安達祐実の最新情報

安達祐実 に関するニュース検索結果   269件

2位は1リットルの涙!「泣けるテレビドラマ」第1位は?

2位は1リットルの涙!「泣けるテレビドラマ」第1位は?

大人になると、人前で泣くのは恥ずかしくてなかなかできない。しかし、泣くという行為はストレス解消に効果があるそうで、大泣きしたことで実際に気分が良くなったという人も多いだろう。そこで今回は、これまでに見たテレビドラマの中で.. 続きを読む

危機の中で愛を育む!本郷奏多が男気発揮し「イケメンすぎる」と話題『リピート』

危機の中で愛を育む!本郷奏多が男気発揮し「イケメンすぎる」と話題『リピート』

貫地谷しほり・本郷奏多・ゴリ(ガレッジセール)が主演を務める連続ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)2月22日の第7話では、付き合いたての年上彼女に熱い気持ちを伝える毛利圭介.. 続きを読む

安達祐実、お人形のような"奇跡の可愛さ"にファン驚愕「永遠の少女」

安達祐実、お人形のような"奇跡の可愛さ"にファン驚愕「永遠の少女」

女優の安達祐実さんが、21日に自身のInstagramを更新し、可愛すぎる3つのコスチュームで撮影している動画を公開。36歳という年齢をまったく感じさせない安達さんの姿に大きな反響を呼んでいます。 ?????? #新企画 #お楽しみに @aki.. 続きを読む

「CAナンパ」に必勝法!? 井戸田潤も本気モード

「CAナンパ」に必勝法!? 井戸田潤も本気モード

2月15日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)にスピードワゴンの井戸田潤(45)が出演。元キャビンアテンダントで人気官能小説家の蒼井凜花さんからCAと仲良くなれる方法を聞き、興奮する場面があった.. 続きを読む

小林且弥、佐津川愛美、ボイメン田中俊介、渋川清彦らが大谷亮平の初主演映画『ゼニガタ』出演へ

小林且弥、佐津川愛美、ボイメン田中俊介、渋川清彦らが大谷亮平の初主演映画『ゼニガタ』出演へ

5月26日公開の映画『ゼニガタ』のキャストとして、小林且弥、佐津川愛美らの出演が発表された。『ゼニガタ』は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で知られる俳優・大谷亮平が初主演を果たす映画。表向きは居酒屋“銭形”の経営者.. 続きを読む

TBS
『海月姫』第6話、工藤阿須加のストレートすぎる告白は「王子様にしか見えない」

『海月姫』第6話、工藤阿須加のストレートすぎる告白は「王子様にしか見えない」

女優の芳根京子が主演を務めるドラマ『海月姫』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が19日放送され、ドラマ終盤でついに工藤阿須加演じる修が芳根扮する月海へ愛の告白。そのストレートすぎる言葉にSNS上では「キュンキュンした」「王.. 続きを読む

女性が食事する“色気”を映像で表現『不倫食堂』人妻役に安達祐実、今野杏南ら

女性が食事する“色気”を映像で表現『不倫食堂』人妻役に安達祐実、今野杏南ら

俳優の田中圭が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」にて配信されるオリジナルドラマ『不倫食堂』で主演を務めることがわかった。山口譲司原作の同名漫画(集英社/グランドジャンプにて連載中)を.. 続きを読む

月9「海月姫」第2章突入!原作と異なる怒濤の展開 三角関係はややこしさに拍車

月9「海月姫」第2章突入!原作と異なる怒濤の展開 三角関係はややこしさに拍車

女優の芳根京子(20)が主演を務めるフジテレビ“月9”「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・00)は第6話(19日放送)から第2章に突入。同局編成企画の渡辺恒也氏に後半の見どころを聞いた。 原作は、代表作に「かくかくしかじか」「東京タ.. 続きを読む

田中圭「不倫(役)1年の総決算」?出張先で不倫する主人公に「ベッドシーンも多くある」<不倫食堂>

田中圭「不倫(役)1年の総決算」?出張先で不倫する主人公に「ベッドシーンも多くある」<不倫食堂>

【田中圭/モデルプレス=2月19日】俳優の田中圭が、3月7日18時より配信スタートするFODオリジナルドラマ『不倫食堂』(全4話)に主演することがわかった。◆田中圭「不倫(役)1年の総決算」『不倫食堂』は、山口譲司原作の漫画「不倫食.. 続きを読む

「海月姫」瀬戸康史のドレス姿が美しすぎます描かせてください、安達祐実はやっぱり凄かった5話

「海月姫」瀬戸康史のドレス姿が美しすぎます描かせてください、安達祐実はやっぱり凄かった5話

月曜 よる9時「海月姫」運転手の花森(要潤)から「天水館の買収100パーセント決まるみたい」だということ、父の慶一郎(北大路欣也)がパーティで「天水地区の再開発に賛成派であることを表明する」予定だと聞いた蔵之介(瀬戸康史)。.. 続きを読む

海月姫、安達祐実の「オタクキャラ」に称賛続々!

