増税の最新情報

増税 に関するニュース検索結果   543件

2020年には幼児教育・保育料が無償化に!?あなたはどう考える?

2020年には幼児教育・保育料が無償化に!?あなたはどう考える?

自民党の安倍晋三首相が、“人づくり革命”と称して3~5歳児を対象に“幼児教育・保育料の無償化”という目玉政策を打ち出し話題となっています。これに対してネット上では賛否の声も…。いったいどんな政策なのでしょうか?政策の内容とは こ.. 続きを読む

ヘビースモーカーにタバコをやめてもらう方法はある?

ヘビースモーカーにタバコをやめてもらう方法はある?

JTが毎年実施している「全国たばこ喫煙者率調査」によると、2017年5月現在の全国の喫煙者率は18.2%。受動喫煙防止対策による規制の強化や増税・定価改定などで、喫煙者の割合は年々減少傾向にある。喫煙者にとっては肩身が狭い世の中だ.. 続きを読む

鈴木哲夫の政界インサイド「安倍“目玉政策”に『人間主義的ではない』の声」

鈴木哲夫の政界インサイド「安倍“目玉政策”に『人間主義的ではない』の声」

安倍首相が大々的に掲げる目玉政策「人づくり革命」。昨年12月に閣議決定し、総額2兆円の予算を計上している。ところが、国民の評判は芳しくない。FNN(フジニュースネットワーク)が昨年12月中旬に実施した世論調査では、人づくり革命の.. 続きを読む

当たると評判「みずほ総研とんでも予想」がバブル再来を明言!?

当たると評判「みずほ総研とんでも予想」がバブル再来を明言!?

(C)Shutterstock今年はバブルの再来になる!? そんな予想をしているのが『みずほ総研』の『とんでも予想2018年』だ。実はこの予想、当たることで知られている。「この予想は、2016年の“消費増税先送り”と“アメリカ大統領選でドナルド.. 続きを読む

セコすぎる! 「タバコ1本ちょうだい」と言う人の最悪行動3選

セコすぎる! 「タバコ1本ちょうだい」と言う人の最悪行動3選

(AH86/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)これまでの増税で価格が上がり、日々の積み重ねを考えたら決して安いものではないタバコ。大事に吸う人が多くなっている中で、自分では買わずに他人にたかろうとするセコい人も…。しら.. 続きを読む

1月13日「たばこの日」にちなみ、たばこの歴史を振り返ってみよう!

1月13日「たばこの日」にちなみ、たばこの歴史を振り返ってみよう!

どんなに冷たい風が吹いていても、街角のとあるスペースには一定数の人々がたたずんでいます。その場所とは、そう「スモーキングエリア」です。分煙が進む中、愛煙家の人にとっては喫煙スペースを確保するのもひと苦労といったところです.. 続きを読む

「子ども向け万年筆」の性能を試してみた!

「子ども向け万年筆」の性能を試してみた!

オトナの筆記具といえば、「万年筆」をおいて他にないだろう。いい値段してるくせに、5~6年もしたらガタがくるパソコンに比べ、万年筆は文字通り「万年」……とはいかないにしても、そこそこ長い期間使えるのは間違いない。下世話な話題で.. 続きを読む

安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕! 会食が税金による接待だったことも発覚

安倍首相と会食したネトウヨ経済評論家・三橋貴明が10代妻へのDVで逮捕! 会食が税金による接待だったことも発覚

どうして安倍首相の周りには、こういう事件ばかりが頻発するのか。山口敬之氏の準強姦事件が海外メディアで改めて大きく取り上げられているさなか、今度は、安倍首相が昨年末、会食したばかりのネトウヨ経済評論家・三橋貴明が妻へのDVで.. 続きを読む

軽自動車の販売が大きく伸びた2017年、今年の国内新車市場の先行きは?

軽自動車の販売が大きく伸びた2017年、今年の国内新車市場の先行きは?

自販連(日本自動車販売協会連合会)、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が5日に発表した昨年の国内新車販売台数は、登録車が339万台(前年比+4.5%)、軽自動車が184.3万台(同+6.8%)となっています。国内の軽自動車を含む新車販売.. 続きを読む

橋下氏「僕が東京都知事になったら一か月で待機児童をなくせる」政府の待機児童試算32万人は机上の空論?

橋下氏「僕が東京都知事になったら一か月で待機児童をなくせる」政府の待機児童試算32万人は机上の空論?

