大友克洋の最新情報

大友克洋 に関するニュース検索結果   84件

押井守、大友克洋、鈴木俊夫らが応援!東北「国際リニアコライダー」計画のスゴイ内容

押井守、大友克洋、鈴木俊夫らが応援!東北「国際リニアコライダー」計画のスゴイ内容

先日、渋谷のイベントスペースDAIAで『ILC Supporters活動報告会』が開催されました。まず、ILCとは何か?“国際リニアコライダー; International Linear Collider計画”の略で、岩手県と宮城県をまたぐ全長約30km~50kmの直線状(リニア).. 続きを読む

Appleの公式映像を制作したのは新人CGアーティストだった。その想像力の源をたどる

Appleの公式映像を制作したのは新人CGアーティストだった。その想像力の源をたどる

Photo: ギズモード・ジャパン 史上最もパワフルなMacといわれる「iMac Pro」。以前ギズモードでそのパワーを検証したときに映像製作者でないと使いこなせないであろう、という結果になりましたが、.. 続きを読む

後ろが見えるヘルメット──ハイテクがライダーを救う

後ろが見えるヘルメット──ハイテクがライダーを救う

海外ブランドから続々、ライダーの危険を回避してくれるハイテクヘルメットオートバイはクルマと違い、体の周りに保護してくれるフレームやパイプがない。事故を起こしたりもらい事故に遭ったりしないためには、ヘルメットを着用するだけ.. 続きを読む

微妙にズレてる日本文化が、逆に愛おしく思える!? 黒澤明×宮崎駿をポップにリミックス『犬ヶ島』

微妙にズレてる日本文化が、逆に愛おしく思える!? 黒澤明×宮崎駿をポップにリミックス『犬ヶ島』

独特なビジュアルセンスとユーモア感覚の持ち主であるウェス・アンダーソン監督の新作映画『犬ヶ島』は、かなりおかしな作品だ。人種隔離政策ならぬ、犬隔離政策を打ち出した為政者に対し、ひとりの少年と6匹の犬たちが“七人の侍”として.. 続きを読む

ウェス・アンダーソン監督、『犬ヶ島』で13年ぶり来日 「黒澤明監督ならどうするだろうか」

ウェス・アンダーソン監督、『犬ヶ島』で13年ぶり来日 「黒澤明監督ならどうするだろうか」

映画『犬ヶ島』の来日記念舞台あいさつが22日に東京都内で行われ、声優を務めたコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、夏木マリ、村上虹郎、伊藤晃、池田エライザ、そしてウェス・アンダーソン監督が出席した。本作は「.. 続きを読む

村上虹郎、ウェス・アンダーソン監督からプレゼントされた浴衣で登場

村上虹郎、ウェス・アンダーソン監督からプレゼントされた浴衣で登場

俳優の村上虹郎が22日、都内で行われた映画『犬ヶ島』来日記念舞台挨拶に、ウェス・アンダーソン監督からプレゼントされたという浴衣姿で、アンダーソン監督、ボイスキャストを務めたコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓.. 続きを読む

坂上忍が“犬好き”を代表して『犬ヶ島』テレビスポットのナレーションを担当

坂上忍が“犬好き”を代表して『犬ヶ島』テレビスポットのナレーションを担当

ウェス・アンダーソン監督が『ファンタスティック・Mr.FOX』以来8年ぶりにストップモーション・アニメに挑戦した『犬ヶ島』(5月25日公開)。全編日本を舞台に、隔離されてしまった愛犬を探しにいく少年と、犬たちの壮大な冒険を描き出した.. 続きを読む

渋谷PARCO前の『AKIRA』アートウォールがリニューアル!

渋谷PARCO前の『AKIRA』アートウォールがリニューアル!

建替えのために一時休業中の渋谷PARCOでは、工事仮囲いを 「アートウォール」として『AKIRA(アキラ)』のアートワークが展示されている。5月16日(水)から、第2章として作品がリニューアルされる。2017年10月よりスタートした「アートウォ.. 続きを読む

不朽の名作『AKIRA』オマージュへの思い

不朽の名作『AKIRA』オマージュへの思い

『AKIRA』は好き?1982年に連載開始したSFマンガで、88年に劇場版が公開されたジャパニメーションを代表する作品。舞台は2019年の東京。つまり、来年の話。というわけで、その話題を目にする機会が増えている。ついでに、劇場版公開から.. 続きを読む

ウェス・アンダーソンと望月ミネタロウがコラボ!『犬ヶ島』アナザーストーリーが連載決定

ウェス・アンダーソンと望月ミネタロウがコラボ!『犬ヶ島』アナザーストーリーが連載決定

ベルリン国際映画祭で監督賞にあたる銀熊賞に輝いた、ウェス・アンダーソン監督の最新ストップモーション・アニメ『犬ヶ島』(5月25日公開)。全編日本を舞台にしたことでも話題の本作から、先日の大友克洋に続き、日本の大物漫画家とのコ.. 続きを読む

