元東京都知事の最新情報

元東京都知事 に関するニュース検索結果   59件

春日野部屋の暴行事件を杉村太蔵と舛添要一が激論 杉村の意見に疑問の声も

春日野部屋の暴行事件を杉村太蔵と舛添要一が激論 杉村の意見に疑問の声も

画像は公式Twitterのスクリーンショット)28日に放送されたTBS系情報番組『サンデー・ジャポン』では、暴行事件が明るみになった春日野部屋の話題が取り上げられ、杉村太蔵と元東京都知事・舛添要一氏が激論を繰り広げた。■隠蔽だと思われ.. 続きを読む

番組進行役でも抜けないカズレーザーの「クイズ回答者グセ」

番組進行役でも抜けないカズレーザーの「クイズ回答者グセ」

第一線で活躍する芸能人が、リスペクトする“マイ神”の魅力を伝えるバラエティ番組「オー!!マイ神様!!」(TBS系)。1月8日放送回では、元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏が登場し、三島由紀夫に言及。自分が絶対勝つことのできない作家.. 続きを読む

羽生善治、宮藤官九郎、みうらじゅん、吉田沙保里、大谷翔平、羽生結弦…戌年生まれ著名人ワンダフル列伝

羽生善治、宮藤官九郎、みうらじゅん、吉田沙保里、大谷翔平、羽生結弦…戌年生まれ著名人ワンダフル列伝

今年、2018年は戌年である。昨年末に総務省が発表した推計によると、戌年生まれの人は1月1日時点で976万人で、日本の総人口(1億2660万人)の7.7%を占めるという。これは十二支のなかではもっとも少ないらしい。羽生善治と宮藤官九郎の.. 続きを読む

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

(C)まいじつ元東京都知事で作家の石原慎太郎氏が12月4日にツイッターを更新し、日馬富士の暴行事件について持論を展開した。これはあくまで作家としての憶測だが日馬富士事件の真相は千秋楽の挨拶で見せた白鵬の僭越驕りからして彼が弟.. 続きを読む

元東京都知事・石原慎太郎「貴乃花親方は常識的」擁護発言で炎上

元東京都知事・石原慎太郎「貴乃花親方は常識的」擁護発言で炎上

(C)まいじつ元東京都知事の石原慎太郎氏が11月27日にツイッターを更新し、日馬富士の暴行事件についてコメントした。立場の上の人間に金物で殴られて怪我をした子分を保護者の親方が被害者としてまず警察に訴えるのは世間では当たり前.. 続きを読む

中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」

中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」

(C)Shutterstockアメリカのドナルド・トランプ大統領がアジア諸国の歴訪を終えた。訪韓した折には、トランプ大統領を迎えた国賓晩さん会で『独島(ドクト=日本名:竹島)エビ』料理が出され、日韓合意を見たはずの元従軍慰安婦が出席.. 続きを読む

Hey!Say!JUMPの10周年記念番組がファンから大不評?「なにやっても山田ばかり」

Hey!Say!JUMPの10周年記念番組がファンから大不評?「なにやっても山田ばかり」

11月8日深夜放送の『リトルトーキョーライフ』(テレビ東京系)にて、「Hey!Say!JUMPデビュー10周年記念スペシャル」が放送された。彼らが生まれ育った“平成”の時代を振り返るロケが行われたとともに、スタジオライブまであった特別版。.. 続きを読む

雨上がり宮迫、不倫疑惑モデル生出演でネットバッシング再燃

雨上がり宮迫、不倫疑惑モデル生出演でネットバッシング再燃

お笑いコンビ雨上がり決死隊・宮迫博之(47)との不倫疑惑が報じられたモデル・小山ひかる(26)が8日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に生出演し、あらためて宮迫との不倫を否定した。◆小山ひかるが生放送であらためて釈明同番組.. 続きを読む

「しくじり先生」最終回に出演が予想されている面々

「しくじり先生」最終回に出演が予想されている面々

kou / PIXTA(ピクスタ)10月の改編で終了することが決まったテレビ朝日の人気番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の最終回で、誰が失敗談を明かすゲストに呼ばれるのかが話題だ。この番組は、過去に大きな失敗やスキャンダルを起こ.. 続きを読む

元都知事・舛添要一の月給はなんと◯◯万円に… テレビ番組に出演するも批判の声が

元都知事・舛添要一の月給はなんと◯◯万円に… テレビ番組に出演するも批判の声が

画像出典:Amazon/東京を変える、日本が変わる   8月17日放送のテレビ番組『有吉ジャポンSP』(TBS系列)に、元東京都知事の舛添要一氏(68)が出演し、Twitterでは批判の声がでている。 月給11万円の生活になってしまったという放送内.. 続きを読む

石原慎太郎「女装タレントは世の中が衰退している証」 高須院長がズバリ反論!

石原慎太郎「女装タレントは世の中が衰退している証」 高須院長がズバリ反論!

