原宿アベニューの最新情報

原宿アベニュー に関するニュース検索結果   106件

夫婦別姓への理解進むも若者は同姓希望?「好きな人の名字欲しい」「別姓だと家族感ない」

夫婦別姓への理解進むも若者は同姓希望?「好きな人の名字欲しい」「別姓だと家族感ない」

10日、内閣府は「家族の法制に関する世論調査」を発表。「夫婦が希望すれば婚姻前の名字を名乗ることができるように法律を改めてもかまわない」と答えた人が、5年前の調査から7ポイント増え42.5%となったことがわかった。夫婦別姓への理.. 続きを読む

“ハッカソン”で誕生、3時間の動画を10秒で編集するアプリ「撮るだけユーチューバー」

“ハッカソン”で誕生、3時間の動画を10秒で編集するアプリ「撮るだけユーチューバー」

去年末に行われた日本最大級のハッカソンイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.」。ハッカソンとは、アプリの開発などを意味する「ハック」と「マラソン」を掛け合わせた造語で、決められた期間にシステムやアプリを開発しその出.. 続きを読む

奨学金で自己破産する人が増加、大学生の声「連帯保証人を書いて『借金』だと実感」

奨学金で自己破産する人が増加、大学生の声「連帯保証人を書いて『借金』だと実感」

奨学金制度を担う日本学生支援機構によると、奨学金が重荷となり自己破産する人が過去5年間で延べ1万5000人であることがわかった。さらに、2016年度は最多の3451人で、5年前より13%増えたという。このニュースを若者はどのように感じた.. 続きを読む

安倍総理「哀れですね」投稿に若者は賛否両論「同じ土俵に乗ってる」「過激になってもいい」

安倍総理「哀れですね」投稿に若者は賛否両論「同じ土俵に乗ってる」「過激になってもいい」

森友学園をめぐる報道の中で、『安倍晋三記念小学校』と事実と異なる学校名を報じた朝日新聞の検証記事に対して、安倍総理がFacebookに「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした。」とコメント。予算委員会でも朝日新聞を批.. 続きを読む

平昌オリンピック、韓国&北朝鮮に若者疑問「関係見せつけている」「核問題解決してない」

平昌オリンピック、韓国&北朝鮮に若者疑問「関係見せつけている」「核問題解決してない」

9日に開幕した平昌五輪。日本人メダリストも続々と生まれ日々盛り上がりを見せている。日本人選手の活躍に、原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」には様々な感想が寄せられた。「地道に練習することって大事だなと思いました」(1.. 続きを読む

ミニ四駆に“第3次ブーム”到来、女子もハマる理由とは?

ミニ四駆に“第3次ブーム”到来、女子もハマる理由とは?

かつて男の子の遊びだった「ミニ四駆」が、時を経て老若男女が楽しめるものになっている。先月28日に品川で開催された「ミニ四駆グランプリ2018 New Year東京大会」には、男女に限らず親子、親子三世代など様々な人が集まり約2600人を動.. 続きを読む

ホワイトハッカーがみるコインチェック騒動、仮想通貨は「面白い、広がって欲しい」

ホワイトハッカーがみるコインチェック騒動、仮想通貨は「面白い、広がって欲しい」

“コインチェック騒動”について様々な憶測が飛び交う中、「ハッカー」というワードが注目を集めている。ハッカーはコンピューターに関する深い知識と技術力を併せ持つ人のこと。善良な目的の場合は「ホワイトハッカー」、犯罪目的の場合は.. 続きを読む

F1“グリッドガール”廃止に若者「男女差が問題化されてきている」「逆に女の人の権利奪う」

F1“グリッドガール”廃止に若者「男女差が問題化されてきている」「逆に女の人の権利奪う」

F1などでレース前にプラカードを掲げる“グリッドガール”を、性差別への関心が高まる現代社会の規範にそぐわないとして廃止することが決まった。このニュースを若者はどのように感じたのか。原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」に.. 続きを読む

アメリカ“核戦略見直し”に若者「同じ立場に立っちゃダメ」「一定の抑止力あると思う」

アメリカ“核戦略見直し”に若者「同じ立場に立っちゃダメ」「一定の抑止力あると思う」

8年ぶりに見直されたアメリカの核戦略。通常兵器での攻撃に対しても核兵器を使用して反撃できることや小型核兵器の開発を進めることなどが明記された。マティス国防長官は「核戦略見直しが核兵器使用のハードルを下げているとはまったく.. 続きを読む

「左利きグッズ」推進のメリット、ゼブラは反響受けSNSで“少数意見”参考に

「左利きグッズ」推進のメリット、ゼブラは反響受けSNSで“少数意見”参考に

2月10日は「左利きグッズの日」。“0(レ)2(フ)10(ト)”と読むことにかけて、日本記念日協会に正式に認定されている。「左利きグッズの日」を制定したのは、神奈川県相模原市にある文具店「菊屋浦上商事」の浦上裕生社長。『原宿アベ.. 続きを読む

