堺雅人の最新情報

堺雅人 に関するニュース検索結果   758件

堺雅人と菅野美穂の飾らない夫婦が公園でファンサービスか

堺雅人と菅野美穂の飾らない夫婦が公園でファンサービスか

堺雅人と菅野美穂の夫婦が見せた行動にファンが驚いたという。4月17日発売の週刊女性では「閑静な住宅街にある公園に現れたのは、堺雅人一家」との書き出しで、堺と菅野が知人宅のホームパーティーに参加した様子を紹介。記事では、二人.. 続きを読む

松田翔太“徳川将軍”役再び 『西郷どん』で慶喜を熱演「俺が将軍になろう」

松田翔太“徳川将軍”役再び 『西郷どん』で慶喜を熱演「俺が将軍になろう」

NHK大河ドラマ『西郷どん』の第14回「慶喜の本気」が4月15日に放送された。松田翔太演じる一橋慶喜は品川宿磯田屋で遊び、女たちから「ヒー様」と呼ばれて人気がある。のんきそうに見えて有能な彼は次期将軍になることがどれほど大変か誰.. 続きを読む

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(1)「脱アイドル路線」を徹底する橋本環奈

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(1)「脱アイドル路線」を徹底する橋本環奈

未曾有のアイドルブームが続く中、元AKB48の前田敦子や大島優子、元乃木坂46の深川麻衣など、最近ではアイドルから女優に転身する者も多いが、徹底した「脱アイドル路線」が功を奏しているのが、橋本環奈(19)だ。福岡のアイドルグルー.. 続きを読む

『西郷どん』鈴木亮平が、近年の大河ドラマ主演らしからぬワケ

『西郷どん』鈴木亮平が、近年の大河ドラマ主演らしからぬワケ

大河ドラマ『西郷どん』(NHK)は、上野公園に銅像が作られるほどの国民的英雄となった西郷隆盛こと西郷吉之助の生涯を描いたものだ。脚本は『やまとなでしこ』(フジテレビ系)や『ハケンの品格』(日本テレビ系)、近年では『ドクターX.. 続きを読む

大泉洋「癒やしの男を意識」三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」で野村萬斎の相棒

大泉洋「癒やしの男を意識」三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」で野村萬斎の相棒

俳優の大泉洋(45)が14日放送のフジテレビ「黒井戸殺し」(後7・57~11・10)に出演する。脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾。狂言師の野村萬斎(52)扮する主人公の.. 続きを読む

三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」もう1人の主役は遠藤憲一!厳しさと知性「真田丸」上杉景勝再び?

三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」もう1人の主役は遠藤憲一!厳しさと知性「真田丸」上杉景勝再び?

脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾、フジテレビ「黒井戸殺し」(14日後7・57~11・10)に、俳優の遠藤憲一(56)が出演する。 2015年1月に高視聴率をマークし、好評.. 続きを読む

三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」推理劇のキーマンは藤井隆“立ち聞きの名人”変幻自在の演技で魅了

三谷幸喜氏脚本「黒井戸殺し」推理劇のキーマンは藤井隆“立ち聞きの名人”変幻自在の演技で魅了

脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾、フジテレビ「黒井戸殺し」(14日後7・57~11・10)に、お笑い芸人の藤井隆(46)が出演する。 2015年1月に高視聴率をマークし、.. 続きを読む

「黒井戸殺し」三谷幸喜氏 大泉洋の魅力は振り回される「受けの芝居」“要”は斉藤由貴に託す

「黒井戸殺し」三谷幸喜氏 大泉洋の魅力は振り回される「受けの芝居」“要”は斉藤由貴に託す

◇三谷幸喜氏インタビュー(中) 脚本家・演出家の三谷幸喜氏(56)がミステリーの女王アガサ・クリスティーの名作を脚色するドラマ第2弾、フジテレビ「黒井戸殺し」が14日午後7時57分から3時間スペシャルで放送される。三谷作品初出演と.. 続きを読む

月9『コンフィデンスマンJP』、初回視聴率9.4%で2ケタ届かず「脚本に不満」の声

月9『コンフィデンスマンJP』、初回視聴率9.4%で2ケタ届かず「脚本に不満」の声

長澤まさみ主演のドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)が、4月9日に初回放送を迎えた。伝統の“月9”枠ながら平均視聴率は9.4%と2ケタに届かず、視聴者からは「好き嫌いが分かれそうなドラマだったね」「お金をかけたスケール.. 続きを読む

長澤まさみ月9『コンフィデンスマンJP』痛恨の9.4%発進! “面白くてもダメ”なフジテレビの末期度

長澤まさみ月9『コンフィデンスマンJP』痛恨の9.4%発進! “面白くてもダメ”なフジテレビの末期度

  もう、面白いドラマを作ってもダメということなのか……。9日、長澤まさみが主演を務める月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の放送がスタートした。脚本に『リーガル・ハイ』シリーズ(同)などで知られる古沢良太氏を.. 続きを読む

芸能界の「ママ友会」に新たな動き

芸能界の「ママ友会」に新たな動き

(C)まいじつ最近、芸能人の“ママ友会”に新たな動きが出てきているようだ。「2月末に神田うのが自身のインスタグラムに『ママ友親子ランチ会』という写真を掲載したのですが、そこに菅野美穂が写っていて話題になったんです。伊東美咲も.. 続きを読む

双子姉妹の鈴木みな・まりあが「めざましテレビ」のイマドキガールに大抜擢!!

