国債の最新情報

国債 に関するニュース検索結果   159件

「初めて」が脳を急成長させる! 子どもの将来が心配で仕方ないママが知っておくべきこと

「初めて」が脳を急成長させる! 子どもの将来が心配で仕方ないママが知っておくべきこと

突然ですが、あなたは子どもにどんな大人になってほしいですか?いい学校を卒業して、安定した大企業に就職してほしい、という人がまだまだ多数派でしょうか。子どもが望むことよりも、親が準備した道を歩ませた方が安心だわ、という心配.. 続きを読む

日本、さらなる経済成長期へ…財政危機のリスクほぼなし、雇用の流動化が必須

日本、さらなる経済成長期へ…財政危機のリスクほぼなし、雇用の流動化が必須

●デフレギャップ解消に必要な財政規模は最低4兆円日本経済に求められる経済政策を考える上で、ひとつ目安となるのは足下の需要過不足の規模である。内閣府が計測した昨年のGDPギャップは+0.4%となっているため、すでに日本経済は完全雇.. 続きを読む

どんなリスクがあるの? 投資信託を上手に続けるためのポイント

どんなリスクがあるの? 投資信託を上手に続けるためのポイント

初心者向けともいわれる「投資信託」。運用を証券会社等のプロに任せられるのがポイントだが、支払い時に元本が満額支払われることが保証された「元本保証」の商品ではないため、損失を被るリスクは存在する。今回は、初心者が覚えておき.. 続きを読む

財政難じゃないのになぜ“消費税アップ”? 経済評論家が分析!

財政難じゃないのになぜ“消費税アップ”? 経済評論家が分析!

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。4月26日(木)の生放送は、経済評論家・上念司さんに「経済学から見た今、気になるニュースベスト3」を伺いました。「日本の財政は、実は危.. 続きを読む

米国の長期金利が3%を超えた! 今後も続くのか?

米国の長期金利が3%を超えた! 今後も続くのか?

米国の長期金利(10年物国債利回り)が3%を超えてきた。長期金利が3%台を維持するかどうかは不透明だが、永く天井になっていた3%を一時的にせよ超えたことは重要な意味を持ちそうだ。本稿は、2018年1月12日投稿「米国の長期金利上昇が意味.. 続きを読む

ウォーレン・バフェット氏が遺言執行者に語った「死後の運用方法」がシンプルすぎる

ウォーレン・バフェット氏が遺言執行者に語った「死後の運用方法」がシンプルすぎる

最小限の努力でリッチになれる方法や秘訣があるのなら、誰だって知りたいと思うもの。心から好きなことを仕事にしながら、贅沢を一切諦めずに、家を買うお金や老後の資金を貯めたり、借金を返済したりするには、どうしたらいいのでしょう.. 続きを読む

賃上げなき物価上昇で、リアルにお金が減っていく…やるべき&避けるべき行動リスト

賃上げなき物価上昇で、リアルにお金が減っていく…やるべき&避けるべき行動リスト

米国債を中心に、世界的な長期金利の上昇が続いています。また、これも世界共通の傾向ですが、株高、失業率の低下、原油価格の上昇、好調な設備投資など、統計面からはインフレ前夜を彷彿とさせる状況です。そしてインフレというパズルを.. 続きを読む

卵はひとつのカゴに盛るな? 投資初心者が知っておくべき証券用語6選 #証券用語で一筆

卵はひとつのカゴに盛るな? 投資初心者が知っておくべき証券用語6選 #証券用語で一筆

どんな業界にもある専門用語。例えば、テレビ業界の「わらう」。「ちょっと、その花瓶わらって」と言われたら「花瓶をどかして」という意味。決して笑顔を作ってはいけません。銀行では、窓口が閉まった後に「だいて下さい」なんて言葉が.. 続きを読む

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かといっていきなり投資は.. 続きを読む

M-1
「東京五輪前に家を買いたい。選び方のコツはありますか?」 住まいのホンネQ&A(1)

「東京五輪前に家を買いたい。選び方のコツはありますか?」 住まいのホンネQ&A(1)

「住まいのホンネQ&A」は、誰もが知りたい住宅に関する様々なQ&Aについて、さくら事務所創業者・会長の長嶋修氏にホンネで回答いただく新連載です。第1回の質問は「東京五輪前に家を買いたい。選び方のコツはありますか?」。東京五輪前.. 続きを読む

日銀、デフレ脱却の完全失敗へ…経済失速の「戦犯」黒田総裁続投は「最悪中の最善」

日銀、デフレ脱却の完全失敗へ…経済失速の「戦犯」黒田総裁続投は「最悪中の最善」

2月16日、4月からの日本銀行の新体制について、安倍政権は人事案を国会に提起した。黒田東彦総裁の続投と、そして副総裁には若田部昌澄早稲田大学教授、雨宮正佳日銀理事をあてる案である。現段階でこの人事案は可決される見込みである。.. 続きを読む

全国どこでも利用できる「ゆうちょ銀行」、ここが魅力!