アルマーニ制服“任意”の着用に若者「無いといじめに発展するかもしれない」

アルマーニ制服“任意”の着用に若者「無いといじめに発展するかもしれない」

東京・銀座にある公立の泰明小学校が、今春入学予定の新1年生を対象に一式約5万円の標準服を導入する。任意でセーターなどを加えると最大で8万円以上にものぼるため波紋が広がっているが、同小学校の和田利次校長は「私は新1年生からこの.. 続きを読む

眞子さまの結婚行事延期に、週刊誌報道に若者「ご本人たちに関係ないのでは」

眞子さまの結婚行事延期に、週刊誌報道に若者「ご本人たちに関係ないのでは」

婚約が内定している秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまとお相手の小室圭さんの結婚に向けた一連の行事などを延期すると発表された。眞子さまと小室さんは文書を通じ「十分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」.. 続きを読む

バレンタインデー、男性から贈る“逆チョコ”に女性は「欲しい」「勇気使わなくていい」

バレンタインデー、男性から贈る“逆チョコ”に女性は「欲しい」「勇気使わなくていい」

2月14日はいよいよバレンタインデー。日本では女性が男性にチョコレートをあげて気持ちを伝える日だが、今時の若者はどのような日と捉えているのだろうか。原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」には次のような意見が寄せられた。.. 続きを読む

“修行”が若者に密かなブーム? 精進料理、お百度参り、写経を女子高生が体験

“修行”が若者に密かなブーム? 精進料理、お百度参り、写経を女子高生が体験

「自分を変えるために来た。この機会を逃したらもうないと思って」(22歳・女性/会社員)「今年就活なので願掛けみたいな感じで」(22歳・男性/大学生)真剣な表情でお経を唱える若者たち。天光寺の高尾聖賢住職は「例年に比べて(修行.. 続きを読む

有効求人倍率、44年ぶりの高水準に若者「嬉しいとか嫌とかない」「入りやすい分辞めやすい」

有効求人倍率、44年ぶりの高水準に若者「嬉しいとか嫌とかない」「入りやすい分辞めやすい」

厚生労働省が先月30日に発表した2017年12月の有効求人倍率は前月比0.03ポイント高い1.59倍となった。1974年1月以来およそ44年ぶりの高水準だが、若者の目にはどう映っているのか。原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」には次のよ.. 続きを読む

東京都が“結婚後押し動画”を制作、減少する結婚したい&したくない若者

東京都が“結婚後押し動画”を制作、減少する結婚したい&したくない若者

東京都は結婚を後押しするため『東京2020オリンピック・パラリンピック、あなたは誰と観ますか?』と題した動画を制作した。小池都知事は「結婚するかしないかは個人の自由であるし、自分の人生観に基づいて決めること」としつつ、「でも.. 続きを読む

松本前内閣府副大臣が辞任、国会議員の“ヤジ”に若者「立場が上の人に多い」「キレイな言葉でうまくいかない」

松本前内閣府副大臣が辞任、国会議員の“ヤジ”に若者「立場が上の人に多い」「キレイな言葉でうまくいかない」

先月25日、沖縄で相次ぐアメリカ軍機の不時着などをめぐり、衆議院本会議で「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばした自民党の松本文明前内閣府副大臣が辞任した。こうした国会でのヤジは今まで何度も問題になってきたが、若者にはどう映.. 続きを読む

コインチェック騒動に若者「仮想通貨自体が怪しまれる理由が分からない」「マジかと思った」

コインチェック騒動に若者「仮想通貨自体が怪しまれる理由が分からない」「マジかと思った」

580億円相当の仮想通貨「NEM」が不正流出した問題を受けて、金融庁は2日、コインチェックに立ち入り検査に入った。業界全体が激震している今回の騒動について、原宿の若者の声を聞く「原宿ニュースそれな」には次のような意見が寄せられ.. 続きを読む

氷点下13.8度?の平昌五輪開会式に街の声「見る側も楽しめなさそう」「応援する心は凍らない」

氷点下13.8度?の平昌五輪開会式に街の声「見る側も楽しめなさそう」「応援する心は凍らない」

国際パラリンピック委員会は先月29日、ドイツで理事会を開き、国ぐるみのドーピング問題を抱えるロシア選手団について、平昌パラリンピックへの参加を認めないことを決定した。一方で平昌オリンピックをめぐっては、韓国と北朝鮮がアイス.. 続きを読む

分党問題・党内対立消えない希望の党に若者「『希望』の名前合わない」「いざとなるとバラバラ」

分党問題・党内対立消えない希望の党に若者「『希望』の名前合わない」「いざとなるとバラバラ」

希望の党の分党問題をめぐり、玉木雄一郎代表は先月31日、国会内で記者団に分党問題の休戦を宣言した。しかし、政策的態度をめぐる党内の対立は消えることなく、党の雲散霧消すら現実味を帯びてきている。一時は旋風を巻き起こした希望の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。