大勝軒の最新情報

大勝軒 に関するニュース検索結果   79件

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.36『永福町 大勝軒』

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.36『永福町 大勝軒』

1955年3月創業のこちらは、いわゆる「永福町系」大勝軒の総本店として創業60年を超えた今もなお行列を作り続け、数ある老舗の中でも別格の存在感を示す、言わばレジェンド店です。 メニューは実質的に中華麺一択。あとは生玉子を付ける.. 続きを読む

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.30『名前のない中華そば屋』

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.30『名前のない中華そば屋』

幡ヶ谷の閑静な住宅街の一画に2017年4月13日オープン。屋号は特にないようで、便宜的に「名前のない~」と呼ばれています。店主さんは先代の東池袋大勝軒で最後のスープ番をされていた方だそうです。 メニューは「中華そば」と「つけ麺.. 続きを読む

「ドッキュ麺」千葉県松戸市の超人気店「中華蕎麦 とみ田」に密着。ラーメン業界のトップを走り続ける富田治は今、何を想うのか 【初出しインタビュー掲載(ページ後半)】

「ドッキュ麺」千葉県松戸市の超人気店「中華蕎麦 とみ田」に密着。ラーメン業界のトップを走り続ける富田治は今、何を想うのか 【初出しインタビュー掲載(ページ後半)】

フジテレビのドキュメンタリー番組『NONFIX』枠で、ラーメン店に完全密着し、その店の魅力を徹底的に深堀りしていくかつてないラーメンドキュメント『ドッキュ麺』が3月31日(土)26時15分より放送される。今回取り上げるのは、千葉県松.. 続きを読む

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.26『人形町 兎屋』

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.26『人形町 兎屋』

「人形町 兎屋」。 2017年4月13日オープン。ここのところ新店が続々とオープンし、にわかに激戦区の様相を呈する人形町。その人形町駅から徒歩1分ほどの好立地にお店はあります。 メニューは「らーめん」と「つけめん」に各種トッピング.. 続きを読む

2日かけて焼き上げる「自家製ヤキブタ」

2日かけて焼き上げる「自家製ヤキブタ」

3月15日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、長年愛される昔ながらの町の中華料理店を特集した中で、「大勝軒」(東京都中央区)が紹介された。同店は、地下鉄銀座線三越前駅から徒歩3分ほどにある、レト.. 続きを読む

【長崎】本店の味を継承しながら“長崎らしさ”を表現!行列ができる人気店「長崎大勝軒」

【長崎】本店の味を継承しながら“長崎らしさ”を表現!行列ができる人気店「長崎大勝軒」

つけ麺の元祖「旧東池袋大勝軒」からのれん分けした、九州で唯一の直系店「長崎大勝軒」(長崎市大黒町)。特性ダレがウリのつけ麺を求めて、昼時は行列ができるほど人気だ。開店当初は本店の味を再現していたが、「こってりした豚骨ラーメ.. 続きを読む

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.11『勝や』

【ラーメン情報】あとは野となれ麺となれ vol.11『勝や』

小田急線梅ヶ丘駅前の路地裏で、老若男女が等しく洗面器大の丼から麺を啜る光景が見られるのは、2006年5月オープンの「勝や」。 元は永福町大勝軒系列の「梅ヶ丘大勝軒」として営業されていましたが、その時の店主さんが「昭島大勝軒」へ.. 続きを読む

「神田カレーグランプリ2017」グランプリ受賞!大勝軒の「復刻版カレーライス」がレギュラー化

「神田カレーグランプリ2017」グランプリ受賞!大勝軒の「復刻版カレーライス」がレギュラー化

「お茶の水、大勝軒」と系列の「お茶の水、大勝軒 BRANCHING」「大勝軒 next 上野店」「大勝軒 next 戸越店」で、「神田カレーグランプリ2017」においてグランプリメニューとなった「復刻版カレーライス」が1月16日(火)よりレギュラーメ.. 続きを読む

絶対食べたい! “神田のカレーの名店”を「神田カレーグランプリ」で食べくらべ【厳選】

絶対食べたい! “神田のカレーの名店”を「神田カレーグランプリ」で食べくらべ【厳選】

東京、神田界隈は400以上のカレー店がひしめき合うカレー激戦区。「神田カレーグランプリ」は、神田地区のカレーナンバー1を決めるイベントとして2011年にスタートしました。この「神田カレーグランプリ2017」が神田・小川広場にて11月4.. 続きを読む

【東京・中野】大勝軒譲りの魂とオリジナリティで勝負する渾身の一杯

【東京・中野】大勝軒譲りの魂とオリジナリティで勝負する渾身の一杯

故・山岸一雄さんが創業した一大勢力「大勝軒」グループ。その総本山である「東池袋大勝軒本店」で長年勤め上げ、シンガポール店の店長も任された橋本健太朗さんが独立開店したのが「麺屋 はし本」。独立に際し、「大勝軒」ののれん分け.. 続きを読む

【発祥の店】いまでは定番メニュー・つけ麺のルーツはココ!あの山岸一雄が修行したお店、荻窪の「丸長中華そば店」

【発祥の店】いまでは定番メニュー・つけ麺のルーツはココ!あの山岸一雄が修行したお店、荻窪の「丸長中華そば店」

個人経営のお店を中心に、個性溢れる飲食店が並ぶ東京・荻窪エリア。例えば、最高のタンメンを味わえるお店として熱狂的なファンも多い「はつね」や、隠れ家的な中華店として多くの著名人もお忍びで通う「ジョカサア」、さらには鶏油で揚.. 続きを読む

【岐阜】帰ってきた豚骨ラーメンの名店「治朗」に行ってきた!

