安楽死の最新情報

安楽死 に関するニュース検索結果   172件

「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れた男性の “愛犬への愛” がハンパない / 意味は知ってたけどペットに愛情を示したかったらしい…

「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れた男性の “愛犬への愛” がハンパない / 意味は知ってたけどペットに愛情を示したかったらしい…

人間に裏切られることはあっても、どんな時でもペットだけは寄り添って心の支えになってくれる……と耳にすることがある。そんな最愛のペットに愛を示すため、ある飼い主が「ワンコと同じ去勢マークのタトゥー」を入れて話題になっていたの.. 続きを読む

尊厳死と安楽死の違いは? 超高齢化社会で日本はどうなる…

尊厳死と安楽死の違いは? 超高齢化社会で日本はどうなる…

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「尊厳死と安楽死」です。■ 超高齢化社会の日本の今後の課題。徹底した議論を。今年の1月、評論家の西部邁さんが入水自.. 続きを読む

是枝裕和監督監修オムニバス『十年』特報&ティザービジュアル公開

是枝裕和監督監修オムニバス『十年』特報&ティザービジュアル公開

映画『万引き家族』でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督が総合監修を務める、5つのオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の特報とティザービジュアルが解禁。出演の杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴らが.. 続きを読む

もう大丈夫だよ 安楽死の2日前に救われた犬がとった行動に涙があふれる

もう大丈夫だよ 安楽死の2日前に救われた犬がとった行動に涙があふれる

Schenley Hutson Kirkアメリカの動物保護施設には、保護した動物を絶対に殺さない所と、事情により安楽死させる所があります。オハイオ州で動物保護シェルター『ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ』を営むシェンリーさんはあ.. 続きを読む

「自宅庭にいきなりポニーが」仰天した祖母 13歳孫のある行動が原因で(英)

「自宅庭にいきなりポニーが」仰天した祖母 13歳孫のある行動が原因で(英)

ネットの無料広告サイトに祖母の住所を記入したことが原因で、1頭のポニーが祖母の家にやってきた。何も知らなかった祖母は朝、目覚めて庭先にポニーが佇んでいる姿を目にし仰天したという。『Metro』などが伝えている。4月27日、英スタ.. 続きを読む

KAAT×サンプル『グッド・デス・バイブレーション考』5月15日まで!松井周、「人間の共生」を求めて

KAAT×サンプル『グッド・デス・バイブレーション考』5月15日まで!松井周、「人間の共生」を求めて

2018年5月5日(土)に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオにて、KAAT×サンプル『グッド・デス・バイブレーション考』が開幕した。本作は、第55回岸田國士戯曲賞を受賞した作家・演出家・俳優の松井周による作品。深沢七郎の「楢山節考.. 続きを読む

【藤原和博×西野亮廣の未来講座⑥】自殺と安楽死について考える

【藤原和博×西野亮廣の未来講座⑥】自殺と安楽死について考える

国語・英語→ コミュニケーション・リテラシー算数・数学 → ロジカルシンキング・リテラシー社会 → ロールプレイング・リテラシー理科 → シミュレーション・リテラシー体育・音楽・美術・家庭・情報 → プレゼンテーション・リテラシ.. 続きを読む

松井周インタビュー ~「安楽死」から選択肢のある生を考える~『グッド・デス・バイブレーション考』

松井周インタビュー ~「安楽死」から選択肢のある生を考える~『グッド・デス・バイブレーション考』

劇団という体制から松井周の個人ユニットとして新たなスタートを切ることとなった新生「サンプル」。この再始動となる作品が、2018年5月5日(土・祝)からKAAT 神奈川芸術劇場にて上演される舞台『グッド・デス・バイブレーション考』だ.. 続きを読む

是枝裕和監督監修オムニバス映画に杉咲花、國村隼、太賀、池脇千鶴ら

是枝裕和監督監修オムニバス映画に杉咲花、國村隼、太賀、池脇千鶴ら

女優の杉咲花、俳優の國村隼らが『万引き家族』の是枝裕和監督が総合監修を務めるオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』に出演することが分かった。杉咲、國村のほかに太賀、池脇千鶴、川口覚らが出演する。【写真】「杉咲花」フォトギ.. 続きを読む

元飼い主のもとへ19km歩いて戻った猫、安楽死させられそうに(米)

元飼い主のもとへ19km歩いて戻った猫、安楽死させられそうに(米)

「なぜ、自分は別の家族のもとへ連れて来られたのだろう」―元の飼い主を恋しく思う猫は、ひたすら19kmの距離を歩いて戻った。しかし元飼い主は喜ぶどころか、戻って来た猫を安楽死させようとしたのである。はたして猫にはどのような結末.. 続きを読む

