天皇賞の最新情報

天皇賞 に関するニュース検索結果   162件

【朝日杯FS】渡辺薫彦厩舎に重賞初勝利を!「今週の決断」

【朝日杯FS】渡辺薫彦厩舎に重賞初勝利を!「今週の決断」

14戦、12勝と2勝。この数字だけでピンと来た人は超競馬通! これはテイエムオペラオーとナリタトップロードの対戦成績なんです。ともに1996年に生まれた2頭は、その3年後にクラシック戦線を賑やかすことになります。もう1頭、アドマイヤ.. 続きを読む

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダブルシャープの軽視は禁物」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダブルシャープの軽視は禁物」

朝日杯フューチュリティSが今週のメイン。中央競馬のフィナーレを飾ることになったホープフルSがGIへ昇格。こちらは2000メートルの距離で争われるだけに、来春のクラシックを意識した顔ぶれになる。反面、この朝日杯FSは従来どおりのマイ.. 続きを読む

【朝日杯FS】大駆けあるダノンスマッシュ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

【朝日杯FS】大駆けあるダノンスマッシュ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

「G1って外国人のこと?」と言われるほど、日本に来日している外人騎手が大攻勢。とりわけ秋は、スプリンターズSからチャンピオンズCまで、G1は計8戦が行われて、なんと7戦が外国人ジョッキーの優勝。なかでもMデムーロ騎手の4勝が際立っ.. 続きを読む

今年の漢字は「北」 「意外だけど納得」「こじつけ」と賛否両論

今年の漢字は「北」 「意外だけど納得」「こじつけ」と賛否両論

(toey19863/iStock/Thinkstock)毎年12月に公益財団法人 日本漢字能力検定協会から発表される「今年の漢字」。ことしは「北」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主が揮毫した。■2017年は「北」北朝鮮から発射されたミサイル.. 続きを読む

【阪神JF】リリーノーブルは抜群の勝負強さ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

【阪神JF】リリーノーブルは抜群の勝負強さ「阿部幸太郎 オレの美味予想」

「ジャパンカップ」の結果は、やはりでした。秋の天皇賞を制した1番人気キタサンブラックが3着に敗退。天皇賞でクビ差2着の3番人気サトノクラウンにいたっては10着に惨敗しました。本誌で◎に推した5番人気シュヴァルグランが優勝。〇レイ.. 続きを読む

日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(2)香港Cは覚醒したネオリアリズム◎

日本馬8頭参戦「香港国際競走」をブチ当てる(2)香港Cは覚醒したネオリアリズム◎

香港スプリントは、日本馬が苦戦しているレースだ。東京スポーツのコラム「海外競馬解析」を執筆する競馬ライターの秋山響氏が解説する。「香港スプリントは圧倒的に香港調教馬が強いレースです。過去10年で7勝をあげ、昨年は4着までを独.. 続きを読む

<競馬>香港GⅠシリーズ総ナメの予感!?

<競馬>香港GⅠシリーズ総ナメの予感!?

今週末、阪神競馬場では2歳牝馬の頂点を決める阪神ジュベナイルフィリーズが行われる。ロックディスタウンとラッキーライラックのオルフェーヴル産駒2頭による一騎打ちの様相を呈しているが果たしてどの馬がチャンピオンに輝くのだろうか.. 続きを読む

紅白歌合戦「出場裏バトル」を全部書く(1)安室は3億円セットでも辞退

紅白歌合戦「出場裏バトル」を全部書く(1)安室は3億円セットでも辞退

今年も大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦の出場歌手が決定した。昨年は解散したSMAP出場を巡る話題でギリギリまで引っ張ったが、結局は肩透かしとなる不出場組が続出。さらに今年はヒット曲もブームも見当たらず、もはや目玉不在のカラ.. 続きを読む

【ジャパンカップ】レイデオロにチャンスあり「薮中泰人 中間調教報告」

【ジャパンカップ】レイデオロにチャンスあり「薮中泰人 中間調教報告」

■天皇賞春秋制覇のキタサンブラックは状態が心配 キタサンブラックは天皇賞(春)でレコードV。史上最も時計を要した、天皇賞(秋)も勝った。まさしく最強馬だが、「経験したことがない雨馬場」(武豊騎手)を走ったダメージは小さくな.. 続きを読む

【ジャパンカップ】どんな展開にも対応可能なマカヒキ復活「須田鷹雄 レース傾向分析」

【ジャパンカップ】どんな展開にも対応可能なマカヒキ復活「須田鷹雄 レース傾向分析」

■外国馬が馬券に絡む可能性は? 今年のジャパンCには4頭の外国馬が来日予定だが、馬券に絡む可能性は低いと見る。クールモアからアイダホを呼び寄せたのはJRAのお手柄だが、同馬は北米に2往復遠征した後でもあり、状態面もやや不安だ。.. 続きを読む

