向井理
1982年2月7日生まれ、神奈川県出身。出身校は明治大学、農学部で遺伝子工学を専攻していた。2006年には人気テレビドラマ『のだめカンタービレ』に出演するほか、2009年に放送されたテレビドラマ『傍聴マニア09』で初主演を務める。その後も数多くのドラマ作品に出演していて、2016年には朝のテレビ小説『とと姉ちゃん』にて朝永蘭丸役を、2010年には『ゲゲゲの女房』の水木しげる役での好演が話題となった。2020年には1月放送のテレビドラマ『そろばん侍風の市兵衛SP〜天空の鷹〜』にて主人公唐木市兵衛役を務めているほか、大河ドラマ『麒麟がくる』に出演。さらに、1月14日から放送が開始されているテレビドラマ『10の秘密』では主人公のシングルファザー役に抜擢されている。同じく4月からは池井戸潤原作のテレビドラマ『連続ドラマW鉄の骨』にも出演が決まっている。趣味はサッカーで6歳から大学進学までの間、サッカー少年であったとのこと。また大学卒業後から芸能界入りするまで、バーテンダーとして働いていた経歴がある。2011年には日本・カンボジア親善大使に任命されていて、現地との交流をはかっている。2014年に以前テレビドラマ『ハングリー』で共演した女優国仲涼子と結婚をしており、2児の父である。

「向井理」に関するニュース検索結果(594件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