喜多方ラーメンの最新情報

喜多方ラーメン に関するニュース検索結果   90件

福島県で遊ぶなら!福島県の人気おでかけスポットランキング5選

福島県で遊ぶなら!福島県の人気おでかけスポットランキング5選

東北の玄関口といわれている福島県。老若男女に愛され続けている名物の喜多方ラーメンや、シンボルの磐梯山など、深い魅力が詰まった福島県には、週末や休日のおでかけにぴったりの施設がたくさん!今回、おでかけ情報サイト「ウォーカー.. 続きを読む

東北人しか知らない? ラーメンをそばつゆで食べる『ざる中華』が激ウマ

東北人しか知らない? ラーメンをそばつゆで食べる『ざる中華』が激ウマ

神奈川県横浜市の『家系ラーメン』や、福島県喜多方市の『喜多方ラーメン』など、日本にはさまざまなご当地ラーメンが存在する。どのご当地ラーメンもスープや麺に特徴があるものが多いが、東北地方で食べられる『ざる中華』は、そんな常.. 続きを読む

九州ウォーカー編集部員がプライベートで通う、ガチで旨い福岡の”非豚骨”系ラーメン5選

九州ウォーカー編集部員がプライベートで通う、ガチで旨い福岡の”非豚骨”系ラーメン5選

週末ラーメンハンターこと九州ウォーカー編集部のタサーキです。グルメ天国福岡を代表するご当地グルメといえば豚骨ラーメン。しかし、今や福岡で新規オープンするラーメン店の半数は”非豚骨”系と言われるほど、ここ数年の福岡は”非豚骨”.. 続きを読む

【全国】絶景すぎる”ひまわり畑”35選!青空×一面黄色の向日葵が見たい!

【全国】絶景すぎる”ひまわり畑”35選!青空×一面黄色の向日葵が見たい!

夏の風物詩でもある向日葵(ヒマワリ)。一面に広がる黄色いひまわりと青空のコントラストはまさに絶景で、SNS映え間違いなし!地域によっては10月に見頃を迎える珍しいひまわり畑も。そんなひまわり畑を定番から穴場まで全国各地からご紹.. 続きを読む

【福島】うわ、喜多方ラーメンがセメント色に! 背脂煮干し好きにはたまらない、燕三条系との融合

【福島】うわ、喜多方ラーメンがセメント色に! 背脂煮干し好きにはたまらない、燕三条系との融合

福島県喜多方市の「福島屋」は88年創業で、現店主は2代目。モチモチした食感でコシもある自家製麺がウリで、スープは会津地鶏の鶏ガラ、豚骨、魚介系をバランスよく調和させている。<※情報は発売中の「ラーメンWalker福島2018」より>■ .. 続きを読む

アツアツの愛も一瞬で冷めちゃう!? ラーメンのNGな食べ方

アツアツの愛も一瞬で冷めちゃう!? ラーメンのNGな食べ方

海外でも大人気の日本のラーメン。週に1回は食べたいという人も多いかな?マルハニチロ(東京)は、ラーメンを食べることがある20~59歳の男女1,000人を対象にインターネットでアンケート調査を実施した。最初に好きなラーメンの種類を尋.. 続きを読む

【福島】仕込みは深夜1時から! 屋台の味を受け継ぐ「源来軒」は喜多方ラーメン発祥の店

【福島】仕込みは深夜1時から! 屋台の味を受け継ぐ「源来軒」は喜多方ラーメン発祥の店

福島県喜多方市の「源来軒」は、喜多方ラーメンの発祥と言われる老舗。大正末期に屋台で出していた元祖の味を、現在は2代目の店主が守っている。■ 青竹を使った手打ち麺が絶品!看板メニューは「ラーメン」(650円)。国産の黒豚や鶏ガラ、.. 続きを読む

【本日まで】絶品”焼豚ラーメン”が今だけオトクに食べられるぞ!「喜多方ラーメン坂内」で実施

【本日まで】絶品”焼豚ラーメン”が今だけオトクに食べられるぞ!「喜多方ラーメン坂内」で実施

『喜多方ラーメン坂内』にて、"手作りのチャーシュー"をたっぷりと乗せた通常価格940円「焼豚ラーメン」を、「790円」で販売する『焼豚ラーメン祭』を、2018年1月25日(木)・26日(金)の2日間限定で開催しています!『喜多方ラーメン坂内』.. 続きを読む

【福島】衝撃の喜多方ブラック! その名も「漆黒ラーメン」はなぜ生まれたのか

【福島】衝撃の喜多方ブラック! その名も「漆黒ラーメン」はなぜ生まれたのか

福島県喜多方市の「ラーメンこうへい」は、比較的澄んだスープが多い喜多方にありながら、真っ黒い醤油で作ったラーメンで話題の店だ。<※情報は「ラーメンWalker福島2018」より>■ “真っ黒”なラーメンは背脂でまろやかに看板メニューの.. 続きを読む

【福島】「喜多方ラーメン」寒い冬こそ旨さが染みる4店! ラーメンWalkerグランプリ上位から厳選

【福島】「喜多方ラーメン」寒い冬こそ旨さが染みる4店! ラーメンWalkerグランプリ上位から厳選

日本を代表するご当地ラーメンの一つ「喜多方ラーメン」。帰省や連休を利用して食べ歩きをする人も多いだろう。喜多方はレベルが高く、ラーメンWalkerが主催する「ラーメンWalkerグランプリ福島2017」のベスト20にも見事4店がランクイン.. 続きを読む

【福島】喜多方ラーメンに新展開! 新食感の「プチプチ背脂」が快感っ!

