元SPEEDの最新情報

元SPEED に関するニュース検索結果   141件

某大御所タレント、書かれた雑誌の編集者を呼び出し怒鳴り散らし?

某大御所タレント、書かれた雑誌の編集者を呼び出し怒鳴り散らし?

2016年1月のベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音の不倫報道以降、芸能人の不倫騒動が相次いでいる。記憶に新しいところでは元SPEEDで現参院議員の今井絵理子、渡辺謙、斉藤由貴、藤吉久美子らが次々と釈明に追い込まれ、「一.. 続きを読む

「ハレンチ写真に驚愕」「政治家の自覚なし」最もエグい不倫騒動を起こしたタレントランキング

「ハレンチ写真に驚愕」「政治家の自覚なし」最もエグい不倫騒動を起こしたタレントランキング

最近はすっかりおなじみになった芸能人の不倫報道。視聴者側も感覚がマヒしてくるほど次々に明るみとなるため、記憶にすら残らない話題も少なくない。しかしそんな中、鮮烈に印象に残るほどの不倫騒動を起こした人もいる。そこで今回は、.. 続きを読む

「不倫がすべて悪いとは思わない」 『ワイドナショー』長嶋一茂の持論に賛否両論

「不倫がすべて悪いとは思わない」 『ワイドナショー』長嶋一茂の持論に賛否両論

(©ニュースサイトしらべぇ)21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、長嶋一茂が19日に不倫疑惑のため引退を表明した小室哲哉についてコメント。その内容が賛否両論を呼んでいる。■「男女の仲はない」と断言長嶋一茂は小室哲哉.. 続きを読む

宮沢りえとV6・森田剛の交際順調ぶりを伝える「女性自身」「女性セブン」の“不自然”さ

宮沢りえとV6・森田剛の交際順調ぶりを伝える「女性自身」「女性セブン」の“不自然”さ

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!久々に楽しみにしている大河ドラマ『西郷どん』(NHK)。なんといっても林真理子(原.. 続きを読む

上原多香子「金欠の極み」から「ブログ再開」の現実味!

上原多香子「金欠の極み」から「ブログ再開」の現実味!

3年前に自死した夫・TENNさんの“死の真相”が夫の親族によって明かされ、芸能活動の窮地に立たされている元SPEEDの上原多香子。彼女と俳優の阿部力との不貞が夫の死に影響を与えていたことが明らかとなり、世間の風当たりが強まる中、早々.. 続きを読む

発表!2017アサ芸プラス「ゲス不貞記事」ベスト10(2)

発表!2017アサ芸プラス「ゲス不貞記事」ベスト10(2)

2017年、ますます多くの有名人の不貞が発覚し、世間を騒がせた。暴走した妻にYouTubeでバイアグラを飲んでいたことまで、ついでにバラされるという変わったケースの船越英一郎や、不貞報道ブームじゃなかったらお蔵入りになっていたであ.. 続きを読む

発表!2017年アサ芸プラス「不貞報道」「ゲス不貞記事」ベスト10(1)

発表!2017年アサ芸プラス「不貞報道」「ゲス不貞記事」ベスト10(1)

不貞スキャンダルもすっかり芸能界の日常茶飯事。もはや、本当に「文化」と言って過言ではないほど、スクープ合戦は過熱し世論をにぎわせている。2017年に限った記事だけでも、元SPEEDの2人(しかも片や現職議員)に、大物俳優・女優やア.. 続きを読む

有名男女、ドロドロ不貞騒動の「言い訳」で振り返る2017年

有名男女、ドロドロ不貞騒動の「言い訳」で振り返る2017年

2017年は、毎月のように芸能人の「不貞報道」が追加されるという、さながら「ブーム全盛期」と振り返りたくなるような1年だった。その最後を締めくくったと言えそうなのは、2年連続(2016年2月の演歌歌手・紫艶とは別人)での発覚となっ.. 続きを読む

2017年 名言が生まれたと思う不倫ランキング 宮迫博之の「オフホワイト」は2位、1位は?

2017年 名言が生まれたと思う不倫ランキング 宮迫博之の「オフホワイト」は2位、1位は?

’17年も多くの有名人の不倫が明らかになり、世間を騒がせた。他人の色恋沙汰をことさらに責め立てるのも無粋なこととはわかりつつ、下世話な興味が尽きないのもまた事実。そんなわけで、今年話題になった数々の不倫騒動をランキング形式.. 続きを読む

「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

「一線は越えていない」「フィット感が違う」…下半期の“裏流行語”はコレだ!

