受信料の最新情報

受信料 に関するニュース検索結果   218件

【悲報】ワンセグ携帯でも受信料の支払い義務あり! NHKさん、高裁で無敗の4連勝を記録

【悲報】ワンセグ携帯でも受信料の支払い義務あり! NHKさん、高裁で無敗の4連勝を記録

ピンポーン。ガチャ。「はい」「こんにちわー、NHKの者ですがー」「すいません、うちテレビないんですよ」的なやりとりをしたことがある人も多いと思う。要は、受信料払えや! ということなのだが、テレビも地デジチューナーもないなら.. 続きを読む

「NHKW杯ハイライト」アシスタント美女タレントにサッカー通が猛批判!

「NHKW杯ハイライト」アシスタント美女タレントにサッカー通が猛批判!

ブワーン!アフリカのサッカー応援楽器として有名なブブゼラの音。熱戦の続く「FIFAワールドカップ ロシア大会」でも鳴り響く、あのピッチ上の声までかき消しそうな独特の“騒音”。でも、あの音に負けない大ブーイングが、いま日本中にこ.. 続きを読む

NHK
「NHKが映らないテレビ」をソニーが作る…かも? 株主総会での株主提案が話題に

「NHKが映らないテレビ」をソニーが作る…かも? 株主総会での株主提案が話題に

6月19日に行われたソニー株主総会の質疑応答で、株主の方の提案が素晴らしいと話題になっています。もしこの提案が製品化されたら売れそうな予感……!■受信料を支払わなくていいテレビができるかも?ソニー株主総会の質疑応答で、株主の方.. 続きを読む

NHK
サッカーW杯「画質が悪すぎ」でNHKに受信料支払い拒否!?

サッカーW杯「画質が悪すぎ」でNHKに受信料支払い拒否!?

(C)Master1305 / Shutterstockサッカーのワールドカップロシア大会(W杯)を連日放送しているNHKだが、試合の画像の粗さが問題となっている。6月16日放送のフランス代表対オーストラリア代表の試合中継は、通常の放送と比べるとかなり.. 続きを読む

NHK
ビンス・マクマホン 世界征服と開拓のパラドックス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第100話(最終話)>

ビンス・マクマホン 世界征服と開拓のパラドックス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第100話(最終話)>

ビンス・マクマホンは王様である。WWEを世界最大のプロレス団体に育てあげ、アメリカ国内の市場独占だけでなくレスリング・ビジネスのグローバリゼーションを実現させた。ビンスのトレードマークのヘアスタイルはポンパドゥールPompadour.. 続きを読む

「半分、青い。」65話。高瀬アナ「半分、青い。」の録画に失敗する

「半分、青い。」65話。高瀬アナ「半分、青い。」の録画に失敗する

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第11週「デビューしたい!」第63回6月15日(金)放送より。 脚本:北川悦吏子 演出:橋爪紳一朗65話はこんな話1992年、デビューで.. 続きを読む

朝ドラ『半分、青い。』脚本家・北川悦吏子の“革命的な表現手法”“トレンディ霊力”をホメゴロス

朝ドラ『半分、青い。』脚本家・北川悦吏子の“革命的な表現手法”“トレンディ霊力”をホメゴロス

テレビ・芸能ウォッチャー界のはみ出し者、佃野デボラが「下から目線」であらゆる「人」「もの」「こと」をホメゴロシます。【今回のホメゴロシ!】Twitterと同時進行で楽しむ“神”朝ドラ『半分、青い。』が革命的な理由現在放送中のNHK連.. 続きを読む

“お笑いジャーナリスト”のNHK局員・たかまつななが大ピンチ!? 「副業禁止」に抵触で……

“お笑いジャーナリスト”のNHK局員・たかまつななが大ピンチ!? 「副業禁止」に抵触で……

自称“お笑いジャーナリスト”で、今春NHKに入局した元お笑い芸人のたかまつななが、ピンチに陥っているという。たかまつといえば、フェリス女学院高校から慶応義塾大学に進み東京大学大学院で学んだ頭脳の持ち主。一方で、全国の小中学校.. 続きを読む

AIフル活用、ワンタップするだけで超美麗。ドコモ「HUAWEI P20 Pro」LEICAトリプルカメラのすべて

AIフル活用、ワンタップするだけで超美麗。ドコモ「HUAWEI P20 Pro」LEICAトリプルカメラのすべて

Photo: 小原啓樹 業界でNo. 1を狙うだけじゃなく、コンデジ市場を過去のものとしそうな勢いと性能。新しいスマホを選ぶとき、どんなポイントを見ていますか、みなさま。SoCのスペック、大事。メモ.. 続きを読む

“芸人兼NHK職員”たかまつなな「局をカネ集めに利用するな」と内部から苦言!

“芸人兼NHK職員”たかまつなな「局をカネ集めに利用するな」と内部から苦言!

