動物の最新情報

動物 に関するニュース検索結果   18026件

可視化したらヤバかった…バイ菌だけじゃない!インフルエンザにもアルコール除菌が有効

可視化したらヤバかった…バイ菌だけじゃない!インフルエンザにもアルコール除菌が有効

「インフルエンザA型とB型の患者さんが同日に来る…従来、B型が流行するのは2月~3月頃と遅いが、今年は例年に比べて早く両方かかる患者さんも多い」そう話すのは「芝大門いまづクリニック」の今津院長だ。さらに院長は「去年の9月には都.. 続きを読む

“おじさん”が世間から疎まれるワケ――鈴木涼美が語る、二極化する男の実態と対処法

“おじさん”が世間から疎まれるワケ――鈴木涼美が語る、二極化する男の実態と対処法

くどくど小言を言ってきたり、つまらないギャグで場を凍らせたり……面倒くさい“おじさん”、あなたの周りにもいませんか? 『おじさんメモリアル』(扶桑社)の著者、鈴木涼美さんは、同書でさまざまな“おじさん”との20年間の思い出を綴っ.. 続きを読む

両親の留守中にパーティー開く 羽目を外しすぎた18歳息子を母が通報(英)

両親の留守中にパーティー開く 羽目を外しすぎた18歳息子を母が通報(英)

親の留守中に実家へ押し入り、派手にパーティーをして羽目を外した息子。戻って来た母親はすぐさま警察へ通報し、息子は逮捕となった。裁判では判事からも「深く反省すべき」といった言葉がかけられたという。英メディア『Blackpool Gaze.. 続きを読む

連ドラ初主演の吉岡里帆がドMヒロインに挑戦!! 視聴者のS心が沸き立つ『きみが心に棲みついた』

連ドラ初主演の吉岡里帆がドMヒロインに挑戦!! 視聴者のS心が沸き立つ『きみが心に棲みついた』

吉岡里帆、1993年京都市出身。清純そうなルックスながら、大胆な水着グラビアで注目を浴び、『カルテット』『ごめん、愛してる』(ともにTBS系)などの人気ドラマやCMに出演。2017年もっともブレイクした女優に選ばれ、まさに順風満帆。.. 続きを読む

【ドバイ紀行その3】圧倒的存在感を誇る天空の塔「バージ・カリファ」 世界最大のショッピングモールは東京ドーム24個分!

【ドバイ紀行その3】圧倒的存在感を誇る天空の塔「バージ・カリファ」 世界最大のショッピングモールは東京ドーム24個分!

ドバイでは観光もショーもショッピングも楽しみ、厳選の5つ星ホテル3軒を見学したのですが、弾丸ツアーのような疲労感はありません。3泊でよくここまで回ることが出来たものです。ドバイがいかにアクセスのよい回りやすい観光地であるか.. 続きを読む

雪をシャクシャク食べるカピバラに雪見プールで泳ぐペンギン! 各地の動物園が珍しい動物達の姿を公開中

雪をシャクシャク食べるカピバラに雪見プールで泳ぐペンギン! 各地の動物園が珍しい動物達の姿を公開中

22日、東京都心は4年ぶりに大雪が降り、交通機関で帰宅が困難になった人など大騒ぎとなった。雪に一喜一憂したのは動物達も同じ様で、各地の動物園がTwitterに投稿した写真で様々な表情を見る事が出来る。さすがホッキョクグマは雪が似合.. 続きを読む

今年はどんな雪像があるの? 服装は? 「さっぽろ雪まつり」の歩き方 

今年はどんな雪像があるの? 服装は? 「さっぽろ雪まつり」の歩き方 

「さっぽろ雪まつり」は、迫力満点の大雪像や、人気者も登場する市民雪像、繊細で美しい氷像や、家族連れに人気のアクティビティなどが楽しめる人気一大イベント。まだ行った事がない方のために、「さっぽろ雪まつり」の歩き方をご紹介し.. 続きを読む

平昌五輪直前……“犬食文化”に国内外から批判殺到!「ボイコット」求める署名に45万人以上が賛同

平昌五輪直前……“犬食文化”に国内外から批判殺到!「ボイコット」求める署名に45万人以上が賛同

平昌五輪の開幕を間近に控え、国内外から韓国の犬食文化に対する批判が高まっている。1月14日には、韓国国内20以上の動物保護団体で構成された「動物関連団体協議会」が、犬食に反対する大々的な集会を開催。「犬食のない平昌五輪を!」.. 続きを読む

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 – 第2回 –

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 – 第2回 –

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 – 第1回 – はこちらhttp://getnews.jp/archives/2009467当選金である1億円を受け取るために、2週間後に家族連れで再びみずほ銀行大阪支店の応接室へ出向いた西田春夫さん(仮名・5.. 続きを読む

美白・老化防止に! 健康にいい“水煮缶”四天王

美白・老化防止に! 健康にいい“水煮缶”四天王

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。1月18日(木)放送の「TREND EYES」のコーナーでは、女子栄養大学栄養クリニック所長で医学博士の田中明先生に「血管を強くする水煮缶」について伺いました.. 続きを読む

ソニーのペット型ロボット「aibo」の「かわいさ」とは?ロボットを「かわいい」と思う心理とは?

