年間チャートの最新情報

年間チャート に関するニュース検索結果   187件

 『ヴォイスノーツ』チャーリー・プース(Album Review)

『ヴォイスノーツ』チャーリー・プース(Album Review)

チャーリー・プースといえば、多くの人がまず最初に思い浮かべるのが、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」だった。映画『ワイルド・スピード7 スカイミッション』のサウンドトラックに提供した同曲は、撮影中に交通事故で死去し.. 続きを読む

『ビアボングス&ベントレーズ』ポスト・マローン(Album Review)

『ビアボングス&ベントレーズ』ポスト・マローン(Album Review)

2015年8月にリリースしたデビュー曲「ホワイト・アイバーソン」が、米ビルボード・ソング・チャート(HOT100)14位、R&B5位/ラップ・チャート3位をマークし、その名を轟かせたポスト・マローン。マック・ミラーやウィズ・カリファが絶賛し.. 続きを読む

ケンドリック・ラマー、オーストラリア&ニュージーランド・ツアーを発表

ケンドリック・ラマー、オーストラリア&ニュージーランド・ツアーを発表

2018年7月20日から22日にかけてオーストラリアのバイロン・ベイで開催される音楽フェスティバル【Splendour in the Grass】へ出演することが発表されていたケンドリック・ラマーが、フェス出演に合わせオーストラリアとニュージーランド.. 続きを読む

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」2週目の首位、ニッキー・ミナージュTOP10入り

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」2週目の首位、ニッキー・ミナージュTOP10入り

ドレイクの「ナイス・フォー・ホワット」が2週目の首位獲得となった、今週の米ビルボード・ソング・チャート。ストリーミング・チャートでも2週目の1位に輝いた「ナイス・フォー・ホワット」。セールス・チャート(ダウンロード)で1位から.. 続きを読む

『プライマル・ハート』キンブラ(Album Review)

『プライマル・ハート』キンブラ(Album Review)

ニュージーランド・ハミルトン出身。今年(2018年)の3月で28歳になったばかりのキンブラは、わずか10歳の頃から曲を書き始めたという。2000年には競馬場、2002年にラグビーの会場で国家を歌い、ギターのレッスンを受け、ステージに立ち、.. 続きを読む

『4月13日はなんの日?』米ソウル・ミュージック界の大御所シンガー、アル・グリーンの誕生日

『4月13日はなんの日?』米ソウル・ミュージック界の大御所シンガー、アル・グリーンの誕生日

4月13日は米音楽史にその名を刻むレジェンド・シンガー、アル・グリーンの72歳の誕生日。アル・グリーン1946年4月13日、アメリカ・アーカンソー州生まれ。幼い頃からゴスペルを歌い、やがてR&Bシンガーとしてプロの道へ。1969年にメンフ.. 続きを読む

【ビルボード】星野源「ドラえもん」アニメ・チャート連覇、ユニゾン「春が来てぼくら」は初登場3位

【ビルボード】星野源「ドラえもん」アニメ・チャート連覇、ユニゾン「春が来てぼくら」は初登場3位

“JAPAN Hot Animation”の3月19日付(集計期間:3月5日~3月11日)チャートでは、『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌で星野源の「ドラえもん」が先週に続き1位を獲得した。「ドラえもん」は、セールス以外のポイントで先週に引き続き1.. 続きを読む

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」首位独走、ポスト・マローン2位デビュー

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」首位独走、ポスト・マローン2位デビュー

ドレイクの「ゴッズ・プラン」が6週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。ミュージック・ビデオの公開により、先週は1億回を超える視聴回数を獲得した「ゴッズ・プラン」が、今週も9200万回を突破して首位を独.. 続きを読む

櫻井翔主演「ラプラスの魔女」世界的大ヒット曲を乗せた特報解禁

櫻井翔主演「ラプラスの魔女」世界的大ヒット曲を乗せた特報解禁

5月4日に公開される東野圭吾原作・三池崇史監督・櫻井翔主演映画「ラプラスの魔女」の主題歌に、弱冠20歳にしてYouTube総再生数27億回以上を誇る次世代プロデューサー=アラン・ウォーカーの代表曲『フェイデッド』が決定。同楽曲を乗せ.. 続きを読む

『2月25日はなんの日?』「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」で世界的ブレイクを果たした、ダニエル・パウターの誕生日

『2月25日はなんの日?』「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」で世界的ブレイクを果たした、ダニエル・パウターの誕生日

2月25日はカナダ出身のシンガーソングライター、ダニエル・パウターの47歳の誕生日。ダニエル・パウターは1971年2月25日、カナダ・ブリティッシュコロンビア州オカナーゲン・ヴァレー生まれ。学生時代から音楽の道を志し、バンクーバーに.. 続きを読む

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」3週目の首位、ザ・ウィークエンド&ケンドリックのコラボ曲7位デビュー

