副作用の最新情報

副作用 に関するニュース検索結果   1530件

【虫よけ】親子で安心して使える!絶対、虫に刺されたくない人がチェックすべき高評価アイテム25選

【虫よけ】親子で安心して使える!絶対、虫に刺されたくない人がチェックすべき高評価アイテム25選

今年もきっともう会いましたよね。初夏から秋頃まで、私たちを悩ませる……そう「蚊」に。蚊に刺されてかゆいのも嫌だし、あのプーンという何ともいえない羽音を聞くのも回避したい。何より、子どもたちのやわらかい肌に赤くてかゆいポツポ.. 続きを読む

注目のエゾウコギとは?期待できる健康・美容効果とおすすめのレシピ

注目のエゾウコギとは?期待できる健康・美容効果とおすすめのレシピ

エゾウコギとは?期待できる美容・健康効果エゾウコギとは、セリ目ウコギ科の落葉低木のこと。最近ではアメリカのサプリメント業界で話題になっており、質の高いパフォーマンスが求められる宇宙飛行士やスポーツ選手なども愛用している方.. 続きを読む

マネタイズ、ダイバーシティ…カタカナ語のイラッとする用例集

マネタイズ、ダイバーシティ…カタカナ語のイラッとする用例集

外資系企業やIT業界発のカタカナ用語が広く使われるようになった昨今。そんなイケてる職場でもないのに、わざわざカタカナ用語を使う人もいて、イラッとした経験は誰もがあるだろう。そこで、日刊SPA!では「カタカナのビジネス用語を使.. 続きを読む

【NYの食トレンド】インターミッテント・ファスティングと、オートミールの和風おじや

【NYの食トレンド】インターミッテント・ファスティングと、オートミールの和風おじや

昨年、NYの友達からインターミッテント・ファスティングというのが流行っているという話を聞いて驚いたことがありました。それは生活の中で断続的に食事制限をする「プチ断食」のようなもので、先駆けはサウス・カリフォルニア大学の研究.. 続きを読む

2人の女性が救われたリアルストーリー。アメリカのがん遺伝子検査の現状。

2人の女性が救われたリアルストーリー。アメリカのがん遺伝子検査の現状。

クリスティン・ブレイさんが卵巣がんと診断されたのは2010年、30歳のときでした。ステージ1cで、まだがんが卵巣の外に広がっていない段階。ですから、命にかかわることはないと考えていたといいます。がんが再発した時、米国がん治療セン.. 続きを読む

麻疹の大流行と感染力「ワクチン・抗体検査」はいつ受ける?

麻疹の大流行と感染力「ワクチン・抗体検査」はいつ受ける?

source:http://www.shutterstock.com/麻疹(はしか)が大流行しています。「授乳中に、もし麻疹にかかったら……」と心配している方も多いことでしょう。なぜ20~30代に麻疹が多いのか? 感染しないために何から始めたらいいのか?そんな.. 続きを読む

病院から見放された精神疾患の兄…絶望の淵で経験した予想外のコト #15

病院から見放された精神疾患の兄…絶望の淵で経験した予想外のコト #15

“私の兄は、障害者”。見て見ぬ振りして、直視できない現実を避けるように生きてきた、妹目線の連載です。通い慣れた精神科で、まさかの出入り禁止になった兄。バスに揺られて新しい病院へ向かいました。文・心音(ここね)【兄は障害者】vo.. 続きを読む

今話題のムラサキシキブエキスとは?期待できる美容効果について

今話題のムラサキシキブエキスとは?期待できる美容効果について

ムラサキシキブエキスが持つ美容成分とその効果とは?紫色の果実がとっても美しいシソ科の落葉低木「ムラサキシキブ」。観賞用としてお花屋さんにも売っていますが、最近ではムラサキシキブの果実エキスを化粧品の原材料として使っている.. 続きを読む

保田圭 長男が予防接種の副作用で発熱に心配「オロオロ」

保田圭 長男が予防接種の副作用で発熱に心配「オロオロ」

元モーニング娘。の保田圭が、15日、自身のブログで長男の様子を明かした。保田は、自身のブログを「副反応でお熱」というタイトルで更新しており、「今日は…昨日の予防接種の副反応でちょっぴり熱がありだるそうです」と前日にブログで.. 続きを読む

アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

だれもが経験していることです──車をどこに停めたか忘れてしまったり、何をしにその部屋に入ったのか忘れたり──忙しいとき、いろいろなことを考えているときには特に。しかし、アメリカ人の500万人近くにとって、そのような忘れっぽさこ.. 続きを読む

話題の育毛剤『BOSTONスカルプエッセンス』口コミで大きな広がりを見せている理由とは?

