山口組の最新情報

山口組 に関するニュース検索結果   147件

極道出身の作家が明かす地元・尼崎でのヤクザ人生16年「苦しいことの連続だった」

極道出身の作家が明かす地元・尼崎でのヤクザ人生16年「苦しいことの連続だった」

山口組系組織から作家に転身。以降、精力的に執筆活動を続けてきた沖田臥竜氏は活躍の場を広げ、暴力団関連のニュース記事でその名を目にする機会も増えてきた。そんな沖田氏の兄弟分である“生野が生んだスーパースター・文政”を題材にし.. 続きを読む

2017年「ヤクザ業界の流行語大賞」を発表!

2017年「ヤクザ業界の流行語大賞」を発表!

「例年になく低調」……そう噂される恒例の「新語・流行語大賞」が12月1日に発表される。が、その前に本家では取り上げられないニッチなジャンルの「新語・流行語」をSPA!が選定。世相を表す、珠玉のホットワードを決める。◆[闇社会部門.. 続きを読む

自称「半端な勘違い野郎」が雌伏2年──“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、新作小説『熱帯夜』への思いを激白!

自称「半端な勘違い野郎」が雌伏2年──“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、新作小説『熱帯夜』への思いを激白!

2年間の沈黙を破り、入魂の新作をリリース!――“元アウトローのカリスマ”こと作家の瓜田純士(37)がこのほど、2015年以来となる新刊『熱帯夜』(Kindle版)を発表した。新宿署の刑事が、国際指名手配犯の潜伏先と目されるマニラへ飛び、.. 続きを読む

本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(3)真木よう子のリアルな演技

本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(3)真木よう子のリアルな演技

日本に犯罪があるかぎり、一流の映画人たちもまた、いかに映像で昇華するかを真剣に考える。こうして生まれた傑作群を、最後に総まくりで一気見せ!流行語にもなった「火宅の人」(86年、東映)は、放浪の作家・檀一雄の自伝的長編小説の.. 続きを読む

「高倉健はヤクザの運転手だった」――元極妻が明かす、ヤクザと芸能人のリアルな関係

「高倉健はヤクザの運転手だった」――元極妻が明かす、ヤクザと芸能人のリアルな関係

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■“芸能界のドン”はハマコーの運転手だった「高倉健さんがヤクザの運転手をしていた件」などが書かれたご本が話題になってるようです。.. 続きを読む

テレビに出ている元警察官コメンテーターのうさん臭さ

テレビに出ている元警察官コメンテーターのうさん臭さ

事件が起きるた度に「元警視庁刑事」「元警視庁捜査官」「元●●県警刑事」という肩書の元警察コメンテーターが出演して解説します。今でしたら、座間9人猟奇殺人事件について、でしょう。すべてではもちろんないですが、「その発言、大丈.. 続きを読む

島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくり

島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくり

先日発売された「週刊文春」(文藝春秋)2017年11月2日号に掲載された島田紳助の独占インタビューは大きな話題を呼んだ。現在は、筋トレや友人とのゴルフ、野球に明け暮れる健康的な生活を送っていると語り、そのうえで「今の生活が幸せ.. 続きを読む

暴力団離脱者の就職率はわずか2%...ヤクザからの更正に最も必要なのは地域社会の受け入れと協力

暴力団離脱者の就職率はわずか2%...ヤクザからの更正に最も必要なのは地域社会の受け入れと協力

9月には任侠山口組の織田絆誠代表を狙った襲撃事件が発生し、ボディガードを務めていた組員が射殺されるなど、山口組をめぐる状況は依然として混迷を極めている。そんななか、現在、暴力団離脱者が後を絶たない。北海道警察がホームペー.. 続きを読む

現役暴力団幹部と右翼団体幹部に衆院選について聞いてみた

現役暴力団幹部と右翼団体幹部に衆院選について聞いてみた

大雨の中、投票を終えた後、ふと「あの人たち」はどう思っているのか聞いたみたいと思いました。かつて、民主党が政権を獲った時、当時の山口組が民主党を支持したいと公言したのを覚えていますでしょうか。そう、渡世の人はこの選挙をど.. 続きを読む

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その3~

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その3~

bee / PIXTA(ピクスタ)(その2からの続き)浪速屋金蔵事務所襲撃者のひとりから頭に振り下ろされた刃を、山口組二代目山口登組長は左腕で受け止めた。そこへ匕首(アイクチ)を構えた若い男3人が事務所のなかへ飛び込んできた。それに応.. 続きを読む