双子姉妹の鈴木みな・まりあが「めざましテレビ」のイマドキガールに大抜擢!!

2017年のミスタードーナツのCMで注目を集めた双子の姉妹、「鈴木みな・まりあ」のふたりが4月9日(月)から「めざましテレビ」(毎週月-金 朝4:55-8:00、フジテレビ系で放送)にイマドキガールとして登場! これまでのイマドキガールとはひ.. 続きを読む

プロ野球開幕! 野球ファンの心を捉えた好企画と、残念すぎたNACK5ラジオ中継

プロ野球開幕! 野球ファンの心を捉えた好企画と、残念すぎたNACK5ラジオ中継

ついに幕を明けた2018年プロ野球。ペナントレースの行方、個人成績やタイトル争いも気になるところだが、今年は、“野球の楽しみ方”が少し変わるかもしれない1年でもある。野球を取り巻くメディア環境が大きく変化しているからだ。たとえ.. 続きを読む

TBS
古沢良太に黒岩勉…フジ2作は"高満足度"の脚本家 - 春ドラマ展望

古沢良太に黒岩勉…フジ2作は"高満足度"の脚本家 - 春ドラマ展望

●『リーガルハイ』に『デート』も春ドラマがいよいよスタートする。従来のリアルタイム視聴率ではなく、視聴者の"満足度"を集計している「テレビウォッチャー」(データニュース社)の研究員であり、テレビドラマの脚本家や監督、音楽など.. 続きを読む

月9「コンフィデンスマンJP」の東出昌大に漂う“不安要素”

月9「コンフィデンスマンJP」の東出昌大に漂う“不安要素”

フジテレビの「月9」枠といえば、91年1月期放送の鈴木保奈美、織田裕二主演による「東京ラブストーリー」が大当たりし、F1層と呼ばれる20歳から34歳までの女性がドラマ見たさに自宅にいたため「月曜の夜は街からOLが消える」と言われるほ.. 続きを読む

文春「嫌いな俳優1位」に選ばれたキムタクが大喜びすべき理由

文春「嫌いな俳優1位」に選ばれたキムタクが大喜びすべき理由

毎年恒例となっている「週刊文春」による「好きな俳優」「嫌いな俳優」が発表された。好きな女優トップは綾瀬はるか、2位はのん、3位に新垣結衣、4位石原さとみ、5位波瑠との結果になった。一方、嫌いな女優ワースト1は今年も泉ピン子。2.. 続きを読む

渡米してくれてよかった!?ピース又吉が“相方の居ぬ間”に得た高評価

渡米してくれてよかった!?ピース又吉が“相方の居ぬ間”に得た高評価

3月に入り、江戸篇がスタートしたNHK大河ドラマ「西郷どん」で話題を呼んでいるのが、13代将軍・徳川家定を演じているお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹。「又吉演じる将軍・家定は、“ボケた発言や奇行のある愚鈍な殿”しかも“子宝も望め.. 続きを読む

吉永小百合の「過去・現在・未来」(7)「おしん」と同じ世界を観ても…

吉永小百合の「過去・現在・未来」(7)「おしん」と同じ世界を観ても…

想像していた以上にガッカリした──。それが吉永小百合(73)の最新主演映画「北の桜守」(東映)を見終わった時の率直な感想だった。これが通算120作目。「北の三部作」の1作目「北の零年」なんかもそう‥‥北海道の吹雪のシーンが出てきて.. 続きを読む

不倫報道の高橋由美子、 “男を取り合うライバル” 菅野美穂とのただならぬ因縁関係!

不倫報道の高橋由美子、 “男を取り合うライバル” 菅野美穂とのただならぬ因縁関係!

3月15日、妻子のいる40代の実業家との不倫を「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた高橋由美子。ラブホテルに入る様子をスクープされた高橋はこの日、文書にて「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです。既報のような場所へ到る.. 続きを読む

120作目『北の桜守』でも...吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」

120作目『北の桜守』でも...吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」

吉永小百合120本目の出演作ということでも話題となっている映画『北の桜守』が今月10日に公開された。1959年の映画初出演から59年の時を経て到達した120本目の節目となる『北の桜守』。その舞台は北海道。この作品は、『北の零年』(2005.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。