大橋巨泉の最新情報

大橋巨泉 に関するニュース検索結果   76件

『がらくた』ツアーを観て改めて気づかされた、自由な地平に立つ桑田佳祐の現在とこれから

『がらくた』ツアーを観て改めて気づかされた、自由な地平に立つ桑田佳祐の現在とこれから

桑田佳祐『がらくたライブ』ディスクレビュー 文=兵庫慎司 2017年10月17・18日朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターからスタートし、12月31日横浜アリーナで終了した(さらにその日は会場からの中継で『紅白歌合戦』にも出演した).. 続きを読む

石橋貴明、『みなおか』終了で「本当に暇」 収録曜日はヨガ教室へ?

石橋貴明、『みなおか』終了で「本当に暇」 収録曜日はヨガ教室へ?

フジテレビの新バラエティー『石橋貴明のたいむとんねる』の取材会が都内で行われ、MCを務めるとんねるずの石橋貴明とミッツ・マングローブが参加。石橋は『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了後の日々を明かした。【写真】『石橋.. 続きを読む

石橋貴明、心機一転フジ新番組も「『みなさん』より弁当が寂しい」

石橋貴明、心機一転フジ新番組も「『みなさん』より弁当が寂しい」

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明がこのほど、東京・台場のフジテレビで同局系新バラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(16日スタート、毎週月曜23:00~ ※初回は23:15~)の収録後に取材に応じ、収録の感想を語った。石橋貴明(左).. 続きを読む

逝去した作家・内田康夫が安倍の改憲路線を真っ向批判!「集団的自衛権容認は間違ってる」「憲法は押し付けられたものじゃない」

逝去した作家・内田康夫が安倍の改憲路線を真っ向批判!「集団的自衛権容認は間違ってる」「憲法は押し付けられたものじゃない」

今月13日、作家の内田康夫氏が敗血症のため都内病院で逝去していたことがわかった。83歳だった。内田氏といえば、代表作「浅見光彦シリーズ」をはじめとした推理小説作家の大御所だが、彼の作品は時に「ミステリー」の枠を飛び越え、政治.. 続きを読む

190万部突破! 大泉洋、根本宗子、鈴木梨央があの話題本をアツく語る

190万部突破! 大泉洋、根本宗子、鈴木梨央があの話題本をアツく語る

話題沸騰中の『漫画 君たちはどう生きるか』をどう読み、今後にどう活かしていくか。大泉洋さん、劇作家の根本宗子さん、ドラマやCMで活躍中の鈴木梨央さんと、世代の違う3人が語り合います。現在44歳になる大泉さんは、娘を持つお父さん.. 続きを読む

「復活を望む番組」調査、10傑にSMAP&嵐の番組が目白押しのワケ!

「復活を望む番組」調査、10傑にSMAP&嵐の番組が目白押しのワケ!

「復活してほしいテレビ番組」についての調査結果が、オリコン・モニターリサーチから去る2月4日に発表されたが、その内訳には、なかなか興味深いものがあり、このところ頻繁に業界内で話題になっているようだ。この調査は、10~50代の男.. 続きを読む

「アベ政治を許さない」と揮毫した俳人・金子兜太 生前語った戦争への危機感とデモへの期待「今こそ大事な時」

「アベ政治を許さない」と揮毫した俳人・金子兜太 生前語った戦争への危機感とデモへの期待「今こそ大事な時」

今月20日、俳人の金子兜太氏が亡くなった。98歳だった。金子氏といえば、近年では、安保法制に対する抗議デモなどで盛んに用いられた「アベ政治を許さない」の文字を揮毫した人物としてもよく知られており、一貫して平和を訴え続けてきた.. 続きを読む

元祖・お嫁さんにしたい女優No.1!竹下景子、プロポーズは自分からだった

元祖・お嫁さんにしたい女優No.1!竹下景子、プロポーズは自分からだった

女優の竹下景子が、2月24日放送の『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演し、MCの阿川佐和子とトークを繰り広げる。中学・高校生時代に所属した演劇部で演じることの楽しさを知った竹下は、16歳の時ドラマ『中学生群.. 続きを読む

羽生善治、宮藤官九郎、みうらじゅん、吉田沙保里、大谷翔平、羽生結弦…戌年生まれ著名人ワンダフル列伝

羽生善治、宮藤官九郎、みうらじゅん、吉田沙保里、大谷翔平、羽生結弦…戌年生まれ著名人ワンダフル列伝

今年、2018年は戌年である。昨年末に総務省が発表した推計によると、戌年生まれの人は1月1日時点で976万人で、日本の総人口(1億2660万人)の7.7%を占めるという。これは十二支のなかではもっとも少ないらしい。羽生善治と宮藤官九郎の.. 続きを読む

ゆりやんレトリィバァ、大阪での値段は100円!? 「せめて消費税つけて~!」

ゆりやんレトリィバァ、大阪での値段は100円!? 「せめて消費税つけて~!」

お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが23日、都内で開催された映画イベントに登壇した。昨日『女芸人No.1決定戦 THE W』で決勝に勝ち進みTwitterで喜びをスタンプ25個連打で表したゆりやんだが、大阪で突如100円の値段をつけられたと嘆いた.. 続きを読む

「わろてんか」12話。ナレ死、救世主、偶然の再会、予定調和も極まると前衛に見えてくる

「わろてんか」12話。ナレ死、救世主、偶然の再会、予定調和も極まると前衛に見えてくる

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第2週「父の笑い」第12回 10月14日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出: 本木一博12話はこんな話ある日、伊能栞(高橋一生)が藤.. 続きを読む

発言が物議を醸す小倉智昭 その司会ぶりをどう思う?