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」3週目の首位、ザ・ウィークエンド&ケンドリックのコラボ曲7位デビュー

ドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」が、3週目の首位獲得となった、今週の米ビルボード・ソング・チャート。ストリーミングサービス=スポティファイやアップル・ミュージックで記録を塗り替えた「ゴッズ・プラン」。ストリーミング・チャ.. 続きを読む

ケンドリック・ラマーがプロデュース! ヒップホップ・ファン垂涎の傑作揃いな『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(Album Review)

ケンドリック・ラマーがプロデュース! ヒップホップ・ファン垂涎の傑作揃いな『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(Album Review)

2017年は、アルバム『DAMN.』が米ビルボード・アルバム・チャートで通算3作目の首位獲得、同年の年間チャートで1位に輝く大ヒットを記録し、まさに一人勝ち状態だったケンドリック・ラマー。2018年1月28日に開催された【第60回グラミー賞.. 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】ミーゴス2作連続初登場1位、アバヴ&ビヨンドが自身最高の3位

【米ビルボード・アルバム・チャート】ミーゴス2作連続初登場1位、アバヴ&ビヨンドが自身最高の3位

米アトランタ出身のヒップホップ・トリオ=ミーゴスの新作『カルチャーII』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。本作『カルチャーII』は、初のソング・チャートNo.1をマークした「バッド・アンド・ブージ.. 続きを読む

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」が初登場1位

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」が初登場1位

ドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。2018年1月19日にリリースされた同曲は、ストリーミング・サービス=スポティファイで、1月22日に430万回以上再生され、テイラー・スウィ.. 続きを読む

“ミーゴス流トラップ”&豪華ゲストとのコラボを存分に堪能できる全24曲 / 『カルチャーII』(Album Review)

“ミーゴス流トラップ”&豪華ゲストとのコラボを存分に堪能できる全24曲 / 『カルチャーII』(Album Review)

米ビルボード・ソング・チャート(HOT100)で3週間No.1をマークした「バッド・アンド・ブージー feat.リル・ウージー・ヴァート」収録の2ndアルバム『カルチャー』に続く、通算3作目のスタジオ・アルバム『カルチャーII』を2018年1月26日に.. 続きを読む

ドレイク、新曲「ゴッズ・プラン」がApple MusicとSpotifyで米ストリーミング記録を更新

ドレイク、新曲「ゴッズ・プラン」がApple MusicとSpotifyで米ストリーミング記録を更新

2018年1月19日にリリースされたドレイクの新曲「ゴッズ・プラン」が米国のストリーミング記録を塗り替えた。Spotifyでは1月22日に430万回以上再生された同曲が、テイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私.. 続きを読む

【ビルボード】NEWS「LPS」が138,647枚を売り上げ総合首位獲得 Mr.Childrenデジタル・シングルは総合2位に初登場

【ビルボード】NEWS「LPS」が138,647枚を売り上げ総合首位獲得 Mr.Childrenデジタル・シングルは総合2位に初登場

「Love(愛)Peace(平和)Smile(笑顔)」を略したタイトルを冠したNEWS「LPS」が、138,647枚を売り上げてシングル1位、ルックアップ1位、Twitter7位、ラジオ12位となり“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。また、1月18日からスタートし.. 続きを読む

AIが番組アシスタントを務めるラジオ、J-WAVE「INNOVATION WORLD」担当者に聞く、AI活用の理由

AIが番組アシスタントを務めるラジオ、J-WAVE「INNOVATION WORLD」担当者に聞く、AI活用の理由

FMラジオ局J-WAVEにて毎週金曜日22:00より放送されている「INNOVATION WORLD」。AR三兄弟の長男・川田十夢さんが番組ナビゲーターを務め、テクノロジーとイノベーションに関するテーマで様々なゲストが登場するラジオ番組であり、ライフ.. 続きを読む

本格再始動第一弾シングルはラップを絡めた最先端のエレクトロ・ファンク / 「フィルシー」ジャスティン・ティンバーレイク(Song Review)

本格再始動第一弾シングルはラップを絡めた最先端のエレクトロ・ファンク / 「フィルシー」ジャスティン・ティンバーレイク(Song Review)

入れ替わりの激しいアメリカで、第一線で活躍するシンガーとしては、ここまで息の長い人も珍しい。アイドル・グループ=イン・シンクのデビューから20年経った昨年は、映画『トロールズ』のテーマ曲としてリリースした「キャント・ストッ.. 続きを読む

<インタビュー>DAOKOが語る、音楽と映像の関係性「動画ありきで音楽を聴く」

<インタビュー>DAOKOが語る、音楽と映像の関係性「動画ありきで音楽を聴く」

2017年の夏を最も彩った楽曲として、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌の「打上花火」を真っ先に思い浮かべる者は多いはずだ。DAOKOと米津玄師という、今をときめく新世代アーティスト2組によるこのコラボ・ソン.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。