全国どこでも利用できる「ゆうちょ銀行」、ここが魅力!

全国233の直営店と約2万4000の郵便局ネットワークを展開する「ゆうちょ銀行」。郵政民営化から10年あまり、今や日本最大規模の預金額を誇る金融機関となっています。大手銀行が口座管理料の導入を検討していることが報じられる中、ゆうち.. 続きを読む

日本生命、揺らぐ「不動の業界首位」…「株式会社化」に市場が関心

日本生命、揺らぐ「不動の業界首位」…「株式会社化」に市場が関心

生命保険最大手の日本生命保険は、清水博取締役専務執行役員が4月1日付で社長に就任する。筒井義信社長は代表権のある会長に就き、岡本圀衛会長は相談役に退く。清水氏は日生で初の理系社長となる。京都大学理学部で数学を専攻し、1983年.. 続きを読む

環境省、増税による復興予算を巨額流用…がれき受け入れない自治体に補助金、無関係な支出

環境省、増税による復興予算を巨額流用…がれき受け入れない自治体に補助金、無関係な支出

森友学園問題では、国有地の格安払い下げに対して「根拠不十分」「適切ではない」との判断を示した会計検査院。政府はこれまで「適切に処理されている」と主張してきたことに対して「誤り」を認め、財務大臣、国土交通大臣、そして安倍晋.. 続きを読む

日銀、異次元緩和解除はあり得ない…危機煽り予想を外した学者たちの願望論

日銀、異次元緩和解除はあり得ない…危機煽り予想を外した学者たちの願望論

今年に入ってから、日本銀行に再び関心が集まっている。最近日銀が国債の買い入れを減額したこと、黒田東彦総裁の任期満了が近いこと、黒田総裁が昨年11月に講演で金融緩和が経済に悪影響を与えるという「リバーサル・レート」論を口にし.. 続きを読む

リニア談合で東京外環道の工事中止…今年、中国人がタワマン一斉売却で不動産バブル崩壊か

リニア談合で東京外環道の工事中止…今年、中国人がタワマン一斉売却で不動産バブル崩壊か

2017年はバブルの年だった。年内最後の取引日である大納会を迎えた12月29日の東京株式市場の日経平均株価は前日比19.4円安の2万2764円94銭。前年末の終値から3650円57銭(19.1%)値上がりした。年末の終値として2万円台を超えたのは1991.. 続きを読む

債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%

債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%

2018年は明治維新から150年目の節目で、かつ、新元号の決定を行う年でもあるが、財政においても大きなイベントが2つある。ひとつは、19年10月に予定する消費税率10%への引き上げに関する政治判断であり、もうひとつは財政健全化フレーム.. 続きを読む

今年の日本経済、過去最高水準への条件

今年の日本経済、過去最高水準への条件

●好調だった世界経済昨年の日本経済を一言で表現すると、好調な海外経済やそれに伴う円安の進展などにより、大企業を中心に企業業績は最高益を更新したものの、企業の慎重姿勢により分配活動が不十分で家計に十分恩恵が波及しなかったと.. 続きを読む

預貯金派の編集部員2人が「投資信託」に前向きになった理由とは?

預貯金派の編集部員2人が「投資信託」に前向きになった理由とは?

バブル崩壊後の最高値を記録した日経平均株価。ニュースでもよく取り上げられますが、実際に「投資」と聞くと、どんな印象を持ちますか? 一昔前の「損するから絶対やりたくない」という人は少なくなったかもしれませんが、「興味はある.. 続きを読む

グローバル化の加速で世界的に資産の流動化が急速に進む 香港保険の魅力は?

グローバル化の加速で世界的に資産の流動化が急速に進む 香港保険の魅力は?

英国のEU離脱、米国の超保守政権の誕生で世界のグローバル化は逆行するかのうように見えているが、企業そして個人資産のグローバル化には歯止めがからない。日本が国外に持つ海外にある資産は2016年末で、対外資産残高が前年末比5%増の9.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。