広澤克実の最新情報

広澤克実 に関するニュース検索結果   10件

「アメリカ野球のレベルは落ちた」 張本勲氏がMLBに苦言を呈して炎上

「アメリカ野球のレベルは落ちた」 張本勲氏がMLBに苦言を呈して炎上

(©ニュースサイトしらべぇ)15日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が米メジャーリーグのレベルについて苦言を呈したことに、一部ネット民から批判の声が上がり、炎上状態となった。■「アメリカの野球はレベルが落ちた.. 続きを読む

3位対3位の日本シリーズになったら日本一に価値ある!?出場には条件が必要だ

3位対3位の日本シリーズになったら日本一に価値ある!?出場には条件が必要だ

週刊ベースボール 2017年10/23号 Fujisan.co.jpよりプロ野球クライマックスシリーズ(以下:CS)の在り方について様々な意見が飛び交っている。今に始まったことではないのだが、特に今年は下克上が起こったからよけいに騒ぐ。2017年、.. 続きを読む

大田泰示もロペスも「出てよかった」!? 次に、巨人を辞めて活躍するのは誰だ

大田泰示もロペスも「出てよかった」!? 次に、巨人を辞めて活躍するのは誰だ

シーズン前に超大型補強を行いながら、6月には13連敗を記録し、下位に低迷するプロ野球・読売ジャイアンツ(以下、巨人)。一方では、チームを出た選手が成績を伸ばす例が相次いでいる。今シーズン、巨人を出て素質が開花したのが、北海.. 続きを読む

“リアル野球BAN対決”にマニー・ラミレス選手が緊急参戦!!

“リアル野球BAN対決”にマニー・ラミレス選手が緊急参戦!!

7月17日(月)夜7時から放送される「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!2017夏の決戦スペシャル」(テレビ朝日系)で、リアル野球BAN対決に松井秀喜とマニー・ラミレス選手、サッカー対決に岡崎慎司選手と吉田麻也選手が参戦することが分かった.. 続きを読む

ラルフ・ブライアントがバッティングセンターでホームランに挑戦!

ラルフ・ブライアントがバッティングセンターでホームランに挑戦!

4月30日(日)に放送される「帰れまサンデー」(毎週日曜昼4:30-5:30、テレビ朝日)に出演するべく、ラルフ・ブライアントが緊急来日した。さまざまな「◯○するまで帰れない!」という過去な企画に挑戦している同番組。30日放送では、山崎弘也.. 続きを読む

いくらなんでも獲りすぎ?巨人の史上初「FA選手3人補強」に物議

いくらなんでも獲りすぎ?巨人の史上初「FA選手3人補強」に物議

(画像は読売巨人軍公式サイトのスクリーンショット)19日、巨人が北海道日本ハムファイターズからFA宣言していた陽岱鋼の獲得を発表。4年10億超えという大型契約で、恋人のゲットに成功した。陽は当初ハム残留を希望していたものの、戦.. 続きを読む

【プロ野球】《日本シリーズ・名ホームラン選》日本シリーズの歴史に刻まれた「ホームラン名場面」をプレイバック!

【プロ野球】《日本シリーズ・名ホームラン選》日本シリーズの歴史に刻まれた「ホームラン名場面」をプレイバック!

広島と日本ハムによる日本シリーズは4勝2敗で日本ハムが制し、10年ぶりの日本一に輝いた。今年の日本シリーズを振り返ってみると、日本ハムはホームランで試合の流れを引き寄せた場面が多々あった。その最たる例が第5戦、西川遥輝のサヨ.. 続きを読む

よゐこ、ザキヤマらが○○するまで帰れない企画に挑む

よゐこ、ザキヤマらが○○するまで帰れない企画に挑む

10月2日(日)からよゐこ、山崎弘也、オードリー、サンドウィッチマンの4組が週替わりでMCを務める「帰れまサンデー」(朝10:00-11:15テレビ朝日系)がスタートする。テレビ朝日の名物企画“帰れま10”が新たなロケバラエティーへとバージョン.. 続きを読む

ベッキーと清原和博がまさかの共演!? 芸能界の闇と“最底辺”の仕事とは?

ベッキーと清原和博がまさかの共演!? 芸能界の闇と“最底辺”の仕事とは?

好感度No.1タレントのベッキーの不倫、球界の番長といわれ生涯年俸50億円以上ともいわれた清原和博の薬物逮捕、日本を代表するアイドルグループSMAPの解散謝罪騒動など、まさに芸能界の一寸先は闇、といったところだろう。ベッキーにしろ.. 続きを読む

背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

とんねるずが一流アスリートとさまざまな競技でガチンコ対決を繰り広げるスポーツバラエティー「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(テレビ朝日系)の夏の特別版が、7月5日(日)に放送されることが分かった。今回は恒例の“リアル野球BAN”に.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。