家庭内事故の最新情報

家庭内事故 に関するニュース検索結果   16件

新築住宅、過去4年で1割値上がり…環境性能等の次は空気性能でさらに値上がり

新築住宅、過去4年で1割値上がり…環境性能等の次は空気性能でさらに値上がり

国土交通省の『建築着工統計調査報告』によると、2016年度の新設住宅着工戸数は約97.4万戸でした。建設経済研究所の予測では、17年度は96.4万戸で、18年度が96.5万戸とされていてしばらくは安定しているものの、長期的な視野に立つとその.. 続きを読む

不慮の事故死が最も多いのは…「自宅」!家庭内事故を防ぐ8つのポイント

不慮の事故死が最も多いのは…「自宅」!家庭内事故を防ぐ8つのポイント

ABC / PIXTA家庭内での事故がきっかけで亡くなる人は、年間約14,000人で、交通事故死者数約5,000人の2倍以上になっています。そこで、前回は「転倒や転落」「溺死・溺水」など、家庭内事故の実態について、お話しいたしました。今回は、.. 続きを読む

交通事故よりも多い!不慮の事故死が最も多いのは「自宅」って本当?

交通事故よりも多い!不慮の事故死が最も多いのは「自宅」って本当?

ABC / PIXTA家庭内で起きる事故と聞いて、何を連想しますか?火災や地震など、天災が原因の家庭内事故が多い?と感じている方は多いと思います。しかし、年間におきる家庭内事故は、家庭内での転倒や転落など身近な原因が多く、その死亡.. 続きを読む

高齢者の家庭内事故が急増中!?転倒を防ぐ対策とは

高齢者の家庭内事故が急増中!?転倒を防ぐ対策とは

最も安らげる場所である自宅。しかしながら、実は家の敷地内で発生する事故が非常に多いことをご存じだろうか。特に、足腰の弱った高齢者にとって怖いのが「転倒」。骨折や、最悪の場合寝たきりになるのを防ぐため、専門家に危険な場所と.. 続きを読む

事故の7割は家で発生!「梅雨のお家遊び」での注意点7つ【3歳児神話#14】

事故の7割は家で発生!「梅雨のお家遊び」での注意点7つ【3歳児神話#14】

出典:https://www.shutterstock.com/3歳まではママが育てないと子どもの成長に悪影響が生じる……という“3歳児神話”。どこまでがホントなのか気になるところです。この連載では“3歳まで”をキーワードに、よくあるケースを取り上げ、ポイン.. 続きを読む

急増中!高齢者の家庭内事故そのまま寝たきりになる危険性を防ぐには

急増中!高齢者の家庭内事故そのまま寝たきりになる危険性を防ぐには

■高齢者の事故は住宅内で起きている内閣府の高齢社会白書(2016年度版)によると、高齢者の事故発生の場所は、77%が住宅内との結果が報告されています。住宅内のどこで事故が発生しているかと言うと、1位…居室。2位…階段。3位…台所・食.. 続きを読む

私が「働くママに育てられてよかった!」と心の底から思う4つのワケ

私が「働くママに育てられてよかった!」と心の底から思う4つのワケ

近年、共働き家庭は増加傾向にあるとはいえ、男女平等にはまだまだほど遠い日本社会……。育児は母親がするもの、という思い込みから抜けられず、しばし働くママの背後についてまわるのが、子どもへの罪悪感や後ろめたさ。そこで今回は、育.. 続きを読む

赤ちゃんの家庭内事故はどう防ぐ?とっさの応急処置と予防対策7選

赤ちゃんの家庭内事故はどう防ぐ?とっさの応急処置と予防対策7選

赤ちゃんは、いつどこでどんなことをするかわからない、いつも危険と隣り合わせ。ほんの一瞬目を離した隙に事故は起こります。大切な我が子を大ケガや事故から守るためにも、予めできるだけ多くのヒヤリ・ハットを把握しておくことも大切.. 続きを読む

浴室、トイレ、洗濯機…子どもが“溺れる”危険性に要注意!

浴室、トイレ、洗濯機…子どもが“溺れる”危険性に要注意!

家庭内では、大小さまざまな事故が起きているが、今、日本の家庭内事故で多くの子どもの命を奪っているのが、お風呂などで発生する「溺死」だ。浴槽はもちろん、ベビーバスなどにわずか10cm~30cmの水があれば、あっという間に溺れてしま.. 続きを読む

神宮外苑で火災…!死亡事故になりかねない「身近な危険」10選

神宮外苑で火災…!死亡事故になりかねない「身近な危険」10選

source:http://www.shutterstock.com/11月6日、東京都新宿区の明治神宮外苑で開催されたイベントの展示品が発火し、5歳の男児が亡くなり、男性2名が負傷する痛ましい事故が発生しました。木製ジャングルジムだった、同展示品のおがくず.. 続きを読む

成長と共にリスクも変わる!年齢別・家庭内事故死の要注意ポイントは?

成長と共にリスクも変わる!年齢別・家庭内事故死の要注意ポイントは?

好奇心旺盛でやんちゃな子供たち。何でも食べてみようとしたり、高いところにのぼったり、危ないものを触ろうとしたり……私たち大人が考えもしないことを次々にするので、日々気が気じゃない!というパパ・ママも多いのではないでしょうか.. 続きを読む

見守りだけでは防げない! 転倒・転落から子どもを守る

見守りだけでは防げない! 転倒・転落から子どもを守る

「マンションのバルコニーから子どもが転落して命を落とした」「室内で転んで、頭を強く打った」。こうしたニュースに触れるたび、「何か防ぐ手立てはないかな」「そんな痛ましい事故が起きるなんて……」と悲しく感じる人も多いだろう。で.. 続きを読む

バリアフリーだけじゃない! 「段差」と「手すり」は使いよう

バリアフリーだけじゃない! 「段差」と「手すり」は使いよう

高齢者が通うデイサービス施設の中には、あえて段差・坂・階段を残して、手すりや支えを使って歩くことでリハビリを兼ねるというポリシーの所がある。同じように自宅でも足腰を鍛えるためには、安直に「バリアフリー化」してしまうのは良.. 続きを読む

燃料電池車+LPガス+発電機で、災害に強いゼロエネルギー住宅とは

燃料電池車+LPガス+発電機で、災害に強いゼロエネルギー住宅とは

「50年に一度」というレベルの災害がここ最近は毎年起こっているし、電力が自由化になるといってもそれで家計が助かるのかは不透明、そんななかガソリンに変わって水素で動くクルマが注目を集めている……。そんな、これからの日本に対応す.. 続きを読む

「家中カーペット」の気持ちよさ、住人が語る住み心地とは

「家中カーペット」の気持ちよさ、住人が語る住み心地とは

急に秋が深まり、暖房器具が恋しい季節がやってきた。エアコンやコタツ、ホットカーペットもいいけれど、いっそのこと床全体をカーペット敷きにするのはどうだろうか? 実は誤解されていることも多い、カーペット暮らしの魅力をご紹介し.. 続きを読む

要チェック!モノと収納家具の「地震対策」5つのポイント

要チェック!モノと収納家具の「地震対策」5つのポイント

各地で火山活動が活発になり、一時は地震に対する世間の警戒心が高まりました。最近は少し落ち着きを取り戻しつつありますが、“天災は忘れたころにやってくる“と言われます。何かが起こってからでは遅いので、今のうちに地震対策を考えて.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。