劇画の最新情報

劇画 に関するニュース検索結果   134件

綾瀬はるか、竹中直人を“お伴”に!?『今夜、ロマンス劇場で』劇画風ポスター公開

綾瀬はるか、竹中直人を“お伴”に!?『今夜、ロマンス劇場で』劇画風ポスター公開

綾瀬はるかと坂口健太郎が初共演していることで話題の映画『今夜、ロマンス劇場で』。この度、映画の大ヒットを受け、綾瀬演じるスクリーンの中のお姫様と、竹中直人演じるお伴・タヌキの姿が収められた、劇中に登場するポスタービジュア.. 続きを読む

蒼井そら「逃亡花」でドラマ初主演! 夫を殺した真犯人を追う若妻に

蒼井そら「逃亡花」でドラマ初主演! 夫を殺した真犯人を追う若妻に

4月よりBSジャパンにて、女優・タレントとして活躍する蒼井そらが主演を務めるドラマ「真夜中ドラマJ『逃亡花(のがればな)』」の放送が決定した。同ドラマは、香川まさひと原作、和気一作劇画の同名漫画を実写化。蒼井は、夫を殺害され無.. 続きを読む

蒼井そら、ドラマ初主演!体を売って夫殺しを追う“逃亡犯”役

蒼井そら、ドラマ初主演!体を売って夫殺しを追う“逃亡犯”役

元セクシー女優でタレントの蒼井そらが、BSジャパンにて4月よりスタートする『逃亡花(のがればな)』(毎週土曜24:00~)で、ドラマ初主演を務めることがわかった。香川まさひと原作、和気一作劇画の同名コミックをドラマ化した本作。人.. 続きを読む

蒼井そら、『逃亡花』でドラマ初主演! 無実の罪で復讐目論む若妻に

蒼井そら、『逃亡花』でドラマ初主演! 無実の罪で復讐目論む若妻に

元セクシー女優の蒼井そらが、BSジャパンの新ドラマ『逃亡花(のがればな)』(2018年4月開始 毎週土曜24:00~24:30)の主演を務めることが13日、わかった。同作は香川まさひと原作、和気一作劇画の同名コミックを実写化。愛する夫を殺害され.. 続きを読む

松坂桃李が不気味な男を不気味に演じる映画「不能犯」

松坂桃李が不気味な男を不気味に演じる映画「不能犯」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『不能犯』配給/ショウゲート TOHOシネマズ新宿ほかにて2月1日から全国公開監督/白石晃士出演/松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣祐、矢田亜希子、安田顕ほかもっぱら“映画は女優で見る”を標榜しているが.. 続きを読む

ブルーノ・サンマルチノ “人間発電所”から“生ける伝説”へ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第12話>

ブルーノ・サンマルチノ “人間発電所”から“生ける伝説”へ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第12話>

神がかりとか、神通力とか、なにかそういった非現実的な単語でしか表現できないような存在。格闘技の殿堂マディソン・スクウェア・ガーデンの象徴であり、ニューヨークのプロレス=イコール=ブルーノ・サンマルチノという絶対的なヒーロ.. 続きを読む

怒りの告発「初代タイガーマスク基金」に追放騒動勃発

怒りの告発「初代タイガーマスク基金」に追放騒動勃発

「梶原一騎先生の劇画のラストにも描かれているように“ボランティアは最後までボランティアでなければいけない”という精神が『タイガーマスク』には脈々と流れているんです。それが、河村正剛氏は、ギャラ20万円をもらって講演をやったと.. 続きを読む

キラー・コワルスキー “キラー=殺人鬼”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第8話>

キラー・コワルスキー “キラー=殺人鬼”と呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第8話>

リングネームにキラー=殺人鬼がつけられた古典派ヒールの代表格。1947年から1977年まで30年間、現役で活躍した。ハイスクールを卒業後、地元ウィンザーのフォード・モータースでエンジニア見習いとして働いていたが、YMCAでトレーニング.. 続きを読む

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】

非モテ女子に悪女! 漫画家・あいだ夏波が「型破りな少女漫画ヒロイン」を描く理由【ロングインタビュー】

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくスト.. 続きを読む

カラテカ矢部、大ヒット漫画の誕生秘話を明かす

カラテカ矢部、大ヒット漫画の誕生秘話を明かす

1月26日、AbemaTVで『エゴサーチTV』で放送され、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也、矢部太郎が出演した。“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。同番組は、“エゴサーチ”が.. 続きを読む