【ジャパンC】ヤマカツエースが“G2大将”を返上か!?「今週の決断」

【ジャパンC】ヤマカツエースが“G2大将”を返上か!?「今週の決断」

引退まで残すところあと2レースのキタサンブラック。前走の天皇賞(秋)では、極悪馬場の中、道悪の鬼・サトノクラウンを退けたように、もはや死角がない。とはいえ、出遅れて後ろから早めに進出して力を出しきる展開だっただけに、消耗.. 続きを読む

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「パワーアップしたレイデオロ」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「パワーアップしたレイデオロ」

秋の東京開催。その掉尾を飾るのは、ご承知のとおりジャパンカップだ。ただ、以前の盛り上がりはない。日本馬の質の向上もあるだろうが、凱旋門賞のあと、米国のBCと香港国際競走のはざまにあり、どうしても軽んじられる傾向にある。何度.. 続きを読む

【ジャパンカップ】マカヒキは流れに乗れるか「井崎脩五郎 競馬新理論」

【ジャパンカップ】マカヒキは流れに乗れるか「井崎脩五郎 競馬新理論」

どうしてこんなに変わってしまったのか。マカヒキの成績を見ると、誰もがそう思うのではないだろうか。一昨年にデビューし、昨年のニエル賞(フランス)を勝った時点での成績は[5・1・0・0]。負けたのは、上がり最速で追い込みながら、.. 続きを読む

【マイルチャンピオンシップ】レッドファルクスがG1連勝「須田鷹雄 レース傾向分析」

【マイルチャンピオンシップ】レッドファルクスがG1連勝「須田鷹雄 レース傾向分析」

以前は、天皇賞・秋からマイルCSというローテーションの馬は絶対に買いで、ステップレースであるスワンSからの距離延長組は、買えないパターンだった。同レース組は今でも積極的にオススメとまでは言えないのだが、「距離延長」「前走も.. 続きを読む

【マイルCS】マルターズアポジーが大逃げの一人旅!「今週の決断」

【マイルCS】マルターズアポジーが大逃げの一人旅!「今週の決断」

大逃げが秋の淀を沸かせる! 本命はマルターズアポジーから行きたい。自分の形で逃げられれば、現役では最強の逃げ馬。ここは無理にでもハナを主張したい馬はおらず、スムーズに前に行ける可能性が高い。プレッシャーがない分、鞍上も思.. 続きを読む

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「臨戦態勢万全ウインガニオン」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「臨戦態勢万全ウインガニオン」

秋競馬も佳境。京都競馬場で行われるマイルCSが今週のメイン。テンからやり合う激しいレースが毎度展開されることで、見応えある一戦になること請け合いだ。まずは顔ぶれを見てみよう。先の天皇賞・秋でも有力視されたサトノアラジン、ネ.. 続きを読む

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(1)ルメールが乗れるように出走レースを調整

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(1)ルメールが乗れるように出走レースを調整

秋GI戦線真っ盛り。先日、3歳クラシック3冠目となる秋華賞、菊花賞が終わったが、オークス、ダービー馬がともに不在。「馬よりも騎手を優先」するローテーションに、競馬ファンからは残念がる声が漏れ伝わってくるが──。現在の競馬はC・.. 続きを読む

<競馬>キタサンブラック、最高獲得賞金額への道

<競馬>キタサンブラック、最高獲得賞金額への道

先日、現役最強馬のキタサンブラックが年内限りで引退するという発表があったのはご存知だろうか。これまでに勝利したGⅠは菊花賞、天皇賞春、大阪杯、ジャパンカップのビッグタイトルを計5勝と、過去の歴代名馬と比べて何ら遜色のない実.. 続きを読む

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ミッキーロケット状態アップ」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ミッキーロケット状態アップ」

天皇賞・秋の顔ぶれは、すこぶるつきの豪華メンバー。GI勝ち馬が半数近い8頭。見応え満点の競馬になること請け合いで、馬券的にも実におもしろい。宝塚記念で思わぬ大敗を喫したキタサンブラックを筆頭としたそのGI馬は、どれもここを目.. 続きを読む

<競馬>群雄割拠の秋華賞

<競馬>群雄割拠の秋華賞

幾分、夕方以降の気温が肌寒くなって来た今日この頃。道行く人々の格好を見ては秋の到来を感じる事も多くなって来ているが、やはり競馬ファンは今週末の秋華賞から暮れの有馬記念まで続くGⅠ戦線のスタートでその始まりを知るのである。今.. 続きを読む

NHK
前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。