安倍昭恵の最新情報

安倍昭恵 に関するニュース検索結果   214件

北朝鮮の金正恩委員長が繰り広げる「スカート外交」とは

北朝鮮の金正恩委員長が繰り広げる「スカート外交」とは

画/彩賀ゆう (C)まいじつ2012年11月、野党勢力の結集を呼び掛ける『国民の生活が第一』の小沢一郎氏は、『日本維新の会』と『みんなの党』の関係がぎくしゃくする間隙を突いて乾坤一擲の大勝負に出た。嘉田由紀子滋賀県知事(当時:現.. 続きを読む

細川たかし、杜このみ愛人説を否定も「愛人たくさんいる」発言に騒然

細川たかし、杜このみ愛人説を否定も「愛人たくさんいる」発言に騒然

(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)俳優の梅沢富美男がMCを務める『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)が18日、レギュラー放送としてスタートした。番組内で梅沢は、ゲスト出演した演歌歌.. 続きを読む

【衝撃】北海道函館市のキャラクターてるひこが安倍昭恵夫人を猛烈批判「悪いのは昭恵だよ」「昭恵は謝れ」「もっと悪いのは籠池」

【衝撃】北海道函館市のキャラクターてるひこが安倍昭恵夫人を猛烈批判「悪いのは昭恵だよ」「昭恵は謝れ」「もっと悪いのは籠池」

北海道函館市の人気キャラクターとして絶大な支持を得ている「てるひこ」。老若男女から愛されている「ゆるキャラ」として、インターネット上でも大人気。なんと、てるひこ公式Twitterは82000人以上がフォローしている人気っぷり。・森友.. 続きを読む

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(3)あるコミュニティーに所属

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(3)あるコミュニティーに所属

4つ目の団体は「日本ホーリーバジル協会」。ホーリーバジルとは、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」において「不老不死の草」と呼ばれるハーブのことだという。いわゆる西洋医学の“代替医療”で、口さがない向きからは“エセ医学”とさ.. 続きを読む

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(2)「私は安倍晋三の家内です」

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(2)「私は安倍晋三の家内です」

続いて、「FUJISAN地球フェスタWA」に注目。昭恵夫人は名誉顧問として名を連ねていた。同イベントは自然や文化の保護、被災地支援を目的とし、14年から毎年開催されている。志は高尚なのだが‥‥。「実は昭恵夫人だけでなく、石破茂氏や前.. 続きを読む

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(1)世界に12個ある巨大な水晶!?

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」のトンデモ流儀(1)世界に12個ある巨大な水晶!?

「こんな時期ですから、ほとんど来てないですね」。昭恵夫人が経営する、1本450円の串焼きや1皿600円の板わさを提供する高級居酒屋の店員は客にこう説明している。夫の政権を破壊しかねない各種団体との交流が問題となった、うかつなファ.. 続きを読む

やっぱり加計ありき!?「首相案件」文書、愛媛県知事認めた

やっぱり加計ありき!?「首相案件」文書、愛媛県知事認めた

学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に新設した獣医学部を巡り、同県が「ない」と回答していた計画に関する文書が存在していた問題で、文書には首相秘書官が「本件は首相案件」と述べたと記載されていたことが10日、分かった。また安倍晋.. 続きを読む

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」の“不用意すぎる”実態とは?

安倍昭恵「名誉職引き受けマニア」の“不用意すぎる”実態とは?

まるで進展を見せずに消化不良で終わった「アベ森友国会」。解決のカギを握ると言われる「アッキー召喚」を巡り、与野党が激しくつばぜり合いを繰り広げる中、3月28日の参院予算委員会の答弁で、安倍晋三総理が、騒動の発端になった昭恵.. 続きを読む

「茶番喚問」を喜ぶ8人の「クソ野郎」と恥ずかしき政界(4)「昭恵は答弁も経営もダメ」

「茶番喚問」を喜ぶ8人の「クソ野郎」と恥ずかしき政界(4)「昭恵は答弁も経営もダメ」

当然ながら野党が「次の一手」として強く要求するのが、安倍昭恵夫人(55)の証人喚問である。政治評論家の小林吉弥氏が解説する。「昭恵夫人の証人喚問が実現しないかぎり、野党が森友問題で手を引くことはない。幕引きをしたい自民党の.. 続きを読む

レスリング協会が報告書と議事録を公表 一般との感覚差に不信感の声

レスリング協会が報告書と議事録を公表 一般との感覚差に不信感の声

(画像は「日本レスリング協会公式サイト」のスクリーンショット)8日、日本レスリング協会が公式サイトで第三者委員会の調査報告書と、6日に行なわれた理事会の議事録などを公表した。■会見内容と異なる印象も同協会は6日の時点で理事会.. 続きを読む

梅沢富美男が安倍昭恵夫人や栄和人氏の出演へ「俺が交渉に行きます」

梅沢富美男が安倍昭恵夫人や栄和人氏の出演へ「俺が交渉に行きます」

梅沢富美男がMCを担当する『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)が、18日から放送される。6日、番組の進行を務める阿部哲子と共に、梅沢が会見に登場した。■梅沢だから聞ける(©ニュースサイトしらべぇ)『梅沢富美男のズ.. 続きを読む