フェリス女学院出身の経歴を活かして“お嬢さま芸人”として活動し、今春、NHKにディレクター職で入局した女芸人・たかまつなな。学生時代から政治に関心を示し、全国で政治に関する出張授業を行う「笑下村塾」なる会社の代表を務めていた.. 続きを読む

NHK
メーガンさん&ヘンリー王子のロイヤルウェディング 英国名物“ストリート・パーティー”を企業や自治体もサポート

メーガンさん&ヘンリー王子のロイヤルウェディング 英国名物“ストリート・パーティー”を企業や自治体もサポート

英ヘンリー王子&メーガン・マークルさんのロイヤルウェディングがいよいよ19日に執り行われる。祝福ムードがピークに達する世紀のロイヤルウェディング・ウィークエンド、ロンドンの街はどんな風にこのイベントを盛り上げるのだろうか。.. 続きを読む

『Rの法則』打ち切り賠償金は3,000万? NHKの対応に批判も“癒着関係”には変化なし

『Rの法則』打ち切り賠償金は3,000万? NHKの対応に批判も“癒着関係”には変化なし

TOKIOの山口達也が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検されたことで、ジャニーズ事務所との契約が解除された。それを受け、NHKは山口がMCを務めていた『Rの法則』(NHK Eテレ)の打ち切りを発表。山口本人、もしくはジャニーズ事務所.. 続きを読む

小倉智昭が賛同を得た「NHKに対するコメント」

小倉智昭が賛同を得た「NHKに対するコメント」

(C)まいじつNHKが5月10日の定例会長記者会見で、元『TOKIO』の山口達也が司会を務めていたEテレ『Rの法則』が打ち切りになったことについて、ジャニーズ事務所か山口本人に対し、損害賠償請求を検討していることを明らかにした。編成局.. 続きを読む

もはや言いがかりレベル!BPOに寄せられる衝撃クレーム!

もはや言いがかりレベル!BPOに寄せられる衝撃クレーム!

どうもどうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。僕も最近はテレビメディアに出演させていただく機会が増え、番組で放送に耐えうる内容かどうかの話題のチョイスを迫られます。番組側は、非常に放送内容に関して配慮して.. 続きを読む

NHK
NHK集金人、夜遅くに女性宅訪問、1日17通手紙投函…一部の非常識行動が問題視

NHK集金人、夜遅くに女性宅訪問、1日17通手紙投函…一部の非常識行動が問題視

NHKの受信料をめぐるトラブルが後を絶たない。昨年12月21日、NHK名古屋放送局の職員が、愛知県内の21世帯から徴収した受信料58万円余りを着服していたことが発覚し、懲戒処分となった。同月14日には尼崎市議会議員の武原正二氏による、NH.. 続きを読む

NHK
TOKIO山口達也が辿る地獄道が悲惨、違約金は3億超え!キーマンはもう1人の被害女性か!?

TOKIO山口達也が辿る地獄道が悲惨、違約金は3億超え!キーマンはもう1人の被害女性か!?

女子高生への強制わいせつ事件でジャニーズ事務所を契約解除された元「TOKIO」の山口達也に、巨額賠償金が課せられる可能性が出てきた。事件により、山口はテレビの全レギュラー番組を降板。TOKIOとして出演している各CMも撮り直しを余儀.. 続きを読む

山口達也MC『Rの法則』打ち切りで“被害者ぶる”NHKに痛烈批判が殺到!「共同正犯だろ」「受信料払わない!」

山口達也MC『Rの法則』打ち切りで“被害者ぶる”NHKに痛烈批判が殺到!「共同正犯だろ」「受信料払わない!」

5月10日、NHKは東京・渋谷にある同局で定例会見を行い、元TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検され、ジャニーズ事務所に契約解除となったことを受け、山口がメインMCを務めていた『Rの法則』(NHK Eテレ)の打ち切りについても.. 続きを読む

「こういう時だけ受信料っていう」 小倉智昭の持論に共感の声

「こういう時だけ受信料っていう」 小倉智昭の持論に共感の声

山口達也さんが司会を務めていた教養バラエティ番組『Rの法則』(NHK)が、強制わいせつ容疑の件を受け、放送が終了。2018年5月11日に放送された情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、この件についてNHKがジャニーズ事務所などに.. 続きを読む

山口達也が出ていたレギュラー番組の「穴埋め進捗状況」

山口達也が出ていたレギュラー番組の「穴埋め進捗状況」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ『TOKIO』の5人がレギュラー出演していたフジテレビのトーク番組『TOKIOカケル』について、同局は5月8日に山口達也を除いたTOKIOの4人で継続すると明らかにした。そのほかのテレビ局のレギュラー番組も、山口.. 続きを読む

再ブレイク美女11人「逆転」の舞台裏(2)倉木麻衣の復活の裏側

再ブレイク美女11人「逆転」の舞台裏(2)倉木麻衣の復活の裏側

歌姫たちも、再ブレイクの波に沸いている。先にも触れた安室は目下、9月16日の引退に向けてファイナルツアーの人気が大爆発中。90年代半ばには若い女性を中心に支持され“アムラー現象”まで起こした安室も、近年はかつてほどの勢いも陰を.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。