ウェス・アンダーソン監督が熱望!大友克洋×『犬ヶ島』夢のコラボレーションが実現

ウェス・アンダーソン監督が熱望!大友克洋×『犬ヶ島』夢のコラボレーションが実現

『グランド・ブダペスト・ホテル』(13)のウェス・アンダーソン監督が全編日本を舞台に描き出したストップモーションアニメの最新作『犬ヶ島』(5月25日公開)。このたび本作から、ウェス監督も敬愛する日本の漫画家・大友克洋が描き下ろし.. 続きを読む

【明田川進の「音物語」】第2回 音響監督の成り立ちと、「AKIRA」の音楽を芸能山城組に依頼した理由

【明田川進の「音物語」】第2回 音響監督の成り立ちと、「AKIRA」の音楽を芸能山城組に依頼した理由

今回は、音響監督の成り立ちについてお話したいと思います。僕が制作進行として虫プロに入った頃は音響監督という役職はまだなく、「鉄腕アトム」では、フジテレビの別所(孝治)さんというプロデューサーの方がアフレコに立ち会っていま.. 続きを読む

「アオハルかよ。」にこめられた思いとは。今語られる日清食品“カップヌードル”アニメCMの裏側

「アオハルかよ。」にこめられた思いとは。今語られる日清食品“カップヌードル”アニメCMの裏側

キキが、ハイジが、サザエさんが、青春アニメのヒロインになったら――。カップヌードルのテレビCM「HUNGRY DAYS」シリーズの『最終回 篇』が1月26日(金)から全国で放映された。CMの枠を超えたクオリティのアニメーション、シリーズ全体に.. 続きを読む

 分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の.. 続きを読む

 分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の.. 続きを読む

フジ、深夜アニメ枠「+Ultra」新設 谷口悟朗、渡辺信一郎の新作放送

フジ、深夜アニメ枠「+Ultra」新設 谷口悟朗、渡辺信一郎の新作放送

今年10月より、フジテレビの深夜アニメ放送枠が増設することが8日、わかった。名称は「+Ultra(プラスウルトラ)」。すでに木曜深夜に設定されている「ノイタミナ」とは別に新設されることになる。コンセプトは“海外にアニメカルチャー.. 続きを読む

フジテレビ、新アニメ枠「Plus Ultra」を新設 「Ingress」を10月にアニメ化、谷口悟朗監督「revisions」を2019年1月放送

フジテレビ、新アニメ枠「Plus Ultra」を新設 「Ingress」を10月にアニメ化、谷口悟朗監督「revisions」を2019年1月放送

フジテレビは8日、「アニメラインナップ 発表会 2018」を開催し、既存枠の「ノイタミナ」に加え、新しいアニメーション枠「Plus Ultra」を新設すると発表。合わせて2018年10月以降に放送予定のラインナップを公開した。「Plus Ultra」で.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】盆暗にして繊細、くだらないからこそ輝く、宮内悠介の短篇集

【今週はこれを読め! SF編】盆暗にして繊細、くだらないからこそ輝く、宮内悠介の短篇集

宮内悠介の短篇集。純文学作品ではすでに『カブールの園』『ディレイ・エフェクト』という二冊の短篇集があるが、SFもしくはミステリの短篇集としてはこれが最初の一冊となる。厳密に言うと、『盤上の夜』『ヨハネスブルグの天使たち』『.. 続きを読む

熊本アート巡り 震災の傷跡を癒す、やさしい祈りと熱量にふれる旅 【SPICEコラム連載「アートぐらし」】vol.20 遠山昇司(映画監督)

熊本アート巡り 震災の傷跡を癒す、やさしい祈りと熱量にふれる旅 【SPICEコラム連載「アートぐらし」】vol.20 遠山昇司(映画監督)

美術家やアーティスト、ライターなど、様々な視点からアートを切り取っていくSPICEコラム連載「アートぐらし」。毎回、“アートがすこし身近になる”ようなエッセイや豆知識などをお届けしていきます。 今回は、映画監督の遠山昇司さんが、.. 続きを読む

清春、アルバム『夜、カルメンの詩集』の全貌解禁

清春、アルバム『夜、カルメンの詩集』の全貌解禁

清春が2月28日(水)にリリースするアルバム『夜、カルメンの詩集』のジャケットを発表した。極彩色に彩られたグラフィックは、コラージュアーティストの河村康輔によるもの。河村は国内外の様々な美術館、ギャラリーで個展、グループ展.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。