安田顕
1973年12月8日生まれ、北海道出身、CREATIVE OFFICE CUE所属。演劇ユニット「TEAM NACS」のサブリーダー。兄は作曲家・ラジオディレクターの安田史生。2002年、学生時代より交際していた一般女性と結婚し、2004年に長女が誕生。1998年、劇団upspeakを旗揚げし、主宰だけではなく作・演出も手掛ける。1998年から、北海道テレビの深夜番組『水曜どうでしょう』にテレビ局のマスコットキャラクター「onちゃん」のスーツアクターとして出演する。2006年の大河ドラマ『功名が辻』に出演する。2008年の連続テレビ小説『瞳』、2019年の連続テレビ小説『なつぞら 』ではヒロインの幼なじみになっていく少年の父親役を演じた。2019年のドラマ『俺の話は長い』や2020年のドラマ『アリバイ崩し承ります』ではメインキャストを演じている。2018年の映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』、同年の映画『愛しのアイリーン』、2019年の映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』などの映画でも主演を演じた。

「安田顕」に関するニュース検索結果(783件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