話題の育毛剤『BOSTONスカルプエッセンス』口コミで大きな広がりを見せている理由とは?

新緑で若葉が芽吹く初夏の季節。枯れてしまったと思っていた中高年男性の頭皮にも、新たな毛髪が芽吹いてきている。どうやら『BOSTONスカルプエッセンス』を利用している中高年男性たちのようだ。すでに口コミで大きな広がりを見せ、40万.. 続きを読む

低出生体重児や早産リスクを下げる!妊娠期の貧血対策は大事

低出生体重児や早産リスクを下げる!妊娠期の貧血対策は大事

飲みにくさの訴えも多い貧血治療の鉄剤「鉄剤、飲めませんでした……」。こう言いながら、申し訳なさそうに外来の診察室に入ってくる患者さんは珍しくありません。処方した鉄剤が飲めなかった患者さんの訴えで最も多いのは、鉄剤の内服によ.. 続きを読む

美肌サプリ、ちゃんと選べてる?組み合わせによっては人気でも要注意

美肌サプリ、ちゃんと選べてる?組み合わせによっては人気でも要注意

美肌サプリメントにはどんな効果が?「美しい肌になりたい!」女性なら誰でもそう願っていますよね。毎日丁寧なお手入れを欠かさず、自分にピッタリのスキンケアアイテムを探して…。そして何より、美しさはカラダの中から。食生活にも最.. 続きを読む

乳がん公表の矢方美紀、化学療法の副作用に苦しむ「吐き気が10分置きに…」

乳がん公表の矢方美紀、化学療法の副作用に苦しむ「吐き気が10分置きに…」

元SKE48のメンバーで、現在はタレントとして活動する矢方美紀が、13日にブログを更新。化学療法による治療が始まったことを報告した。 矢方美紀公式ブログよりスクリーンショット矢方は今年の1月に乳がんであることが判明。3月から.. 続きを読む

心の問題も重視すべき。メンタル不調が招く「機能性ED」を理解する

心の問題も重視すべき。メンタル不調が招く「機能性ED」を理解する

パートナーとの性生活がうまくいかないなどの心理的要因で引き起こされる「機能性ED」機能性EDとは、陰茎やその勃起に関わる組織に器質的な病変が見られないEDのこと。さらに「心因性」と「精神病性」の2つに大別できるという。「心因性E.. 続きを読む

世代別にベストな健康法とは?心臓、骨、目を健康に保つプラン

世代別にベストな健康法とは?心臓、骨、目を健康に保つプラン

心臓女性の4人に1人は心臓病で亡くなり、女性の一番の死因になっています。「この事実を知っておくことは大切。なぜなら女性の3分の1には心臓血管疾患につながる形跡があるからです」(国立心臓肺血液研究所の所長室チーフスタッフ、ナケ.. 続きを読む

目の疲れ・便秘解消に最適!「ケツメイシ茶」の特徴や飲み方について

目の疲れ・便秘解消に最適!「ケツメイシ茶」の特徴や飲み方について

便秘気味な女性におすすめ!ケツメイシ茶とは?特徴や飲み方についてケツメイシ茶(別名:ハブ茶)とは北米を原産地とする「エビスグサ」の種子で、中国では漢方薬としても利用されているそう。アントラキノン誘導体により便を柔らかくす.. 続きを読む

人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?

人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?

5月10日、人気若手声優の梅原裕一郎さん(27)が急性散在性脳脊髄炎のため入院していることを所属事務所が発表しました。梅原さんは毎クール多くのTVアニメに出演し、イベントにも引っ張りだこの人気若手声優。所属事務所アーツビジョン.. 続きを読む

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(2)医者を食わせるために病気を作る

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(2)医者を食わせるために病気を作る

とはいえ、高齢者に薬を出し続ければ、必然的に死亡する人数も多くなると思うのだが‥‥。「高齢化社会とはいえ、実際、日本人の人口は減っています。特に薬をたくさん使っている高齢者は今後、急激に減っていくはず。ところが、反して医者.. 続きを読む

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(1)「病人」への入り口が健康診断

近藤誠が警告「薬を使うと早死にする」(1)「病人」への入り口が健康診断

高齢化による多剤服用が問題視される中、「不必要な薬を減らし、転倒やふらつきなどの副作用を防止する狙いがある」として、高齢者医薬品適正使用検討会が3月9日、「高齢者の医薬品適正使用の指針」案を大筋で了承。早々に指針を固め、都.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。