発言が物議を醸す小倉智昭 その司会ぶりをどう思う?

(bx98ct/iStock/Thinkstock)朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)でMCを務めるフリーアナウンサー、小倉智昭。元々東京12チャンネル(現・テレビ東京)のアナウンサーだった彼は、大橋巨泉に見出され、フリーに転身する。不遇.. 続きを読む

瀬戸内寂聴が語る戦争体験と反戦、憲法への思い「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」

瀬戸内寂聴が語る戦争体験と反戦、憲法への思い「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」

本日8月15日は72回目の終戦記念日となる。しかし戦後70年以上の時を経て、戦争の記憶と反省が失われつつある。テレビや雑誌などメディアでも、戦争の記憶を語り継ぐための企画は年々少なくなっている。そんな風潮に抗い自身の戦争体験を.. 続きを読む

本日は大橋巨泉の一周忌...巨泉が遺した安倍政権への批判の声と平和への思いを改めて耳を傾けろ!

本日は大橋巨泉の一周忌...巨泉が遺した安倍政権への批判の声と平和への思いを改めて耳を傾けろ!

本日は、テレビ司会者など多くの分野で活躍した大橋巨泉氏の一周忌となる。大橋氏といえば、『11PM』(日本テレビ)や『クイズダービー』(TBS)、『世界まるごとHOWマッチ』(MBS)といった数々の名物番組で司会をこなし、日本のテレビ.. 続きを読む

追悼...野際陽子が語った戦争を知らない政治家へのメッセージ「戦争の真実を知ってほしい」

追悼...野際陽子が語った戦争を知らない政治家へのメッセージ「戦争の真実を知ってほしい」

女優の野際陽子さんが今月13日に亡くなっていたことがわかった。死因は肺線がん。81歳だった。3年前よりがんを患い、闘病しながら仕事を続けており、現在放送中のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)にも出演していた。『キイハンター.. 続きを読む

ビートたけし、石坂浩二が約30年ぶりバラエティー共演で秘話を暴露

ビートたけし、石坂浩二が約30年ぶりバラエティー共演で秘話を暴露

5月7日(日)夜6時57分より、ビートたけしですら知らないであろう世界のニュースを、人気芸人たちがプレゼンしていく「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース 石坂浩二も知らないSP」がテレビ朝日系で放送される。第1.. 続きを読む

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

日本テレビ系の『世界の果てまでイッテQ!』がすごい。 番組開始10周年となった先の2月の視聴率は、5日が22.5%(関東平均/以下同)、12日が22.2%、19日が20.8%、26日が19.9%と超高値安定。月の平均視聴率21.7%は番組歴代最高とい.. 続きを読む

24年半の軌跡、永六輔と戦争を語る巨星たち

24年半の軌跡、永六輔と戦争を語る巨星たち

2016年7月に83歳で亡くなった永六輔が、TBSラジオで1991年4月から2015年9月まで24年半にわたりパーソナリティーを務めた生放送番組「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」。放送終了後にそのエッセンスをCDの形にしようと、第1弾「泣.. 続きを読む

鈴木清順の弟が明かす、清順美学の根底に流れる戦争の影響「兄は戦争から帰ってきて人が変わった」

鈴木清順の弟が明かす、清順美学の根底に流れる戦争の影響「兄は戦争から帰ってきて人が変わった」

今月22日、『ツィゴイネルワイゼン』や『殺しの烙印』などで知られる鈴木清順監督が慢性閉塞性肺疾患のため亡くなっていたことが明らかになった。93歳だった。色鮮やかで独特な色彩感覚を筆頭とする傑出した画づくりは「清純美学」と呼ば.. 続きを読む

イノッチ、吉川晃司、水原希子も...政権批判や戦争反対を敢然と表明した「よく言った!」芸能人ベスト5、そして大賞は?

イノッチ、吉川晃司、水原希子も...政権批判や戦争反対を敢然と表明した「よく言った!」芸能人ベスト5、そして大賞は?

少しでも大勢に抗い、政治的な発言をしようものならすぐに炎上、ネトウヨから総攻撃を受ける状況で、敢然と発言をした芸能人にリテラが勝手に贈る「よく言った!大賞」。先ほどは10位から6位、そして特別賞を発表したが、いよいよ5位から.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。