酸攻撃に遭った猫、命からがら飼い主のもとへ帰る(英)

酸攻撃に遭った猫、命からがら飼い主のもとへ帰る(英)

イギリスで増え続ける酸攻撃事件。このほどペットの猫が残酷な酸攻撃に遭った。英デボン州に住む猫の飼い主は「どうやったらこんな酷いことができるの」と悲しみと怒りをメディアにぶつけた。『real fix』『Mail Online』などが伝えてい.. 続きを読む

元交際相手からの酸攻撃で全身麻痺になった男性、ベルギーで安楽死

元交際相手からの酸攻撃で全身麻痺になった男性、ベルギーで安楽死

5年間交際した恋人に去られた後、嫉妬に狂った女は酸を浴びせた。2015年9月に起こった英ブリストルでの事件の公判がこのほど行われたが、酸攻撃により重度の火傷を負い、全身麻痺になってしまった男性はベルギーでの安楽死を選び、2017年.. 続きを読む

エリザベス女王の飼っていた最後のコーギー犬が亡くなる

エリザベス女王の飼っていた最後のコーギー犬が亡くなる

エリザベス女王の飼っていたコーギー犬の最後の1頭がこの世を去った。最後の1頭となったのは、癌を患っていた14歳のウィロー。女王はやむなくウィローの安楽死を決断したと報じられている。女王は即位してから、30頭を超えるコーギーを飼.. 続きを読む

 『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

元東京都知事の舛添要一さん。政治・経済などの分野で活躍する一方で、知事退任後の2017年6月に『都知事失格』(小学館)を出版しました。実は、これまでに単著だけで50冊以上もの本を上梓してきました。また、大の本好きという舛添さん.. 続きを読む

飼い犬の唾液で細菌感染した男性、両脚と手の指、鼻を失う(英)

飼い犬の唾液で細菌感染した男性、両脚と手の指、鼻を失う(英)

愛犬との楽しいひとときが、後に人生を大きく変える事態へと発展してしまった。2016年、英マンチェスター郊外に住む男性が飼い犬の唾液に感染し敗血症となり、両脚や手の指を切断しなければならない悲劇に見舞われたのである。このほど英.. 続きを読む

73匹の猫を飼育放棄した老夫婦、生涯ペット飼育を禁じられる(英)

73匹の猫を飼育放棄した老夫婦、生涯ペット飼育を禁じられる(英)

自宅アパートの一室で、73匹もの猫を飼っていた高齢者夫婦。しかし劣悪な環境で飼育というにはあまりにもほど遠かった。このほど夫婦の裁判が英コーンウォールのボドミン治安裁判所で行われ、夫婦には執行猶予付き実刑判決に加えて生涯ペ.. 続きを読む

チューリップと一緒に写真に収まった猫、翌日に亡くなり悲劇の1枚に(英)

チューリップと一緒に写真に収まった猫、翌日に亡くなり悲劇の1枚に(英)

ペットを飼う際、その動物について十分な知識を持たなければならないことを思わせるような不慮の事故がイギリスで起こった。飼い猫が突然中毒を起こしてしまったのだが、飼い主はそれが自宅に飾っていたチューリップのせいとは気付かなか.. 続きを読む

公園に住んで13年 自由気ままに生きる犬(米)  

公園に住んで13年 自由気ままに生きる犬(米)  

米ロサンゼルス地域内の公園に、13年もそこで過ごす1匹の犬がいる。野良犬というにはあまりにも孤高な姿で自由気ままに生きるこの犬に、近隣住民らはある種の魅力を感じ「この公園が犬の住処なのだ」と不思議な犬の存在を認めているよう.. 続きを読む

4歳児の首に突然ガブリ 大型犬、飼い主の見えぬところで(米)

4歳児の首に突然ガブリ 大型犬、飼い主の見えぬところで(米)

日本では、リードから放たれた大型犬に腕や背中、尻などを噛まれ、体の11か所に傷痕が残った女性について、大阪地裁が飼い主に慰謝料80万円と治療費を含む約200万円を支払うよう命じて話題になっている。こうした事件は番犬として犬を飼.. 続きを読む

ドッグフードが原因か 警察犬や飼い犬の死で製造会社が自主回収へ(豪)

ドッグフードが原因か 警察犬や飼い犬の死で製造会社が自主回収へ(豪)

突然餌を食べず痩せ細り、衰えていく犬がオーストラリアの各地で相次いだ。その原因が「あるペットフード会社が製造しているドッグフードでは?」と問題になり、このペットフード会社は自主的に特定の商品を回収している。『Herald Sun』.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。