昨年、徳島県警の鑑識課が被害者の写真の瞳に映る容疑者の姿を特定し、捜査において重要な証拠となっ.. 続きを読む

写真の瞳の映り込みから誰と居たかが分かる!?犯罪捜査で容疑者特定の重要証拠に

写真の瞳の映り込みから誰と居たかが分かる!?犯罪捜査で容疑者特定の重要証拠に

ども!ともぞうです。目は口ほどにものをいう…なんて言いますが、現実の世界で写真にうつる被害者の瞳から容疑者の顔を解析したという驚くべきニュースが入ってきましたよ。毎日新聞が伝えるところによると、徳島県警はある事件の被害者.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。