【岐阜】帰ってきた豚骨ラーメンの名店「治朗」に行ってきた!

岐阜県各務原市にある「長浜ラーメン 治朗」は、数年前に地元の人に惜しまれながらも閉店した、豚骨ラーメンの隠れた名店。そんな「治朗」が2017年5月、ひそかに復活したと聞きつけ、各務原在住の筆者が行ってきた!博多出身の店主が営む.. 続きを読む

名門「大勝軒」のルーツはどこに?代々木上原のレジェンド2代目が語る、つけ麺誕生の秘密【ラーメン系譜学】

名門「大勝軒」のルーツはどこに?代々木上原のレジェンド2代目が語る、つけ麺誕生の秘密【ラーメン系譜学】

夏の暑い時期に限らず、年中食べられ専門店も増え、今やすっかりラーメンの1ジャンルとして定着した“つけ麺”。太めの麺を甘酸っぱいつけ汁で食べると、見ため山盛りの麺量も不思議なほど胃にスルスルと消えていく魔法の食べ物。こんな料.. 続きを読む

ラーメン激戦区・東京で”絶対食べたい”ラーメン50選!本当に美味しいお店集めました!

ラーメン激戦区・東京で”絶対食べたい”ラーメン50選!本当に美味しいお店集めました!

行列必至の人気店やクチコミで話題のお店など、東京都内で人気のラーメン店をご紹介!昔ながらの醤油ラーメンから、あっさり塩味、二郎インスパイア系、奇抜な創作系まで!麺、スープ、トッピング・・・組み合わせはお店の数だけ、味もい.. 続きを読む

これからは個性の時代!ラーメン官僚が選ぶオンリーワンラーメンの優良店10選

これからは個性の時代!ラーメン官僚が選ぶオンリーワンラーメンの優良店10選

豚骨・鶏ガラ・野菜から採った出汁に醤油ダレを加えた褐色のスープ、黄色味を帯びた中華麺、チャーシュー・メンマ・ナルト・ネギなどのトッピング。かつて、そのようなステレオタイプなイメージが存在したラーメンは、2000年以降、確かに.. 続きを読む

松崎しげる主催『黒フェス2017』に高橋洋子とTEE参戦決定

松崎しげる主催『黒フェス2017』に高橋洋子とTEE参戦決定

日本記念日協会認定の“松崎しげるの日”である9月6日(水) に豊洲PITで開催される松崎しげる主催イベント『黒フェス2017~白黒歌合戦~』の第二弾出演者の発表がされた。第二弾で発表されたアーティストは、『新世紀エヴァンゲリオン』のオ.. 続きを読む

            松崎しげる主催『黒フェス2017』第二弾出演者に高橋洋子とTEE

松崎しげる主催『黒フェス2017』第二弾出演者に高橋洋子とTEE

今年も9月6日(水)、松崎しげるの日(日本記念日協会認定)に東京・豊洲PITで開催される松崎しげるプレゼンツ『黒フェス2017~白黒歌合戦~』。先月、八代亜紀・ももクロ・サンボマスターなど第一弾出演者がアナウンスされたが、早くも.. 続きを読む

【日本麺紀行】日本橋の路地裏に佇む老舗町中華「大勝軒」で絶品の冷やし中華を味わう

【日本麺紀行】日本橋の路地裏に佇む老舗町中華「大勝軒」で絶品の冷やし中華を味わう

江戸時代、五街道の起点となり、水上交通や町人街の発展により賑わいを見せた日本橋。そんな日本橋は、江戸時代から現在まで続く老舗が軒を連ね、今も昔も様々な選りすぐりの物産が集まる場所として有名な場所。かつては海に面した土地に.. 続きを読む

板橋「丸鶴」は“しっとりチャーハン”を愛する者の聖地である【下町の町中華】

板橋「丸鶴」は“しっとりチャーハン”を愛する者の聖地である【下町の町中華】

2年半近くも前の話で恐縮だが、テレビのバラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)の「板橋チャーハンの世界」でナビゲーターを務めさせてもらった。『メシ通』で連載中のラーメン系譜学でも、メシ通初登場したときの『ザ・閉店』.. 続きを読む

【衝撃】世界で唯一! タイの大勝軒は屋台で営業 / しかも麺はバンコク限定麺を使用で激ウマ(笑)

【衝撃】世界で唯一! タイの大勝軒は屋台で営業 / しかも麺はバンコク限定麺を使用で激ウマ(笑)

タイの首都バンコクに「大勝軒」があるのをご存知ですか? 大勝軒といえば、つけ麺ブームの火付け役であり、ブームで終わらせず日本の食文化に定着させた、グルメ界の伝説的存在です。・話題性で終わらないそんな大勝軒がタイに進出。し.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。