元・東京都知事で作家の石原慎太郎氏が、2017年8月3日にTwitterを更新。そこには、過激な言葉で『女装タレントに対する意見』がつづられていました。最近、女装した男のテレビタレントが大流行だが、あれは一体どう言うことなのだろうか.. 続きを読む

安倍首相「こんな人たち」発言を坂上忍までが批判! 一方、安倍応援団は「帰れ」コールを"選挙妨害"と攻撃する愚劣

安倍首相「こんな人たち」発言を坂上忍までが批判! 一方、安倍応援団は「帰れ」コールを"選挙妨害"と攻撃する愚劣

「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」──安倍首相は、1日の秋葉原駅前で行った都議選街頭演説で国民を愚弄する一言を言い放ったが、その結果はご存じの通り、議席を半分以下に落とすという歴史的大敗を喫することとなった。そもそ.. 続きを読む

「猪瀬元都知事も男や」 ブックマークバーに見覚えのあるエロサイトが…

「猪瀬元都知事も男や」 ブックマークバーに見覚えのあるエロサイトが…

日本文明研究所主催の第8回シンポジウム「禅とマインドフルネス」が、5月26日(金)に行われた。 当日はパネラーとして、元東京都知事の猪瀬直樹氏(70)が登壇。 この模様は、ニコニコ生放送でも放映されたので、ご覧になった人も多い事.. 続きを読む

猪瀬直樹・元東京都知事が『Twitter』にアップした衝撃のブックマーク画像がネット上を席巻!

猪瀬直樹・元東京都知事が『Twitter』にアップした衝撃のブックマーク画像がネット上を席巻!

5月28日、猪瀬直樹・元東京都知事(@inosenaoki)が『Twitter』にて5月26日の日本文明研究所シンポジウム「禅とマインドフルネス」ニコ生、よかった、まあよかった、ふつう、で100%、よくなかった、はゼロでした。とツイート。5月26日に行.. 続きを読む

猪瀬直樹元知事は動画サイト『Xvideos』ファン? 「視聴」は合法か弁護士に聞いた

猪瀬直樹元知事は動画サイト『Xvideos』ファン? 「視聴」は合法か弁護士に聞いた

(画像は猪瀬直樹 公式サイトのスクリーンショット)5月28日、元東京都知事・猪瀬直樹氏が「日本文明研究所シンポジウム」についての感想を呟いたツイートが話題だ。注目されているのは、ツイートに掲載していたスクリーンショット画像で.. 続きを読む

猪瀬直樹氏のTwitter投稿にヤバイものが写り込む! 男性ネットユーザーがざわつく事態に

猪瀬直樹氏のTwitter投稿にヤバイものが写り込む! 男性ネットユーザーがざわつく事態に

ネット上に画像を公開する時に、油断してはいけない。なぜなら、自分のプライベートを思わぬ形で明かしてしまう可能性があるからだ。一般人なら笑い話で済むかもしれないが、著名人だとちょっと笑えない事態になりかねない。実は最近、元.. 続きを読む

猪瀬直樹氏も登壇。話題の瞑想法「マインドフルネス」と禅のシンポジウムが開催

猪瀬直樹氏も登壇。話題の瞑想法「マインドフルネス」と禅のシンポジウムが開催

「マインドフルネス」を実践するビジネスマンが増えている。マインドフルネスは、日本文化でもある「禅」の瞑想がベースとなったものだ。戦前に英文で書かれた鈴木大拙『禅と日本文化』の出版により、禅は世界で独自に展開した。21世紀に.. 続きを読む

壇蜜、“わっくん&のんちゃん”に「だらしないあだ名で呼び合うと…」

壇蜜、“わっくん&のんちゃん”に「だらしないあだ名で呼び合うと…」

爆笑問題が司会を務めるニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(TBS系)。4月16日の放送では、話題沸騰中の“モグラ女子”泉里香、グラビアアイドルの直井香、作家・元東京都知事の猪瀬直樹、女優で画家の蜷川有紀をスタジオに迎え、今.. 続きを読む

「暴走国家」北朝鮮への賛辞を並べ立てた知識人らの妄言録

「暴走国家」北朝鮮への賛辞を並べ立てた知識人らの妄言録

Kodai / PIXTA(ピクスタ)1957~1961年にかけて、北朝鮮の金日成主席は『千里馬運動』という経済発展政策を展開し、社会を大躍進に導いたと、同国では言われている。その後の北朝鮮を実際に“見た”有識者や学者、政治家の賛美の声や、朝日.. 続きを読む

【今週の一言】2017.3.10~2017.3.23

【今週の一言】2017.3.10~2017.3.23

石原慎太郎元東京都知事が百条委員会出席を前に「小池にいじめられても、寿命縮められても、俺は絶対に戦う。最後まで。あんな無為無策な知事を置いておくわけにいかないよ」(17日)→そこはマッチメークされてませんが…。石原慎太郎元都.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。