海月姫、安達祐実の「オタクキャラ」に称賛続々!

2月12日放送のドラマ『海月姫』に、女優の安達祐実(36)が出演。強烈なオタクキャラを好演し、話題になっているようだ。このドラマは、クラゲオタクの倉下月海(芳根京子/20)をはじめ、アパート「天水館」に暮らすオタク女子たちの交.. 続きを読む

貫地谷しほり、島崎遥香&本郷奏多に挟まれた仲良し3ショットにご満悦?「癒されてます~」

貫地谷しほり、島崎遥香&本郷奏多に挟まれた仲良し3ショットにご満悦?「癒されてます~」

女優の貫地谷しほりさんが、15日に自身のInstagramを更新。 貫地谷さんは、現在放送中のドラマ「リピート~運命を変える10か月~」(日本テレビ系)で共演中の島崎遥香さん&本郷奏多さんとの3ショットを公開し、反響を呼んでいます。 .. 続きを読む

黒歴史か伝説か?少年ジャンプに安達祐実がグラビア登場の真相

黒歴史か伝説か?少年ジャンプに安達祐実がグラビア登場の真相

2月10日発売の「週刊少年ジャンプ11号」が約4年ぶりにタレントのグラビアを掲載し話題になっている。ますだおかだ・岡田圭右の娘である岡田結実のグラビアだ。「少年ジャンプは少年マガジンや少年サンデーと違い、タレントのグラビアをほ.. 続きを読む

今期タイムリープドラマ対決「リピート」を「トドメの接吻」と対比してまとめてみた

今期タイムリープドラマ対決「リピート」を「トドメの接吻」と対比してまとめてみた

今季のドラマには、“タイムリピートもの”が2本ある。『トドメの接吻』(日本テレビ系)と『リピート』(日本テレビ系)だ。(原作)『トドメの接吻』はタイムリープを繰り返して人生を好転させる生き方を描いているが、『リピート』では.. 続きを読む

『海月姫』視聴率4%台目前でも絶賛&興奮の嵐…深刻な「フジ月9」嫌い露呈か

『海月姫』視聴率4%台目前でも絶賛&興奮の嵐…深刻な「フジ月9」嫌い露呈か

芳根京子が主演を務める『海月姫』(フジテレビ系)の第5話が12日に放送され、平均視聴率が5.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。前回は7.5%まで回復したものの、あっという間に4%台目前まで低下してしまった。.. 続きを読む

安達祐実の「ツインテール」「幼児言葉」投入も「海月姫」が“瀕死”!

安達祐実の「ツインテール」「幼児言葉」投入も「海月姫」が“瀕死”!

2月12日放送の「海月姫」(フジテレビ系)第5話の視聴率が、5.3%と大幅ダウンしたことがわかった。鳴り物入りで始まったこのドラマは初回から“月9”ワースト2位の8.6%を記録。第2話以降、6.9%、5.9%、7.5%と推移していた。少々盛り返.. 続きを読む

“PTA役員”松平健再び「PTAグランパ2!」4月から放送

“PTA役員”松平健再び「PTAグランパ2!」4月から放送

NHK BSプレミアムで4月8日(日)から放送される、松平健主演の連続ドラマ「PTAグランパ2!」が発表された。同作は、2017年に放送された「PTAグランパ!」の第2弾。孫のためにPTA副会長を務める“じぃじ”こと勤(松平)の奮闘する姿を描く。ま.. 続きを読む

NHK
まさかのソウルロケも実らず……平昌五輪の裏で月9『海月姫』視聴率急落の5.3%!

まさかのソウルロケも実らず……平昌五輪の裏で月9『海月姫』視聴率急落の5.3%!

オタク女子だけが住む共同アパート・天水館を舞台に、主人公のクラゲオタク・月海(芳根京子)の恋模様などを描く月9ラブコメディ『海月姫』(フジテレビ系)。女装イケメンの蔵之介(瀬戸康史)と童貞エリート・修(工藤阿須加)の異母.. 続きを読む

『海月姫』瀬戸康史「俺を見ろ!」からの不意打ちキスにキュン死者続出

『海月姫』瀬戸康史「俺を見ろ!」からの不意打ちキスにキュン死者続出

物語の大きなヤマ場である「ファッションショー」回を迎えた『海月姫』(フジテレビ系)。12日夜9時より、第5話が15分拡大で放送された。■ファッションショー開催(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』)天水館の買収を進めようとする稲.. 続きを読む

瀬戸康史の“衝動キス”に女子悶絶「息止まった」「かっこよすぎて涙」<海月姫>

瀬戸康史の“衝動キス”に女子悶絶「息止まった」「かっこよすぎて涙」<海月姫>

【瀬戸康史/モデルプレス=2月13日】女優の芳根京子が主演を務めるフジテレビ系新月9ドラマ『海月姫』(毎週よる9時~※この日は15分拡大)の第5話が12日に放送され、瀬戸康史が芳根に不意打ちのキスをするラストシーンに「かっこいい」.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。