【福島】喜多方ラーメンに新展開! 新食感の「プチプチ背脂」が快感っ!

福島県喜多方市の「ウリナム食堂」は、在日韓国人の夫を持つ女性店主が、韓国の食材を生かしたおばあちゃん直伝の味を伝える店だ。 ※発売中の「ラーメンWalker福島2018」より再構成ここの人気は、ノムノムこってりしおらーめん(700円)。.. 続きを読む

年の瀬は、お得に食材がゲットできる道の駅へ!お出かけスポット情報〈福島県・1|2017〉

年の瀬は、お得に食材がゲットできる道の駅へ!お出かけスポット情報〈福島県・1|2017〉

今年も残すところあと1か月を切ってしまいました。なんとなく気忙しくなるものの、街並みは華やかに見える季節かもしれません。地元の人々に親しまれ、観光客も呼び寄せている「道の駅」では、この年の瀬もお得な食材がたくさん並んでい.. 続きを読む

【大阪】麺職人が王道の醤油ラーメンを追求!「麺一盃」の喜多方醤油中華そば

【大阪】麺職人が王道の醤油ラーメンを追求!「麺一盃」の喜多方醤油中華そば

話題店が多い大阪のラーメン界でもキラリと輝く店主たちがいる。2017年、精力的に活動する麺職人にスポットライトを当ててご紹介。今回はラーメン激戦区「塚本」で人気を博する「麺一盃」の店主、日吉陽一郎さんに注目。<※情報はラーメ.. 続きを読む

【道の駅大賞2017】発表!道の駅ランキング人気TOP10~東北編~

【道の駅大賞2017】発表!道の駅ランキング人気TOP10~東北編~

2017年度の登録で、道の駅は全国1117カ所。関東・東北エリアだけでも441カ所も!それぞれが特色ある運営で、ドライブのオアシスとしてだけではなく、ショッピングや遊びの目的地にもなる施設として大人気♪そこで2017年の締めくくりに、じ.. 続きを読む

先代から引き継がれたこだわりの喜多方ラーメン

先代から引き継がれたこだわりの喜多方ラーメン

11月10日放送の「昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~」(テレビ東京系、午前11時40分~)では、神奈川県・箱根町仙石原のお昼ご飯を調査した中で、「蔵一」(神奈川県足柄下郡箱根町)が紹介された。同店は昭和36年に喜多方出身の御.. 続きを読む

【福島】喜多方の究極「肉ラーメン」3選! チャーシューの旨味がスープに溶け出して…もうたまらん!

【福島】喜多方の究極「肉ラーメン」3選! チャーシューの旨味がスープに溶け出して…もうたまらん!

連休は特に多くの観光客が訪れる喜多方ラーメン。行列店が多く込み合うだけに、狙いを定めて食べ歩きたい。今回は、チャーシュー好きにはたまらない「肉尽くし」のラーメンに注目してみた。(「ラーメンWalker福島2018」より再構成)。■ 「.. 続きを読む

【福島】早っ! 朝10時で売切れ閉店!? 喜多方で行列を呼ぶ超透明スープ、とにかく急げ

【福島】早っ! 朝10時で売切れ閉店!? 喜多方で行列を呼ぶ超透明スープ、とにかく急げ

ご当地ラーメンで知られる福島県喜多方市に、なんと朝10:00で完売閉店することもあるという人気店がある。「喜一」だ。(「ラーメンWalker福島2018」記事より再構成)朝からラーメンを食べる=朝ラー文化がある喜多方だけに、朝7:00から開.. 続きを読む

熊本の人気ゆるキャラ『くまモン』 お土産のセンスが異常に良いことが判明

熊本の人気ゆるキャラ『くまモン』 お土産のセンスが異常に良いことが判明

©sirabee.com出身の熊本県だけでなく、日本を代表する大人気ゆるキャラといえば『くまモン』である。くまモンは県内だけでなく、県外も熊本関連のさまざまなイベントに出演しているが、現在開催中の『くまもとグルメツーリズム』PRのため.. 続きを読む

福島県のアンテナショップは全方位的にうまいモノだらけだった【日本橋ふくしま館 MIDETTE】

福島県のアンテナショップは全方位的にうまいモノだらけだった【日本橋ふくしま館 MIDETTE】

東京ならではの楽しみというと、何を思いますか?そりゃたくさんあるでしょうが、私の場合は「県のアンテナショップ巡りができる」というのが思い浮かびます。都内各所にあれど、新橋から銀座、そして有楽町から日本橋にかけては5分~10.. 続きを読む

【福島】え、これが喜多方ラーメン!? 気鋭店「あじ庵食堂」の一杯は、G系に激辛、貝ニラも!

【福島】え、これが喜多方ラーメン!? 気鋭店「あじ庵食堂」の一杯は、G系に激辛、貝ニラも!

喜多方ラーメンといえば淡麗醤油(塩)に縮れ麺、が大方のイメージだろう。だが近年、全く異なるニューウェーブ系が注目されている。その代表格と言えるのが「活力再生麺屋 あじ庵食堂」(喜多方市)だ。喜多方ラーメンの伝統にとらわれず、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。