小池徹平
1986年1月5日生まれ、大阪府出身、バーニングプロダクション所属。2005年に俳優のウエンツ瑛士とWaTを結成し、メジャーデビューから史上最短で『第56回NHK紅白歌合戦』に出場した。4年連続で出場するも、2016年に解散する。第14回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞して芸能界入り。ファッション雑誌でモデルとして活動後、2002年のドラマ『天体観測』で俳優デビュー。その後、2004年のドラマ『WATER BOYS2』、2005年のドラマ『ごくせん』 第2シリーズ、同年のドラマ『ドラゴン桜』などでメインキャストを務める。2006年の実写映画『ラブ☆コン』、2008年の映画『ホームレス中学生』、2009年の映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』、2011年の映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』では主演を務めた。2016年、舞台『1789』『キンキーブーツ』での演技が評価され第42回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。2018年、3歳年上の女優の永夏子と結婚し、2019年9月に長男が誕生した。

「小池徹平」に関するニュース検索結果(509件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