梅沢富美男、たけしの事務所騒動をチクリ「そりゃ怒ると思う」

梅沢富美男、たけしの事務所騒動をチクリ「そりゃ怒ると思う」

梅沢富美男がレギュラー番組のMCに初挑戦する『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系、4月18日スタート、毎週水曜22:00~22:54 ※初回のみ21時からの2時間SP)の会見が6日、都内で行われ梅沢と進行役の阿部哲子が出席した。ち.. 続きを読む

昭恵氏の下僕とされた谷査恵子氏、1億円超える国家公務員人件費を昭恵氏に注いだ安倍政権の前近代性(すくらむ)

昭恵氏の下僕とされた谷査恵子氏、1億円超える国家公務員人件費を昭恵氏に注いだ安倍政権の前近代性(すくらむ)

今回はすくらむさんのブログ『すくらむ』からご寄稿いただきました。昭恵氏の下僕とされた谷査恵子氏、1億円超える国家公務員人件費を昭恵氏に注いだ安倍政権の前近代性(すくらむ)前回記事*1の「民間企業に置き換えると、その企業の役.. 続きを読む

安倍昭恵首相夫人からの「Facebook友達申請騒動」顛末

安倍昭恵首相夫人からの「Facebook友達申請騒動」顛末

画像はイメージです Ushico / PIXTA(ピクスタ)3月18日のこと。YouTubeに、とある動画が投稿された。アップしたのは元NHK職員で葛飾区議の立花孝志氏だ。立花氏は2016年に東京都知事選挙に立候補した際、NHKの政見放送で「NHKをぶっ壊す!.. 続きを読む

【社畜ノート  ストー…】Twitterで話題の画像まとめ(4/3 早朝版)

【社畜ノート ストー…】Twitterで話題の画像まとめ(4/3 早朝版)

社畜ノート ストーリーは適当です pic.twitter.com/J4erDnFF0H — しんらしんげ (@shin___geki) April 3, 2018   あ!スーモ! pic.twitter.com/qyXUoFYD86 — モルヒョ®︎(18歳JK) (@MolhyoJK) April 3, 2018   安部菜々さん17歳 pic.t.. 続きを読む

女性週刊誌3誌がこぞって取り上げる「安倍昭恵夫人」の謎を解くキーワード

女性週刊誌3誌がこぞって取り上げる「安倍昭恵夫人」の謎を解くキーワード

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!またしても、出た。「ない」と言っていた陸上自衛隊のイラク派遣時の日報が見つかった.. 続きを読む

昭恵夫人から"友達申請"受けたYouTuber区議・立花孝志が"森友=同和利権"デマを「昭恵から聞いた」と告白!

昭恵夫人から"友達申請"受けたYouTuber区議・立花孝志が"森友=同和利権"デマを「昭恵から聞いた」と告白!

佐川宣寿・財務省前理財局長の証人喚問から1週間。逃げ切りモードの官邸は、野党や国民が要求する安倍昭恵夫人の国会招致を潰そうと躍起になっている。先日、安倍首相は昭恵夫人の55もの名誉職について「ほとんど辞退する」と明言した。.. 続きを読む

森友問題で、安倍昭恵夫人がダンマリを続ける裏事情

森友問題で、安倍昭恵夫人がダンマリを続ける裏事情

森友学園への国有地売却問題で、国会が紛糾している。森友学園が開校を目指していた小学校「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長に就任し関与が疑われている安倍昭恵・首相夫人は、いまだ沈黙を続けている。そんななかで、昭恵夫人の周囲から.. 続きを読む

千原せいじ、ロザン宇治原が「森友追及はクソ」「佐川喚問は魔女裁判」とネトウヨばりの政権擁護! 一方デモ参加のほっしゃんは...

千原せいじ、ロザン宇治原が「森友追及はクソ」「佐川喚問は魔女裁判」とネトウヨばりの政権擁護! 一方デモ参加のほっしゃんは...

先週金曜におこなわれた森友文書改ざん問題の真相解明を求める官邸前抗議行動に参加した星田英利(元ほっしゃん。)への嫌がらせがつづいている。デモに参加したことや安倍政権批判に対する罵詈雑言に加え、デモ終了後の深夜には、星田の.. 続きを読む

“無責任ファースト”安倍昭恵をさっさと国会に引きずり出せ(4)グラつく自民党内部

“無責任ファースト”安倍昭恵をさっさと国会に引きずり出せ(4)グラつく自民党内部

総理夫人が引き起こしたとも言える文書改ざん問題以降、時事通信が3月9日から12日に実施した世論調査で、内閣支持率は39.3%に急落。“危険水域”を危ぶむ声も聞かれ、安倍政権の尻に火がついた。そんな中、不機嫌さを隠さないのが、いちば.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。