地上絵の最新情報

地上絵 に関するニュース検索結果   8件

干支の巨大地上絵が出現 大観覧車から見る、もふもふの柴犬親子

干支の巨大地上絵が出現 大観覧車から見る、もふもふの柴犬親子

来年の干支(えと)は「戌(いぬ)」。茨城県の地図の形は、なんと「わんこ」に見えると話題だそうだ。そして毎年恒例、冬の風物詩となった「国営ひたち海浜公園」の干支の巨大地上絵には、全体サイズ縦22.5m×横27mに及ぶ柴犬の親子が登.. 続きを読む

【九州】冬の注目イベント12選【2017-2018】カウントダウンや冬花火も♪

【九州】冬の注目イベント12選【2017-2018】カウントダウンや冬花火も♪

みなさん、大晦日の過ごし方は決まりましたか?お家でまったり過ごすのも良いですが、九州にはド迫力のカウントダウンイベントがあるのをご存知ですか?特に今年閉園するスペースワールドのグランドフィナーレは福岡県民ならず九州の人な.. 続きを読む

NY Issue : Interview with Alexander Muret

NY Issue : Interview with Alexander Muret

溶かしたクレヨンを用いた独特のペインティングや文字を組み合わせたドローイング作品で知られるAlexander Muret。23歳にしてエディ・スリマンによるイヴ・サンローランのラストコレクションでアートワークを起用され、自身もモデルをつ.. 続きを読む

『ムー』監修、都市伝説ガチャアプリの「レア度」が謎

『ムー』監修、都市伝説ガチャアプリの「レア度」が謎

コアな人気を集める『月刊ムー』監修によるスマホアプリ「【ムー認定】超都市伝説ガチャ~オカルトミステリーの決定版!~」(以下、「超都市伝説ガチャ」)が登場した。タップエンタテインメントからリリースされた同アプリは、『ムー』.. 続きを読む

イルミで納涼! 夜景評論家プロデュースの「ウォータープロジェクションマッピング」が幻想的すぎた【親子体験レポ】

イルミで納涼! 夜景評論家プロデュースの「ウォータープロジェクションマッピング」が幻想的すぎた【親子体験レポ】

アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)で開催されているイルミネーション2016『Myoko Happiness Illumination ~幸福を呼ぶ光の双龍~』がとにかくスゴイ!?約160万球のLEDを使用して創られる圧巻のサマーイルミネーションを、小学生の子ど.. 続きを読む

寒くても行きたい!岐阜のイルミネーション20選

寒くても行きたい!岐阜のイルミネーション20選

岐阜県のイルミネーションスポットを20個紹介しています。こちらで紹介しているイルミネーションをクリスマスのデートプランに組み込むのもアリ。場所によっては一緒に花火の打ち上げをおこなうスポットもあるので要チェック。去年行った.. 続きを読む

カザフスタンで巨大地上絵発見、大き過ぎてNASAが空から観測

カザフスタンで巨大地上絵発見、大き過ぎてNASAが空から観測

その数260ヵ所。カザフスタンのトゥルガイは、ただのだだっ広い平原のように見えるかもしれません。でもここ数年、考古学者によって200ヵ所以上の巨大な地上絵が発見されています。それはあまりに巨大で、地上からは認識できないほどなん.. 続きを読む

【イルミ】“ギネス認定の絶景”をドローンでお届け! アパリゾート上越妙高のサマーイルミネーションを空撮してみた

【イルミ】“ギネス認定の絶景”をドローンでお届け! アパリゾート上越妙高のサマーイルミネーションを空撮してみた

アパリゾート上越妙高で公開中のサマーイルミネーションが話題を集めています。ウレぴあ総研では、「LEDライトで作った最大のイメージ」としてギネスにも認定されたこの絶景を真夏の夜空から空撮しました。夜景評論家の丸々もとお氏プロ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。