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その2~

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その2~

(C)Shutterstock(その1からの続き)1940年5月のある日、神戸の山口組二代目山口登組長の元へ吉本せいから電話があった。「親分、うちにとってはえらいことが起こりましたんねん。えろう急どすが、大阪までご足労願えまへんやろか」大.. 続きを読む

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その1~

NHK「わろてんか」モデルの人物と山口組 ~その1~

nabe3 / PIXTA(ピクスタ)浅野連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)で主役の葵わかなが演じる藤岡てんは、吉本興業の創始者である吉本せいがモデルになっている。明治から大正、昭和を生きた女興行師で、作家の山崎豊子氏の小説『花のれん.. 続きを読む

『アウトレイジ 最終章』北野武監督が明かす“シリーズ完結”のワケ「映画よりも現実のほうが……」

『アウトレイジ 最終章』北野武監督が明かす“シリーズ完結”のワケ「映画よりも現実のほうが……」

北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』が、いよいよ10月7日に公開となる。ありがたいことに、筆者は数社からの依頼を受け、北野監督に今作についてのインタビューをさせていただいた。なぜ、3作目を最終章にしたのかという筆者の問.. 続きを読む

“日本の文化” 刺青は犯罪!? キムタク夫妻やEXILE、安室も入れてるのに……

“日本の文化” 刺青は犯罪!? キムタク夫妻やEXILE、安室も入れてるのに……

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■たまにいる「医師免許のある彫師」は微妙な存在うーん、ひどい判決が出ましたね。9月27日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は医師免許がな.. 続きを読む

“ヤクザ雑誌はダメ”のご時世で、なぜ……「月刊実話ドキュメント」スピード復刊の裏事情

“ヤクザ雑誌はダメ”のご時世で、なぜ……「月刊実話ドキュメント」スピード復刊の裏事情

今年3月に休刊したヤクザ雑誌「月刊実話ドキュメント」が10月号から復刊した。休刊は珍しくないご時世だが、約半年でスピード復刊したのは異例の話。今回の復刊は、休刊前に発行元だったジェイズ・恵文社が新たな発売元となり、編集部の.. 続きを読む

朝ドラ『わろてんか』ヒロインは“ヤクザとズブズブ”!? NHKが「大胆に再構成」を強調するワケ

朝ドラ『わろてんか』ヒロインは“ヤクザとズブズブ”!? NHKが「大胆に再構成」を強調するワケ

10月2日スタートのNHK連続テレビ小説『わろてんか』について、ネット上では「どこまで踏み込んで書くのか?」と注目する声が相次いでいる。同作は、吉本興業の創業者で、日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性・吉本せいの生涯をモデ.. 続きを読む

「山口組」抗争勃発、その時、極妻は……? 紙袋で拳銃とお金を届けたことも

「山口組」抗争勃発、その時、極妻は……? 紙袋で拳銃とお金を届けたことも

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。■「任侠山口組」を巡って殺人事件が勃発恐れていた事態が起こってしまいました。9月12日、神戸市内で「任侠山口組」の織田絆誠(おだ・.. 続きを読む

神戸山口組が任侠山口組トップを狙った銃撃事件の波紋

神戸山口組が任侠山口組トップを狙った銃撃事件の波紋

2017年9月12日午前10時ころ、神戸市長田区で響いた銃声が、周辺住民を驚かせた。任侠団体山口組織田絆誠代表を狙った神戸山口組が拳銃をぶっ放したのだ。これによって任侠団体山口組構成員が死亡。任侠団体山口組のトップを的にかけると.. 続きを読む

「今井絵理子と不倫→架空発注疑惑で辞職」の橋本健市議に“ヤクザとのつながり”ウワサも?

「今井絵理子と不倫→架空発注疑惑で辞職」の橋本健市議に“ヤクザとのつながり”ウワサも?

今井絵理子参院議員との不倫騒動から政務活動費の横領疑惑が浮上、これを否定しながらも議員辞職を表明した橋本健・神戸市議会議員に、暴力団関係者とのつながりがウワサされている。神戸市の議会関係者によると「橋本市議の経営する歯科.. 続きを読む

ポン中だって“白馬の王子”に夢中! 女囚たちの愛読書は「ハーレクイン・ロマンス」

ポン中だって“白馬の王子”に夢中! 女囚たちの愛読書は「ハーレクイン・ロマンス」

覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。■獄中はヒマなので、本も読みます今年の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。