12月1日、今年の世相を反映した「2017ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞には「インスタ映え」「忖度」の2つが選ばれた。しかし、話題にこそなったものの、それこそ“忖度”によって消え行く言葉もある。そんな“裏流行語”に.. 続きを読む

妻が絶縁宣告「死後離婚」の悲惨な現実(1)夫の実家と完全に縁を切る

妻が絶縁宣告「死後離婚」の悲惨な現実(1)夫の実家と完全に縁を切る

亡くなった配偶者との関係を全て断ち切りたい──。最近、亡夫との関係を終了する「姻族関係終了届」=「死後離婚」が増えている。その数は10年前の2倍以上。死者にムチ打つ非情には驚くばかりだが、その背景には、残された義理の両親の介.. 続きを読む

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年も早いもので、もう師走。この1年を振り返るといった企画が多い中で、広報・メディア対応の専門誌「広報会議」(宣伝会議/東京)は、2017年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国1,000人の男女(20~60代)を対象に「最も.. 続きを読む

松本人志「共演NGは3人ぐらい」発言に飛び交う臆測「確実に入るのはアノ人?」

松本人志「共演NGは3人ぐらい」発言に飛び交う臆測「確実に入るのはアノ人?」

  ダウンタウンの人気長寿番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の11月26日放送分のトークで、松本人志が「NGタレントが3人ぐらいいる」と発言。ネット上で臆測を呼んでいる。松本の発言は、大みそかに放送さ.. 続きを読む

お騒がせ女性議員に冬到来?不倫報道の今井絵理子の去就に注目集まる

お騒がせ女性議員に冬到来?不倫報道の今井絵理子の去就に注目集まる

第48回衆議院議員総選挙の投開票が10月22日に行われた。これを受けて豊田真由子氏(43)や山尾志桜里氏(43)、SNSで大炎上していた上西小百合(34)ら“お騒がせ女性議員”たちの処遇が定まってきた。今後は不倫疑惑が取り沙汰され、雲隠.. 続きを読む

【極秘】伝説のアイドルユニット「SPEED」の知られざる秘密と噂10選 / 幻となったグループ名など

【極秘】伝説のアイドルユニット「SPEED」の知られざる秘密と噂10選 / 幻となったグループ名など

SPEEDといえば90年代を代表する伝説のアイドルグループ。島袋寛子、上原多香子、今井絵理子、新垣仁絵という現在も活躍するメンバー4人を擁し、歌って踊れるグループとして当時のJ-POPシーンで大活躍していました。年代が違ってもその活.. 続きを読む

篠原涼子『民衆の敵」第一話は9.0%の苦しいスタートで”低迷月9”に逆戻りか

篠原涼子『民衆の敵」第一話は9.0%の苦しいスタートで”低迷月9”に逆戻りか

篠原涼子(44)が主演を務める「民衆の敵」(フジテレビ系)第1回が10月23日に放送され、平均視聴率9.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。大事な初回であるにも関わらず、野球中継で放送時間が遅れた影響のせいか.. 続きを読む

ロンブー・田村淳「出馬要請がある」発言の真偽

ロンブー・田村淳「出馬要請がある」発言の真偽

(C)まいじつかねてから政界入りが噂されているお笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳だが、今回の衆議院総選挙にも出馬することはなかった。「9月27日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に淳は出演し、番組で衆院選の話題が出.. 続きを読む

上原多香子が「妻同然の振る舞い」で彼氏をサポート、妊娠疑惑はどこへ? 不倫LINE流出後の鋼メンタルは見習いたいレベル!?

上原多香子が「妻同然の振る舞い」で彼氏をサポート、妊娠疑惑はどこへ? 不倫LINE流出後の鋼メンタルは見習いたいレベル!?

まれにみるスキャンダラスな内容ながら、ほとんどのテレビ局が深く取り上げずタブー化した元SPEED・上原多香子(34)の不倫。テレビは不自然なほどに沈黙を決め込んだが、相変わらず週刊誌は彼女の動向を追っているようだ。たとえば10月3.. 続きを読む

今井絵理子議員が「不倫裁判」提訴目前!

今井絵理子議員が「不倫裁判」提訴目前!

(C)Shutterstock政治家の不祥事が相次いでいる。山尾志桜里衆議院議員の不倫疑惑、パワハラ問題が発覚した豊田真由子衆院議員の入院からの復帰などが続いた。そのため、今井絵理子参議院議員の不倫疑惑と不祥事が風化しようとしている.. 続きを読む

西内まりや、平山あや、小西真奈美……“消えた女優”予備軍たちは今

西内まりや、平山あや、小西真奈美……“消えた女優”予備軍たちは今

表舞台からすっかり姿を消してしまった西内まりやが、米・ニューヨークのファッションショーに来場していたことが話題になっている。レコード大受新人賞受賞から、ドラマ・映画主演と、事務所によるゴリ押しぶりがネット上で批判にさらさ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。