君の名は。の最新情報

君の名は。 に関するニュース検索結果   1833件

一大ブームを巻き起こした作品人気は伊達ではなかった!「ベスト・オブ・新海誠監督」結果発表!

一大ブームを巻き起こした作品人気は伊達ではなかった!「ベスト・オブ・新海誠監督」結果発表!

アキバ総研が運営するアニメポータル「あにぽた」にて1月30日(火)~2月14日(水)まで実施していた公式投票企画 「ベスト・オブ・新海誠監督」が終了した。総計4676票が投じられた投票の結果はいかに? さっそくチェックしてみよう。1.. 続きを読む

“振る舞い”がスゴイ!岐阜県飛騨市の冬なのに熱い祭り

“振る舞い”がスゴイ!岐阜県飛騨市の冬なのに熱い祭り

「君の名は。」の聖地として“日本のアニメ聖地88”に選定されている岐阜県飛騨市で「第62回 飛騨神岡初金毘羅宵祭」が開催。補陀山洞雲寺(ほださんとううんじ)へ奉納行列を行い、商売繁盛と家内安全を祈願する冬祭りだ。■ 約1キロを練り歩.. 続きを読む

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」、舞台挨拶付き一挙上映会を開催! 登壇キャストのコメントも到着

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」、舞台挨拶付き一挙上映会を開催! 登壇キャストのコメントも到着

放送中のTVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の舞台挨拶付き一挙上映会が、2018年2月19日(月)に新宿バルト9にて開催された。「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は、「キルラキル」や「リトルウィッチアカデミア」などの人気作.. 続きを読む

大泉洋、初めて「映画ドラえもん」を観たと衝撃告白!のび太くんを「世界一尊敬している」と大絶賛

大泉洋、初めて「映画ドラえもん」を観たと衝撃告白!のび太くんを「世界一尊敬している」と大絶賛

今年で38年目を迎える春休みの定番「映画ドラえもん」シリーズ。その最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)の公開に先がけて19日、東京・スペースFS汐留で「大人だけの先行試写会」が開催。完成したばかりの本作をいち早く.. 続きを読む

大泉洋、映画ドラえもんに感動「のび太くんこそ金メダル」 声優は自画自賛

大泉洋、映画ドラえもんに感動「のび太くんこそ金メダル」 声優は自画自賛

俳優の大泉洋(44)、お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(42)が19日、都内で行われたアニメーション映画『映画ドラえもんのび太の宝島』(3月3日公開、今井一暁監督)先行試写会に出席した。 『映画ドラえもん』シリーズの38作目。ドラ.. 続きを読む

「ハンター×ハンター」の冨樫義博、乃木坂卒業の生駒里奈に応援メッセージ

「ハンター×ハンター」の冨樫義博、乃木坂卒業の生駒里奈に応援メッセージ

「HUNTER×HUNTER」「幽遊白書」の著者である、漫画家・冨樫義博が、乃木坂46を次のシングルで卒業すると発表している生駒里奈に応援メッセージを送った。メッセージは「週刊少年ジャンプ」2018年No.12の「HUNTER×HUNTER」での巻末コメン.. 続きを読む

「わろてんか」の成田凌が共演者のあの人にそっくりとネットで大評判

「わろてんか」の成田凌が共演者のあの人にそっくりとネットで大評判

吉本興業の創業者・吉本せいの生涯を描いたNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」。いよいよ残り2カ月を切った第20週のタイトルは、「ボンのご乱心」。ドラマの中で松坂桃李が演じ、病で亡くなった父・藤吉の後を継ぐべく修業に励む息子・.. 続きを読む

『恥ずかしいと思うことが恥ずかしい』ある高校生のやりとりが考えさせられる。

『恥ずかしいと思うことが恥ずかしい』ある高校生のやりとりが考えさせられる。

Twitterユーザー・たまやん(@tamayan22)さんがTwitterに投稿した『彼の行為を恥ずかしいと思うのなら、その気持ちこそが恥ずかしい事だぞ少年よ。』という画像が話題になっています。 そのツイートがこちら!   今日レジ打ちしてたら.. 続きを読む

【第13回】「オタク川柳大賞」の投票受付スタート! 最終選考を通過した珠玉の20作品に涙せよ!!

【第13回】「オタク川柳大賞」の投票受付スタート! 最終選考を通過した珠玉の20作品に涙せよ!!

2018年2月15日、第13回目「オタク川柳大賞」の投票受付がスタートした。オタク川柳とはその名の通り、オタクのオタクによるオタクのための川柳で、鋭いキレ味となんとも言えぬ哀愁が最大の魅力だ。第13回目の開催となる今回も、応募総数1.. 続きを読む

好きな相手だからこそ一緒に!アニメファンが選ぶ「好きな相手と2人で一緒に観たいアニメ作品」TOP20!

好きな相手だからこそ一緒に!アニメファンが選ぶ「好きな相手と2人で一緒に観たいアニメ作品」TOP20!