ソニーのペット型ロボット「aibo」の「かわいさ」とは?ロボットを「かわいい」と思う心理とは?

■リアルすぎるロボットはかえって不気味に感じる?人工知能は今とても注目される技術のひとつですね。最近では家庭用音声AIアシスタントが流行ったり、企業の受付にロボットが導入されたり、どんどん動きや姿や発する言葉はリアルになっ.. 続きを読む

嵐・相葉雅紀、公開されない「幻のビデオ」が存在していた!

嵐・相葉雅紀、公開されない「幻のビデオ」が存在していた!

昨年、5年以上にわたって交際している女性がいることが発覚した嵐・相葉雅紀。これによって、嵐は5人全員が交際を報じられたことになる。動物好きで天真らんまん。相葉にはクリーンなイメージがあっただけに、今回の恋愛報道にショックを.. 続きを読む

麗らかな春限定の心ときめく香り!ボタニカル柔軟剤「ソフナー サクラ&ラズベリー」

麗らかな春限定の心ときめく香り!ボタニカル柔軟剤「ソフナー サクラ&ラズベリー」

日本人の熟練調香師の手によって調合された、春の清々しさとみずみずしさを感じる「サクラ&ラズベリー」の香りの柔軟剤が、FULLERY BOTANICAL(フレリーボタニカル)から2月1日に春限定で登場します。2017年3月に発売を開始したFULLERY .. 続きを読む

質の良い睡眠を取りたいなら、帰りの電車で寝てはいけない。その理由とは?

質の良い睡眠を取りたいなら、帰りの電車で寝てはいけない。その理由とは?

『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい』(三島和夫監修、伊藤和弘、佐田節子著、日経BP社)の監修者は、「疲れを取るためには絶対NGな生活習慣」として、次のような例を挙げています。・帰りの電車で席に座って寝てしまう・ベ.. 続きを読む

川口春奈、草食?肉食?と問われ「真ん中くらい」

川口春奈、草食?肉食?と問われ「真ん中くらい」

女優の川口春奈が22日、都内で行われたBS-TBSの大型ネイチャー紀行番組『川口春奈アフリカ動物大紀行』(3月18日、日曜18時~)の取材会に出席。初のドキュメンタリー番組のリポートを務め、「やったこと全部楽しかった。チーターがいた.. 続きを読む

スマホのアプリ中毒から抜け出す方法

スマホのアプリ中毒から抜け出す方法

最近では、新年の抱負として「テクノロジー中毒からの脱却」を宣言する人がたくさんいます。たとえば、こんな感じです。パズルゲームの『キャンディクラッシュ』をスマホから削除したい、Twitterのチェックを1日1回に抑えたい、フィード.. 続きを読む

“ハナタレ”全国放送第4弾!「“日本で一番面白い5人組”って過大評価!?」言いたい放題の会見を全文掲載02

“ハナタレ”全国放送第4弾!「“日本で一番面白い5人組”って過大評価!?」言いたい放題の会見を全文掲載02

TEAM NACSが全員出演している唯一の番組「ハナタレナックス」の全国放送第4弾となる「HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽」の記者会見が20日に行われ、TEAM NACSのメンバ.. 続きを読む

YouTubeが見たい…3歳児がついた「はじめてのウソ」 ゴローパパ #43

YouTubeが見たい…3歳児がついた「はじめてのウソ」 ゴローパパ #43

source:https://www.shutterstock.com/僕には3歳5ヶ月になる息子がいる。日々の成長に目を細める毎日だが、その成長はいいことばかりではない。悪さだって覚えていくわけで、それは通過儀礼のようなもの。今回は息子がついた初めてのウ.. 続きを読む

メキシコの調査団が世界最大の浸水洞窟を発見。マヤ文明の土器や人骨が大量に転がる最重要遺跡に

メキシコの調査団が世界最大の浸水洞窟を発見。マヤ文明の土器や人骨が大量に転がる最重要遺跡に

Image: AlexAranda / Shutterstock.com 合せ技一本です。ユカタン半島の地下は、自然にできたトンネルや洞窟が水没しており、それらは「セノーテ」と呼ばれています。そこで巨大地下洞窟を調査する.. 続きを読む

「頭からバケツの水を…」|幸せそうなフリはもうやめよう♡みんなの離婚理由を直撃ッ vol4.

「頭からバケツの水を…」|幸せそうなフリはもうやめよう♡みんなの離婚理由を直撃ッ vol4.

結婚してしばらく経ってから「こんなハズじゃなかった……!」と、夫と過ごす毎日を嘆く女性たち。モヤモヤした日々を送った結果、“離婚”という選択をする人も珍しくない時代に。幸せそうなフリはやめ、離婚を決断した女性たちの理由は……?.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。