昨年11月の衆院本会議で「2020年度までに3歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化する。32万人分の保育の受け皿の整備を進め、待機児童を解消する」と訴えた安倍総理。この「幼児教育・保育の無償化」は看板政策で.. 続きを読む

岸博幸氏が安倍政権を総括!「大した改革をしていない」

岸博幸氏が安倍政権を総括!「大した改革をしていない」

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。12月27日(水)放送の「追跡」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに「2017年、安倍政権の宿題」というテーマで話を伺いました。安倍政権が.. 続きを読む

安倍政権「凍える大増税」“標的は庶民”の暴挙

安倍政権「凍える大増税」“標的は庶民”の暴挙

所得税、消費税、森林税、たばこ税、観光振興税、酒税……。次から次へ出てくる負担増の数々。懐が寒い!寒波が日本列島を襲うこの季節、懐を凍えさせるニュースが飛び込んで来た。12月12日に与党税制協議会が開かれ、所得税改革案が決定。.. 続きを読む

【疑問】受動喫煙対策を推進してるのに、どうしてタバコを販売しているのか? 厚労省に尋ねた結果

【疑問】受動喫煙対策を推進してるのに、どうしてタバコを販売しているのか? 厚労省に尋ねた結果

2020年東京五輪に向けて、喫煙の包囲網はドンドン狭められている。受動喫煙対策で、全面的に禁煙を実施する店舗が増える見込みだ。街から灰皿は撤去され、さらなる増税が待ち構えている。唯一、頼みの綱だった加熱式タバコも受動喫煙対策.. 続きを読む

NHK
安倍政権の働き方改革で、所得が年15万円減る見通し

安倍政権の働き方改革で、所得が年15万円減る見通し

本連載前回記事で「2年後に備えよ」という観点から、消費増税が景気を悪化させる可能性が高いと述べましたが、どうやら景気に暗雲が立ち込めてきた気配があります。11月15日に内閣府は2017年度第2四半期(7~9月期)のGDP(国内総生産).. 続きを読む

増税の一方で、官庁等が計874億円の不正支出等…公務員による「税金横領」が横行

増税の一方で、官庁等が計874億円の不正支出等…公務員による「税金横領」が横行

国も自治体も、税の取り立ては厳しいが、肝心の使い道となると、実にいい加減である。11月に会計検査院が作成した2016年度の決算検査報告の内容が公表された。森友問題に関する会計検査院の見解として、土地の8億円値引きは「根拠不十分.. 続きを読む

2018年度の税制改正、ポイントを解説 住宅購入に関わる減税措置や特例の延長など

2018年度の税制改正、ポイントを解説 住宅購入に関わる減税措置や特例の延長など

自民・公明両党が2018年度の税制改正大綱を決定した。目玉となった所得税改革では、基礎控除の引き上げと給与所得控除の減額により、2020年から年収850万円を超える会社員が増税となる。そのほか、住宅購入などに関係する改正も含まれて.. 続きを読む

不正入札摘発、リニア新幹線は加計と同じ"アベ友"利権だ! JR東海・葛西敬之会長のために30兆円を出した安倍首相

不正入札摘発、リニア新幹線は加計と同じ"アベ友"利権だ! JR東海・葛西敬之会長のために30兆円を出した安倍首相

安倍政権と近いスパコン企業の助成金詐欺事件につづき、またも"アベ友"絡みの不正があきらかになった。JR東海が進めているリニア中央新幹線の関連工事をめぐって不正入札があったとして、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑でスーパーゼネ.. 続きを読む

「喫煙・分煙・禁煙を選択できる社会を」 東京都受動喫煙防止条例に関する署名運動が実施中

「喫煙・分煙・禁煙を選択できる社会を」 東京都受動喫煙防止条例に関する署名運動が実施中

小池百合子都知事率いる都民ファーストの会と公明党が提出していた“子どもを受動喫煙から守る条例(受動喫煙防止条例)”が2017年10月5日に賛成多数で可決・成立したばかりですが、東京都生活衛生同業組合連合会など4団体が、この法案に対.. 続きを読む

生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに...安倍政権に騙され弱者が弱者バッシングに走る日本社会

生活保護カットで最低賃金が上がらなくなるのに...安倍政権に騙され弱者が弱者バッシングに走る日本社会

安倍首相の言う「全世代型の社会保障」とは一体なんだったのか──。8日、厚労省は生活保護費を引き下げる検討に入った。食費や光熱費といった暮らしの根幹にかかわる「生活扶助」を最大1割程度引き下げる方向で、しかも、見直しの必要があ.. 続きを読む

年金「75歳」説の誤解。むしろ8割増の明るい未来がやってくる

年金「75歳」説の誤解。むしろ8割増の明るい未来がやってくる

10月に行われた衆院選では圧勝した自民党だが、2018年は春に日銀総裁人事、秋には自民党総裁選があり、その先には2019年10月の消費増税が控えている。自民は今後、10%への消費増税を行う見込みで、増税分は年金や子育てなどの社会保障関.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。