アニメキャラクター事典「キャラペディア」では、アニメファンが選ぶ『好きな相手と2人で一緒に観たいアニメ作品』TOP20を発表した。11位以降のランキング結果はこちらhttp://www.charapedia.jp/research/0180/第1位には、陰気で見た目が.. 続きを読む

長澤まさみ「放っておけないところが好きです(笑)」のび太の魅力を力説

長澤まさみ「放っておけないところが好きです(笑)」のび太の魅力を力説

劇場版38作目となる、3月3日(土)公開の「映画ドラえもん のび太の宝島」に、女優の長澤まさみがゲスト声優として参加することが発表された。2年連続興収40億円超えを果たし、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち立て続けている.. 続きを読む

長澤まさみ、『映画ドラえもん のび太の宝島』にゲスト声優で出演決定

長澤まさみ、『映画ドラえもん のび太の宝島』にゲスト声優で出演決定

今年で38作目を迎える「映画ドラえもん」シリーズの最新作となる『映画ドラえもん のび太の宝島』。2018年3月3日に公開される本作に、女優・長澤まさみがゲスト声優として出演することが決定した。声優としてもこれまで、スタジオジブリ.. 続きを読む

主演映画も決定!稲垣吾郎とあの名監督の不思議な縁

主演映画も決定!稲垣吾郎とあの名監督の不思議な縁

元SMAPの稲垣吾郎が阪本順治監督の新作映画「半世界」に主演することがわかった。稲垣は39歳の炭焼き職人を演じ、同級生役に長谷川博己、渋川清彦、稲垣の妻役を池脇千鶴が務める。稲垣は「阪本順治監督作品の大ファンでしたので、とても.. 続きを読む

映画「君の名は。」の主人公が食した飛騨高山ラーメンがらあめん花月嵐より登場

映画「君の名は。」の主人公が食した飛騨高山ラーメンがらあめん花月嵐より登場

「らあめん花月嵐」のブランド名で、全国250店舗のラーメンチェーン店を運営するグロービート・ジャパン株式会社は、2月7日(水)から5月9日(火)までの期間限定で、「飛騨高山中華そば 麺屋 和香葉(わかは)」(750円)を国内全店舗で販売する.. 続きを読む

長澤まさみが喜び「参加できるとは思ってもいなかった」

長澤まさみが喜び「参加できるとは思ってもいなかった」

【長澤まさみ/モデルプレス=2月13日】女優の長澤まさみが、「映画ドラえもん のび太の宝島」(3月3日公開)でゲスト声優を務めることが発表された。今回、声優としても評価が高く、スタジオジブリ「コクリコ坂から」(2011)、「妖怪.. 続きを読む

長澤まさみの好きなひみつ道具は?念願の「映画ドラえもん」参戦が決定!

長澤まさみの好きなひみつ道具は?念願の「映画ドラえもん」参戦が決定!

今年で38作目を迎える「映画ドラえもん」シリーズ。最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)を手掛けるのは、テレビシリーズで演出を数多く手がけ、初の映画シリーズ監督を務める今井一暁。脚本は『バケモノの子』『君の名は.. 続きを読む

長澤まさみ、ドラえもん声優 念願起用に感激「本当に光栄」

長澤まさみ、ドラえもん声優 念願起用に感激「本当に光栄」

女優の長澤まさみ(30)が3月3日公開の映画「ドラえもん のび太の宝島」(監督今井一暁)で声優を務めている。 デビュー18年で「ドラえもん」に参加するのはアニメ、映画を通じて初めて。幼少期にドラえもんグッズを持ち歩いたファンだ.. 続きを読む

岡田准一「怖くて脚本を読むのも大変です」鬼才・中島哲也監督と初タッグ!

岡田准一「怖くて脚本を読むのも大変です」鬼才・中島哲也監督と初タッグ!

日本映画界の鬼才・中島哲也監督にとって「渇き。」以来の最新作となる、映画「来る」が2019年に公開されることが判明。「海賊とよばれた男」(2016年)で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、近年その他にも数多くの映画でメイン.. 続きを読む

岡田准一「怖くて脚本を読むのも大変」 映画「来る」で初ホラー

岡田准一「怖くて脚本を読むのも大変」 映画「来る」で初ホラー

V6の岡田准一(37)が来年公開の映画「来る」に主演しホラーに初挑戦する。2015年の日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」を映像化する作品で、大ヒット映画「告白」(10年公開)などを手掛けた中島哲也監督がメガホンをとる。 .. 続きを読む

『君の名は。』も…窪田正孝の“心が揺さぶられた”映画とは

『君の名は。』も…窪田正孝の“心が揺さぶられた”映画とは

役の切り替えから、アドリブまで! 人気俳優たちの柔軟な思考の源とは? 今回は窪田正孝さんに自身の思考について語っていただきました。■ 苦しみ、もがいた時間が自分の糧になると思う。以前に比べ、演じる役に引きずられることが少な.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。