富豪刑事の最新情報

富豪刑事 に関するニュース検索結果   11件

深田恭子が最高にかわいい連ドラトップ10 男性人気1位はまさかの…

深田恭子が最高にかわいい連ドラトップ10 男性人気1位はまさかの…

(©ニュースサイトしらべぇ)先日お届けした「深田恭子の連ドラ出演作で好きな作品ランキング」の記事。ブレイクのきっかけとなった『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)が放送から20年近く経った今も1位を獲得するなど、根強い人気を.. 続きを読む

深キョン出演ドラマでどれが一番好き? 男女で大きな差が…

深キョン出演ドラマでどれが一番好き? 男女で大きな差が…

先日お届けした「深田恭子が出演した連ドラで一番好きな作品ランキング」の記事。第1位になったのは98年放送の『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)で、第2位の『富豪刑事』シリーズ(テレビ朝日系)に7ポイントの差をつける結果に。.. 続きを読む

深田恭子の出演ドラマ「好きな作品」ランキング 1位はあの感動作に

深田恭子の出演ドラマ「好きな作品」ランキング 1位はあの感動作に

(深田恭子)整った顔立ちと肉感的なボディで男女問わない人気を誇る女優の深田恭子。これまで多くの作品に出演してきている彼女だが、もっとも「好き」と思われている作品はどれなのだろうか。しらべぇでは彼女を知る20~60代の1189名に.. 続きを読む

“あの衣装”は「母校の制服に近い」メーン・ヒロインを数多くこなす深田恭子のデビュー当時と今

“あの衣装”は「母校の制服に近い」メーン・ヒロインを数多くこなす深田恭子のデビュー当時と今

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画。第8回には、“深キョン”の愛称で親しまれる女優・深田恭子が登場。1997年、中学3年生のときに女優デビュ.. 続きを読む

月9『貴族探偵』の凄まじい気迫を感じた初回、問題は相葉雅紀の「棒プレイボーイぶり」だけ

月9『貴族探偵』の凄まじい気迫を感じた初回、問題は相葉雅紀の「棒プレイボーイぶり」だけ

慢性的な一桁視聴率に苦悩するフジテレビ月9ドラマチームが、起死回生の一打として放つ『貴族探偵』。4月17日の初回放送、平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、関係者はほっと胸を撫で下ろしたことだろう。突.. 続きを読む

嵐・相葉雅紀『貴族探偵』予告映像の”パクリ臭”にファン騒然

嵐・相葉雅紀『貴族探偵』予告映像の”パクリ臭”にファン騒然

歴史は繰り返すのだろうか。3月27日、4月17日から放送がスタートする嵐・相葉雅紀(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の本編映像が、フジテレビの各情報番組で公開された。同映像をめぐってバクリ疑惑が巻き起こり、早く.. 続きを読む

 “若き”田辺誠一と鈴木一真 “15歳”の吉川ひなのと飾ったメンズノンノ表紙が衝撃的!

“若き”田辺誠一と鈴木一真 “15歳”の吉川ひなのと飾ったメンズノンノ表紙が衝撃的!

吉川ひなのが20年以上前に表紙を飾った『メンズノンノ』をInstagramに公開して驚かせた。彼女と並んでいるのは若かりし頃の鈴木一真と田辺誠一だ。「みんなわかい笑」「めっちゃ可愛やん」などの感想に加え「懐かしい! この表紙見覚え.. 続きを読む

第12回「コメディエンヌの系譜」

第12回「コメディエンヌの系譜」

まぁ、今年の忘年会の余興は、「恋ダンス」で決まりでしょうね。 恋ダンス――そう、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のエンディングで、ガッキー(新垣結衣)をはじめ、出演者たちが星野源サンの曲『恋』に合わせて踊る、あの.. 続きを読む

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」石原さとみの華麗なファッションにもちゃんと意味がある

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」石原さとみの華麗なファッションにもちゃんと意味がある

「校閲」という出版の世界に近いテーマを選んだせいか、おじさん雑誌やウェブメディア界隈がやけに騒がしかった『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』。第2話も視聴率は二桁をキープしており、題材の“地味”さに比べれば大健闘してい.. 続きを読む

進化する女優・深田恭子、アイドルから個性派女優を経て色気も加わり第3次ブレイク到来か!?

進化する女優・深田恭子、アイドルから個性派女優を経て色気も加わり第3次ブレイク到来か!?

9月公開予定の映画『超高速!参勤交代 リターンズ』で、久々の着物姿を披露する女優・深田恭子(33)。深田といえば、7月にはInstagramを開始、セクシーなビキニ水着ショットを公開するたびに話題となっているように、言わずと知れた人気.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】パンデミック後の未来、FBI捜査官コンビが不可解事件を追う

【今週はこれを読め! SF編】パンデミック後の未来、FBI捜査官コンビが不可解事件を追う

『ロックイン』は近未来SFミステリ、それも相棒(バディ)ものだ。相棒ものはふたりの人となりの対照の妙で物語が引きたつ。たとえば、アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』ではニューヨーク市警の叩きあげ刑事イライジャ・ベイリと異星のロ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。