矢部太郎、漫画の大ヒットで「初めてネットの世界に僕がいる感じ」

矢部太郎、漫画の大ヒットで「初めてネットの世界に僕がいる感じ」

1月26日に放送された「エゴサーチTV」(AbemaSPECIAL)にカラテカの2人が登場し、約20年ぶりにテレビでネタを披露。また、矢部太郎の漫画出版秘話も明かされた。カラテカの2人がゲストで登場した26日の放送回。早速、西野亮廣がカラテカの2.. 続きを読む

カラテカ矢部「大家さんと僕」の誕生秘話

カラテカ矢部「大家さんと僕」の誕生秘話

お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(40歳)が、1月26日に放送されたバラエティ番組「エゴサーチTV」(AbemaTV)に出演。2017年10月に発売し、現在までに20万部超のヒット漫画となった「大家さんと僕」の誕生秘話を語った。この日、番組MC.. 続きを読む

韓国映画「監獄の首領」刑務所は完全犯罪特区だった!イイ顔の男たちがムショの中から世間を操る

韓国映画「監獄の首領」刑務所は完全犯罪特区だった!イイ顔の男たちがムショの中から世間を操る

荒唐無稽な悪事の話は、やっぱりいつ見ても楽しい! 「囚人が塀の外で起こした犯罪は100%アリバイが成立するじゃん」という、とんでもない発想で作られた『監獄の首領』を見るとしみじみそう思う。灯台下暗し! 刑務所は完全犯罪特区だ.. 続きを読む

映画監督・松江哲明が教える今こそ見たい名作「ロマンポルノ」5選

映画監督・松江哲明が教える今こそ見たい名作「ロマンポルノ」5選

年末年始はロマンポルノばかり観ていた。尺とセックスシーンの回数さえ守れば作り手の自由が許されるこの奇跡のような作品群を今、見直しておきたかった。2017年の映画は世評と僕の好みが離れているな、と思わされることが多かったからか.. 続きを読む

【ネタバレ注意】Netflixアニメ『DEVILMAN crybaby』レビュー。新たなトラウマを植え付けるのか?

【ネタバレ注意】Netflixアニメ『DEVILMAN crybaby』レビュー。新たなトラウマを植え付けるのか?

Image: (c) Go Nagai-Devilman Crybaby Project, (c) Netflix. All Rights Reserved. via Netflix Japan/YouTube 悪魔がかった全力疾走がインパクト大!湯浅政明監督により、現代的かつスタイリッ.. 続きを読む

ドン・フライはまったく新しい“プロレスラー”のプロトタイプ――フミ斎藤のプロレス読本#162[新日本プロレス199X編07]

ドン・フライはまったく新しい“プロレスラー”のプロトタイプ――フミ斎藤のプロレス読本#162[新日本プロレス199X編07]

199X年ドン・フライは“なんでもあり系ファイター”のオーラを身にまとったまったく新しいタイプのプロレスラーのプロトタイプ(原型・試作品)である。肩書はUFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)第8回大会優勝と“.. 続きを読む

蝶野正洋+nWo×新日本プロレス=不滅の少年漫画的感性――フミ斎藤のプロレス読本#159[新日本プロレス199X編04]

蝶野正洋+nWo×新日本プロレス=不滅の少年漫画的感性――フミ斎藤のプロレス読本#159[新日本プロレス199X編04]

199X年コスチュームは全身黒ずくめで、毎週毎週決まった時間にテレビの画面に登場しては反則ばっかりやってる“なまずヒゲ”のビッグガイ。黒いサングラスをかけて子分どもを何人も引き連れて歩いているような大男は“悪者”に決まってる。蝶.. 続きを読む

前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]

前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]

2002年前田日明の姿をとにかく目に焼きつけておこうと思った人びとがそこに集まっていた。定番の真っ赤な“審議委員ジャケット”を着た前田は、第1試合からリングサイドにでんと陣どり、観客はつねに前田の視線といっしょにリングの上の闘.. 続きを読む

前田日明が探し求めた“まちがいのない物差し”――フミ斎藤のプロレス読本#154[前田日明編・中編]

前田日明が探し求めた“まちがいのない物差し”――フミ斎藤のプロレス読本#154[前田日明編・中編]

199X年前田日明の口ぐせは「いろいろな意味でね」と「でしょ」だった。あるひとつの単語やコメント、またはシチュエーションにはいつでもいろいろな意味がこめられていて、スポークスパーソンの前田はセンテンスのすぐあとに主語のない「.. 続きを読む

“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!

“女体盛り”に特化しすぎたギャンブルマンガ『リーマンギャンブラーマウス』が熱すぎる!

やってきました忘年会シーズン。今年は日本全国のブラック企業で、宴会芸としてアキラ100%的なことをやらされる不幸な若手サラリーマンが続出することがほぼ確定している今日このごろかと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。