塩見三省の最新情報

塩見三省 に関するニュース検索結果   53件

『コウノドリ』最終回で示された、綾野剛、星野源、坂口健太郎が選んだ道

『コウノドリ』最終回で示された、綾野剛、星野源、坂口健太郎が選んだ道

綾野剛主演のドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が22日に放送された。四宮(星野)、白川(坂口健太郎)、サクラ(綾野)らペルソナ総合医療センターのスタッフたちの進む道が示され、それぞれが旅立っていく姿に、「.. 続きを読む

「コウノドリ」綾野剛、クランクアップで星野源と熱いハグ!

「コウノドリ」綾野剛、クランクアップで星野源と熱いハグ!

12月22日金曜日に最終回を迎える「コウノドリ」。主演を務める綾野剛と星野源、宮沢氷魚が関東近郊の病院で、クランクアップを迎えた。最後のシーンは吾郎(宮沢)がサクラ(綾野)と四宮(星野)のところを訪ね、ある決意を告げるシーン.. 続きを読む

ちょっと仲よすぎ!? 綾野剛と星野源の“蜜月関係”が尊い『コウノドリ』に波乱はあるか

ちょっと仲よすぎ!? 綾野剛と星野源の“蜜月関係”が尊い『コウノドリ』に波乱はあるか

周産期母子医療センター(出産の前後を通し、産科と新生児科で連携した医療体制のとれる病院)を舞台に、医師や妊婦の喜びと悲しみ、生命の誕生の素晴らしさや難しさを描く医療ヒューマンドラマ『コウノドリ』(TBS系)。いつも以上にさ.. 続きを読む

「コウノドリ」妊婦やお母さんを責めない、無理に謝罪させないドラマの矜持。今夜どうする「出生前診断」

「コウノドリ」妊婦やお母さんを責めない、無理に謝罪させないドラマの矜持。今夜どうする「出生前診断」

「悲しみが、繰り返される人がいる。悔しさが、繰り返される人もいる。それでも、生きている限り、明日はやってくる」12月8日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』第9話(TBS系列)。流産を3回繰り返し「自分は“不育症”ではないか」と疑う女性.. 続きを読む

「コウノドリ」星野源「みんなが思っている坂口健太郎は幻(笑)」

「コウノドリ」星野源「みんなが思っている坂口健太郎は幻(笑)」

「コウノドリ」(TBS系)の第10話が12月15日(金)に放送。物語はいよいよ佳境へと突入する。今回のリレー連載には、患者に現実を突きつけ、小松(吉田羊)や下屋(松岡茉優)にも愛のムチを繰り出す四宮春樹を演じる星野源が登場。第8話.. 続きを読む

『コウノドリ』繰り返す流産で、自分を責め続ける女性たちの悲しい本音に涙

『コウノドリ』繰り返す流産で、自分を責め続ける女性たちの悲しい本音に涙

(C) TBS『コウノドリ』第9話が12月8日に放送された。今回サクラ(綾野剛)が向き合ったのは、「不育症」。原因がわからないまま、流産を繰り返す女性の苦悩と本音が描かれた。ドラマでも取り上げられていたように、流産はけっしてめず.. 続きを読む

『コウノドリ』 星野源演じる四宮に大きな転機が

『コウノドリ』 星野源演じる四宮に大きな転機が

(c)TBSTBSで毎週金曜よる10時から好評放送中の金曜ドラマ『コウノドリ』。鈴ノ木ユウによる同名のヒューマン医療漫画が原作の本ドラマは、2015年10月期にTBSでドラマ化されたものの続編。今作は、前作に引き続き、産婦人科医.. 続きを読む

『コウノドリ』流産を繰り返す辛さをリアルに描き大反響 「出産ってすごいこと」

『コウノドリ』流産を繰り返す辛さをリアルに描き大反響 「出産ってすごいこと」

綾野剛と星野源が出演するドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第9話が8日に放送され、流産を繰り返すことから「不育症ではないか」と悩む妊婦の話が描かれた。放送終了後、SNSでは「いろんなこと考えちゃう。涙なしには観られ.. 続きを読む

星野源も坂口健太郎もいなくなる!?『コウノドリ』3シーズンへの布石と“ONE PIECE化”の期待

星野源も坂口健太郎もいなくなる!?『コウノドリ』3シーズンへの布石と“ONE PIECE化”の期待

周産期母子医療センター(出産の前後を通し、産科と新生児科で連携した医療体制のとれる病院)を舞台に、医師や妊婦の喜びと悲しみ、生命の誕生の素晴らしさや難しさを描く医療ヒューマンドラマ『コウノドリ』(TBS系)。白川が転機を迎.. 続きを読む

ドラマ「コウノドリ」いよいよ終盤の局面に目が離せない

ドラマ「コウノドリ」いよいよ終盤の局面に目が離せない

TBSで毎週金曜よる10時から好評放送中の金曜ドラマ「コウノドリ」。2015年10月期にTBSでドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、続編の放送が決定。多くの感動と共感を生んだ作品の新シリーズだ。前作に引き続き、産婦.. 続きを読む

「コウノドリ」8話。坂口健太郎のミスと成長。医師たちの決意を視聴者が受け止めきれるか心配

「コウノドリ」8話。坂口健太郎のミスと成長。医師たちの決意を視聴者が受け止めきれるか心配

今橋「風間さんの赤ちゃんの担当医は誰だ?」白川「自分です」今橋「だったら、責任もって最後まで見届けなさい! 君は過ちを犯した。自分の実力を過信して、赤ちゃんの命を危険にさらしたんだ。自分の過ちから逃げるんじゃない」12月1日.. 続きを読む

星野源『コウノドリ』父親役・塩見三省との共通点語る ファン「涙腺崩壊した」

星野源『コウノドリ』父親役・塩見三省との共通点語る ファン「涙腺崩壊した」

5日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源が出演するドラマ『コウノドリ』で共演した塩見三省について話す場面があった。星野は、自身が演じる役の父親役として、塩見三省と共演したことは「.. 続きを読む

『コウノドリ』坂口健太郎の過信が招いた失態と成長。もしもわが子だったら…

『コウノドリ』坂口健太郎の過信が招いた失態と成長。もしもわが子だったら…

(C) TBS『コウノドリ』第8話が12月1日に放送された。新生児科医としての自分を過信することで診断ミスをおかしてしまった白川(坂口健太郎)。もしわが子が診断ミスをされてしまったら、主治医を許すことができるだろうか…。そんなこと.. 続きを読む

『コウノドリ』病に倒れた父へ「だったら生きろよ」 星野源の言霊が心に迫る

『コウノドリ』病に倒れた父へ「だったら生きろよ」 星野源の言霊が心に迫る

(©ニュースサイトしらべぇ)「生命誕生の奇跡」をめぐる、妊産婦や医師たちの葛藤を描き、毎度賞賛の声があがっているTBS系ドラマ『コウノドリ』。1日放送の第8話では、自信がついてきたことで周りが見えなくなってしまっていた新生児科.. 続きを読む

『コウノドリ』坂口健太郎が失敗の中から見つけた自分の道 「頑張って」とエール多数

『コウノドリ』坂口健太郎が失敗の中から見つけた自分の道 「頑張って」とエール多数

綾野剛と星野源が出演するドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が1日に放送された。新生児科医の白川(坂口健太郎)が、自身の腕を過信したために診断を誤り、赤ちゃんの命を危険に晒してしまうという展開に、「今日のコ.. 続きを読む

ビートたけし 「バラエティーはもっと計算して作る時代だと思う」

ビートたけし 「バラエティーはもっと計算して作る時代だと思う」

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画を連載してきた。今回は最終回にして真打ち登場!! ビートたけしが描くテレビの未来とは? 「『何でレモン.. 続きを読む

『コウノドリ』吉田羊の見せた大きな決断「母になる人生、母になれない人生」に大反響

『コウノドリ』吉田羊の見せた大きな決断「母になる人生、母になれない人生」に大反響

ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が24日に放送され、吉田羊演じる小松が子宮腺筋症を患い、子宮全摘出をするか否かを悩み抜いて決断する姿に、「小松さんに感情移入した。声を出して泣いてしまった。小松さん強いな」.. 続きを読む

北野武監督の映画論「単なるエンタテインメント。考えるのは楽しませることだけ」

北野武監督の映画論「単なるエンタテインメント。考えるのは楽しませることだけ」

舞台劇にもなる脚本も構想中?「今は新作の準備をしたい」と語る北野武監督(写真:逢坂聡) 過去にはベネチア国際映画祭の金獅子賞、銀獅子賞(監督賞)を受賞。世界から高い評価を受ける北野武監督の唯一のシリーズ作品が、3作目にし.. 続きを読む

本物の極道だった“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が見る『アウトレイジ 最終章』

本物の極道だった“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が見る『アウトレイジ 最終章』

“元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(37)が森羅万象を批評する不定期連載。今回のお題は、北野武監督の人気シリーズ映画で5年ぶりの続編となる『アウトレイジ 最終章』だ。元極道であり、北野映画のファンでもある瓜田は、この作品を.. 続きを読む

北野武、世の男へメッセージ「人のせいにするな、“当たり前のこと”をやれ」

北野武、世の男へメッセージ「人のせいにするな、“当たり前のこと”をやれ」

「ヤクザ映画ではいまのところ一番よくできてるんじゃないかな」と最新作『アウトレイジ 最終章』について語った北野武監督 撮影/RYUGO SAITO (C)oricon ME inc. コメディアン・ビートたけしであり、映画監督としても“世界のキタノ”.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。